プチプラとオシャレを両立したい!ワンランク上のこなれコーデを作るテクニックとは

By: モデルプレス(ファッション) | Posted on: 2016-08-19 08:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

プチプラとオシャレを両立したい!ワンランク上のこなれコーデを作るテクニックとは/『プチプラおしゃれ図鑑~イラストでわかるコーデ術~』より(画像提供:KADOKAWA)

【プチプラおしゃれ図鑑/モデルプレス=8月19日】プチプラでも上品でワンランク上に見える着こなしを紹介しているブログ「プチプラコーデ術」が人気のパーソナルファッションアドバイザー・Yokoさんの新刊『プチプラおしゃれ図鑑~イラストでわかるコーデ術~』が8月19日に発売されます。

【さらに写真を見る】人気ブロガーYokoさんのプチプラおしゃれコーデテク!白シャツを今っぽく着る方法って?

◆プチプラとオシャレを両立するテクニック

同書はパーソナルファッションアドバイザー、そしてカリスマファッションブロガーとして「プチプラコーデ術」を極めてきたYokoさんが、長い年月で培ってきたテクニックを詰め込んだ1冊。

例えば最近トレンドのウエストインは、一歩間違えるとウエスト周りがもたつきお腹がポッコリして見えてしまうことも…。

Yokoさんによると、「裾をきれいに全部入れ込むのではなく、一度入れ込んでから適度に引き出すのがコツ」。さらに、「前だけ入れて後ろは出す」テクニックなら、ウエスト&おしりも隠せるので体型カバーにもぴったり。

「身幅が広い形や厚みのある素材など、ウエストインするとモコモコになってしまうトップスも『前だけイン』がおすすめです」とすぐに実践できる小ワザを明かしています。

◆白シャツを今っぽく着こなすには?

また、トレンドに関係なく着回せる白シャツはきっちり着るより適度にラフに着崩すのが今の気分。でも、その「適度にラフ」が難しいものですよね。

Yokoさんは「前ボタンを2つくらい開け、浴衣のように襟を後ろに引っ張り、袖口はラフにロールアップ、エリはラフに立てる」ことで、胸元や手首にヌケ感を作っているそう。

さらに、「この着こなしができるよう、主役で着るシャツは、ピタピタではなく少しだけゆとりあるサイズを選ぶのもポイント」など、着こなし方だけにとどまらず丁寧に紹介しています。

◆イラストでわかりやすく解説

その他にも様々なプチプラアイテムの着こなし方、サイズ選び、色合せなどについてイラストでわかりやすく解説。手持ちの服をトレンド感のある着こなしにブラッシュアップする小さな工夫が詰め込まれています。(modelpress編集部)

■Yoko(パーソナルファッションアドバイザー)プロフィール

1985年生まれ。京都出身。大手アパレル会社を退社後、2013年よりプチ・プライスの洋服を使ったコーディネートを紹介するブログを始めたところ、スタート直後より閲覧者が急増しブログサイトのファッション部門1位に。ユニクロ、GU、しまむらなどどこででも手に入るお手頃価格の服を、小物選びや、サイズ選びの工夫、着くずしのテクニックでスタイリッシュに見せる着こなしが人気。

2014年に初の著書『Yokoのプチプラ・コーデ術』、2015年に『Yokoのプチプラブランド案内』を出版。ファッションアドバイザーとしては、「I Style主催パーソナルスタイリスト超実践講座」を修了、少人数限定でコーディネート提案したり、買い物に同行するなど定期的に活動中。

■Nanami(イラスト)プロフィール

イラストレーター。繊細なタッチと、魅力あふれる女性のイラストに定評があり、書籍の装画や挿絵、デザイン、漫画など幅広いジャンルで活躍中。お洋服のイラストを描くのが大好きで、素敵な着こなしを街で発見したら、ついイラストにしてしまう。第25回コミックエッセイプチ大賞C賞受賞。

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
【話題のアイテム】インパクト抜群!「PLAYNOMORE」のキラキラ目玉バッグでオルチャンファッション
イニシャル&スマイリーが可愛い!「ロンシャン」のレザーバッグをカスタマイズ
こじはる、ローラ、仲里依紗…「カラーサングラス」に夢中!“イマドキ顔”を作る5つのカラー
サテンのツヤが色っぽい!「スピンズ」のパジャマが可愛すぎ

このエントリーをはてなブックマークに追加