【リオ五輪】女子新体操「フェアリージャパン」のメイクには真似したいテクニックが満載!

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-08-11 19:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

【リオ五輪】女子新体操「フェアリージャパン」のメイクには真似したいテクニックが満載!(photo by kim/Fotolia)

【美容・リオオリンピック/モデルプレス】オリンピックで連日盛り上がり、寝不足という人も多いのでは?今回は女子新体操「フェアリージャパン」のメイクに注目。選手たちをより美しく見せるための技術や工夫が詰まっているんです。その中には普段使えるテクニックが満載!

【写真付きで読む】【リオ五輪】女子新体操「フェアリージャパン」のメイクには真似したいテクニックが満載!

♥選手の魅力を引き出すメイク

選手たちのメイクは表情をより豊かに、15m離れていても美しく見えるように考えられています。

その理由は遠く離れた所にいる審判員や客席から見ても華やかでインパクトのある表情に見せる必要があるから。

そのため競技用メイクは相当濃い仕上がりになっています。

もちろんのままを真似しては、外を出歩くことは難しいですね。

しかし、そのメイクテクニックは普段のメイクでも活かせるものがたくさんあるんです。

♥崩れにくいベースメイク

選手は激しく運動するため、汗をたくさんかきます。

まずは崩れないベース作りが大切。

連日真夏日の日本でも、汗で崩れないベースメイク作りは重要ですよね。

崩れないベースメイクのポイントは、リキッドファンデーションをスポンジでしっかりとたたき込み、肌に密着させること。

スポンジでたたくことで余分なファンデーションをオフすることができるので、ファンデーションを均一にしてキレイに仕上げることができますよ。

仕上げにベールをかけるようにパウダーを塗れば、より崩れにくくなります。

♥メリハリのある表情に

日本人は欧米人に比べて顔の凹凸が少なく、遠目で見たときに見劣りしてしまいます。それを解決するのが、骨格や凹凸を強調するハイライト。

Tゾーンや骨格など、強調したい所にはハイライトを入れると表情にメリハリが生まれます。

とくにTゾーンに入れると鼻筋が高く、すっきり見せることができますよ。

濃く塗りすぎるとケバい印象になってしまうので、パール入りパウダーなどでさっとツヤをプラスする程度でも十分ハイライト効果が得られます。

♥ジャパニーズレッドリップで花やかに

今回のフェアリージャパン団体競技用のメイクで採用されているのが、日の丸をイメージした鮮やかな赤リップ。

赤リップは白い肌を引き立ててくれる効果があり、ぱっと表情を華やかにしてくれます。

この夏はこっくりとした赤よりも、彩度の高い鮮やかレッドがトレンドなので、まさにジャパニーズレッドがオススメ!

濃いカラーに挑戦しづらいという人は、グロスなどシアーな発色のものをチョイスするといいでしょう。

一気に夏らしいトレンド顔になれちゃいますよ。

いかがでしたか?

「フェアリージャパン」のメイクテニックを参考にして、より魅力的になっちゃいましょう!(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ぺちゃ鼻に一重…コンプレックス解消アイテム特集
「うっかり日焼け」のケアは72時間以内に!正しい治し方
1日10分「ピュー」で簡単に小顔が叶うって本当?
旅行の移動中に出来る「究極のながら美容」

このエントリーをはてなブックマークに追加