スマホ選びで何を重視する?失敗しないポイントとは 

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2013-03-28 17:50:47 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ選びで何を重視する?失敗しないポイントとは

新生活がはじまる4月。新しいスマホで心機一転という方も多いのではないでしょうか?

【さらに写真を見る】スマホ選びで何を重視する?失敗しないポイント

トレンドリサーチャーのMAIKOです。スマホ選びで重視すべきポイントは、やっぱりつながりやすさ。

現在放送中のテレビCMが話題のソフトバンクモバイルは、昨年7月に「プラチナバンド」を開始し、計画を前倒して基地局設置を急いだことにより今月末には約2万局の建設までこぎ着け、その結果3月12日時点では音声接続率が98.4%となり、競合を抑えて首位に輝いたそうです。

また、「1日あたりのスマートフォン使用時間」の調査では、携帯電話の主力機能である通話やメールをおさえデータ通信が80%という結果に。やはりスマホで重要なのは、データ通信が快適にできるかどうかですよね。

最近ではモバイルトラフィック量の増加でネットワークが不安定になってしまう“パケ詰まり”も問題となっており気になるところですが、ソフトバンクモバイルがその解消策とし実施しているのが、基地局を多数設置する「小セル化」。これは、基地局を細かく設置することで、1つの基地局あたりのユーザー数を減らし、スムーズにつながりやすくする効果があるそうです。

さらに、21日からは「ダブルLTE」もスタート。これは、従来のソフトバンクのLTE網(2.1GHz帯)に加え、グループ会社であるイー・アクセスのLTE網(1.7GHz帯)も使用可能となり、スマホが自動的に混雑していないほうの回線を選択するというシステム。

これを高速道路の渋滞に例えると、他社が一車線で渋滞している場合、同じ混雑具合でも同社は2車線が使えるということで、パケ詰まりを劇的に解消すると言います。実際、3キャリアのスピード比較調査でも競合を抑えて首位を輝いています。

対応機種は現在のところiPhone 5、iPad mini、第4世代iPadの3モデルで、端末側のアップデートの必要もない他、バッテリーへの負担も少ないというから嬉しいですよね。現時点で、ソフトバンクはスマホ時代のネットワークNO,1 という感じでしょうか。

恋も仕事も色々なチャンスが目白押しの新生活。快適なスマホ生活で充実した毎日を送りましょう。(モデルプレス)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加