何か食べたい…にストップ!お菓子のつまみ食いを解消する方法

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-07-14 20:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

何か食べたい…にストップ!お菓子のつまみ食いを解消する方法(photo by Syda Productions/Fotolia)

【ダイエット/モデルプレス】なんだか口が寂しくなって、お菓子をパクリ。一度だけなら構いませんが、何度も食べてしまうといつの間にか食べ過ぎてしまったなんてことになりかねません。そこで今回はついつい食べてしまうつまみ食いの解消方法をご紹介。間食を減らして自然痩せを目指しましょう。

【他の記事を読む】食べたくて食べたくて仕方ない…!生理前のおデブ期を乗り越える方法

♥つまみ食いを引き起こす原因は?

一度おやつを食べると、一個だけでは満足出来ず、ついついつまみ食いしていませんか?このつまみ食いを引き起こす原因として2つの原因が考えられます。

1、ストレス

人間はストレスを感じると、脳に伝えられます。すると脳はストレスを解消しようと、お腹が空いていないのも関わらずニセの食欲を作り出してしまいます。

できるだけストレスを溜め込まないようにし、また解消方法を「食べる」こと以外に目を向けることが重要です。

2、糖質が高いものを食べている

小腹が空いた時、ミルクチョコレートやケーキなど、甘いものを食べていませんか?甘いものを食べると幸せな気持ちになるのはわかりますが、空腹時に食べるのは避けた方が無難です。

空腹時に糖質が高いものを食べると、血糖値が急激に上がりデブホルモンと呼ばれる「インスリン」が分泌されます。

インスリンは血糖値を下げる役割がありますが、多く分泌されると、今度は急激に下がってしまい、再び空腹を感じるようになります。

空腹時は食べるものと食べ方に注意することが大切です。

♥軽く食事をする

対策法の一つとして、一度軽めに食事をすることが挙げられます。

オニギリや消化が良くカロリーが低いものを食べることでお腹を満足させることができますよ。

食事をする暇がないのであれば、朝食・昼食・夕食を見直すのも◎。

単品料理ではなく、スープ、副菜など複数のものを食べることで少ない量でも満足することができますよ。

♥歯磨きをする

食べてしまう原因として、口の中がスッキリせず、ついつい新しいお菓子に手がのびることが考えられます。

特に味付けの濃いものを食べた時、舌に味が残りやすくなります。はじめは気にしないかもしれませんが、時間が経つと不快に感じ、解消させようと色々なものを食べてしまうのです。

食べ物でスッキリさせようとするのではなく、一度歯磨きをして口の中をスッキリさせましょう。気分も切り替わり、つまみ食いのストレスを断ち切ることができるはずです。

♥温かいものを飲む

ストレスを感じると脳はニセの食欲を生み出します。そのため、できるだけリラックスした状態でストレスを生み出さないことも大切ですよ。

オススメは温かいものを飲むということ。特にハーブティーはリラックス効能があるハーブがたくさんあります。

食欲緩和、安眠効果、リフレッシュなど、たくさんの種類があるので自分に合ったものを選んでくださいね。

♥睡眠時間を見直す

睡眠と食欲は一見関係ないように見えますが、実は深い関係を持っています。

睡眠時間が少ないと肥満抑制に働きかけるホルモン「レプチン」の分泌が減り、ついついドカ食いに走りやすくなってしまうのです。

また、寝る時間を増やすことで起きている時間を減らせることから、深夜につまみ食いをすることも防ぐことが出来ますよ。

今の時間より、まずは1時間だけでも多く睡眠を取るように意識してみてくださいね。

いかがでしたか?

今回はついつい食べてしまう「つまみ食い」の解消方法をご紹介しました。

つまみ食いをやめるだけでも大きな結果につながりやすくなるはずです。

ぜひ参考にして間食をストップさせてくださいね。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
海外セレブも注目!美ヒップを作る「トワーク」がブームの予感
「あれ、痩せた?」を叶えよう 寝る前10分で出来るヤセ行動5選
生理期間中はダイエットの味方!上手な乗り越え方
腹筋だけではお腹はやせない?本当に効くウエストダイエット

このエントリーをはてなブックマークに追加