「もうこれ以上痩せないかも…」を乗り越える5つの方法

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-08-16 20:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

「もうこれ以上痩せないかも…」を乗り越える5つの方法(Photo by Anna Omelchenko)

【ダイエット/モデルプレス】最初はどんどん体重が減っていったのに、今じゃぜんぜん痩せない!ある日を境に体重が急に減らなくなる「停滞期」。気が滅入ってしまいますよね。挫折したくなりますが、ここで諦めるのはまだ早いですよ。そこで今回は停滞期の乗り越え方をご紹介します。

【他の記事を読む】2週間で2キロ痩せ!「オートミール茶漬け」でお手軽ダイエット

◆なぜ停滞期が起こるの?

そもそも停滞期は、体重の急激な減少により身体が命の危険を感じ、防衛のため身体の消費を抑えようと、省エネモードに切り替わることから訪れます。

そのため、ダイエットを頑張っても、なかなか体重が減りにくくなってしまうのです。

「もう無理なのかも」と挫折しやすくなったり、焦って過度なダイエットをしやすくなったりしてしまいますが、グッと我慢することが大切ですよ。

◆小さな運動をはじめてみる

今まで筋トレ・運動など、時間をとってダイエットしていた人や食事の見直しは体質が変わってきていることでしょう。停滞期はすぐに乗り越えられるはずです。

そこでもっと美しい体を作っていくために、姿勢を正す・階段で移動するといった小さな運動をしていきましょう。

小さな運動であったとしても、習慣化していくことで大きな成果に繋がっていきますよ。

◆鏡で自分の体をチェックする

体重が一向に減らないとなると、ダイエット方法が間違えているんじゃないかと焦ってしまいますよね。でもちょっと待って!体重だけにとらわれていませんか?

鏡で自分の体をチェックしていきましょう。前よりもくびれていませんか?足がほっそりしていませんか?

特に運動によるダイエットは筋肉を作るため体重が重くなりやすくなります。筋肉はエネルギー代謝をする上で重要なもの。筋肉を作れば作るほど、痩せやすい体を作ることができますよ。

体重だけにこだわるのではなく、見た目の体型にこだわるようにしてくださいね。

◆自分にご褒美を与える{

停滞期に入ると、モチベーションが下がりがち。気分転換のために、自分にご褒美を与えてみましょう。

例えば、今までダイエットを頑張ってきたからという理由で食べたいものを食べてみてはいかが?

ある研究によると、人は何かを「食べない」と決めると、「食べたい」という気持ちが1.5倍以上増え、結果的に2倍以上食べてしまうのだとか。

今まで禁止にしていたものをご褒美として与え、ダイエットのモチベーションを上げていきましょう。

ただし、食べすぎはNG。ケーキバイキングではなく、滅多に食べられないような高級スイーツで対応するなどしてみてくださいね。

◆今まで通りのダイエットを続けて

体重が減らないと、焦る気持ちはわかりますが慌てず今まで通りにダイエットを続けてみましょう。

痩せないからとさらに食事制限を厳しくしたり、激しい運動をしたりすると、かえってストレスになり、リバウンドや挫折に繋がりますよ。

焦りやイライラは禁物。自分のペースでダイエットを続けてくださいね。

いかがでしたか?

今回は停滞期の乗り越え方をご紹介しました。

停滞期が来たら、悲しむのではなくまずは自分がこれまでダイエットを頑張ってきたことを褒め称えましょう。

ぜひ参考にして、ダイエットをがんばってくださいね。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
お腹にタテ線を作りたい!美しいウエストを作る方法
「指そらしダイエット」が優秀!部分痩せも可能に
ぐ~っとお腹が鳴ったら…ヘルシーな腹持ち抜群食材5選
ダラダラ生理を早く終わらせよう!痩せ効果も見込めるトレーニング

このエントリーをはてなブックマークに追加