紫外線より怖い夏肌の“汗荒れ”に要注意

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-07-25 08:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線より怖い夏肌の“汗荒れ”に要注意(photo by ASjack/Fotolia)

【美容/モデルプレス】なんだか最近肌の調子が悪い、ヒリヒリする…。顔も体もお肌が荒れる原因は“汗”かもしれません。

【他の記事を見る】彼との愛が深まるデリケートゾーンのお手入れ方法

♥夏は“汗荒れ”に注意

夏になると肌が敏感になったり、赤みが出て治りづらかったり、ボディもかゆみが出てカサカサするという人は、汗が原因かもしれません。

そもそも夏は紫外線が強いため、肌への負担やダメージが大きい季節。

そして汗をたくさんかきますよね。

紫外線でダメージを受けた肌に、さらに汗をかくことで角質がふやけた状態になり、肌のバリア機能が低下し、刺激を受けやすい状態になってしまうんです。

湿っていて実感しづらいですが、汗が乾くのと一緒に肌の潤いも乾いてしまっているため、ヒリヒリや痒みのあとに乾燥状態になってしまうんです。

肌荒れだけでなく、紫外線のダメージも受けやすくなるため、注意が必要!

♥汗はすぐに拭きとる

汗荒れを防ぐ基本として、汗をかいたらすぐにふき取るようにしましょう。

吸水性の良い綿のハンカチや、タオルがいいですね。

とくに顔の皮膚は薄いため、こまめに汗を拭きとるようにしましょう。

ヒリヒリとした刺激を感じたら、ミスト化粧水などで水分を補給し、火照った肌を鎮静化させると肌荒れの悪化を緩和することができますよ。

♥紫外線対策は念入りに

やはり肌への大きな負担となる紫外線対策は念入りに行っておきましょう。

紫外線からのダメージを最小限にすることによって、汗荒れ予防にも繋がります。

汗をかくと日焼け止めは取れてしまうので、こまめに塗り直すことも忘れずに。

♥通気性の良い下着にする

背中やおしり、太ももなどは汗もかきやすく、蒸れるので汗荒れしやすい所。

かといって、これらの場所はおおっぴらには汗を拭きとりにくいですよね。

できるだけ蒸れなどを防ぐためにも、下着は吸水性・通気性の良い綿のものを選ぶようにしましょう。

それだけでも肌への負担を減らすことができますよ。

♥保湿する

夏は湿気や暑さで保湿を怠りがちですが、夏の肌は乾燥しがち。

とくに汗荒れ肌はお肌のバリア機能が低下し、潤いも逃げやすいので保湿が大切です。

とはいえべたつきが気になるという人は、保湿力の高いジェルや化粧水を使うようといいでしょう。プチプラのものでもたっぷり使えば十分に保湿できます。

肌への刺激を最小限にするため、アルコールフリーのものを選んでください。

しかし、肌荒れが悪化して湿疹のような状態になっている場合は皮膚科を受診しましょうね。

いかがでしたか?

夏は肌にとって過酷な季節。肌の露出も多いので肌荒れはしたくないですよね。

美肌のためには汗対策も忘れずに!(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
洗うだけでツルスベ肌に!ふわふわ泡洗顔美容法
キレイを保つ秘密!女性ホルモンを増やす食べ物5選
マツエクを長持ちさせるクレンジングの方法
いつまでもキレイな女性でいるための3つのポイント セレブも愛飲の“たんぽぽコーヒー”って?

このエントリーをはてなブックマークに追加