お疲れくすみ顔をふっ飛ばすメイクテク4選

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-07-06 14:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

お疲れくすみ顔をふっ飛ばすメイクテク4選(photo by deniskomarov/Fotolia)

【メイク/モデルプレス】どよ~んと淀んだ顔色を…たった4つのメイクテクだけで健康的な肌色にみせていきます!日焼けやくすみが気になる季節はこんなメイクを試してみては?

【さらに写真を見る】ふわっと香る印象に残るオンナになる方法

■明るい色のファンデーションはおブス肌に

顔色が何となく冴えない、くすみが気になる時にやってしまいがちな「1トーンアップするための明るいファンデーション使い」。

これはダメ!

「くすんでいるんだから明るめのファンデの方が良いんじゃないの?」と思うかもしれません。

けれど実際は真逆。

顔色を無理に隠そうとすると白めのファンデが薄暗い色になってしまい、不健康でハリのないおブス肌に近づいてしまうのです。

くすんでいる時のファンデは自分の首元の色と合わせましょう。そうすることで顔の白浮きも目立たないし、ナチュラル健康肌にみせてくれます。

■コントロールカラーの色はあなたに合ってる?

下地にコントロールカラーを使っている人も多いと思いますが、本当にベストな色がセレクト出来ているかが問題。

肌のくすみには黄色ベースのものが有効です。例えば、黄色やオレンジなどです。

黄色のコントロールカラーは色ムラを目立なくして乾燥している時におきるくすみをオフしてくれる効果が。

とってもヘルシーで元気な印象になるので1本持っていると便利です。

また、オレンジは日焼けや茶色っぽいくすみをカバーするのに有効で、クマの解消にも役立ってくれますよ。

また、水色は透明感を出すのには効果的ですが色白の人が使ってしまうと青ざめたような不健康な肌にみせてしまいます。

自分に合ったコントロールカラー選びを心がけましょう。

■即効性を求めるなら温冷美容を

どうしても今日中にくすみをオフしたい、そんなあなたはメイク前に温冷却美容法をおこなうのがおすすめです。

顔色の悪さの要因の1つが血流が滞っていること。

温かいタオルを冷たいタオルを交互に顔に乗せることで血流を改善出来ます。

電子レンジで温めたタオルを10秒ほど顔に当て、その後にすぐ氷水に入れて冷やしたタオルを10秒ほど当てます。

これを交互に繰り返していくだけです。最初、茶色くくすんでいた肌がみるみる明るくなっていくのが分かりますよ。

3セットくらい続けたら保湿をきちんとしましょう。夜やるのも良いですが、忙しい朝こそメイク前に少し時間を作るのをおすすめします。

朝やるだけで1日の顔色の悪さ、くすみを一掃してキープ出来るのでメイク直しなどの必要がなくなりますよ。

■オイルフリーの化粧品で皮脂をコントロール

皮脂や油分が出てきたまま放置していると光の反射で、妙なテカリやくすみの原因になってしまいます。

メイクする時はあまり油分が多くない、出来ればオイルフリーの下地や乳液、クリーム、ファンデーションを選びましょう。

特に暖かい季節は皮脂にご注意!

もし汗や皮脂を感じたら、こまめにティッシュやハンカチなどでオフしていくことが大切です。

メイクの上からそっと抑えればメイク崩れの心配もありません。

いかがでしょうか?

くすみがはれれば1日明るいハッピーな気分を保っていられるはず!

少しだけ今より努力してみましょう。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
食べるだけでうるつや髪が手に入る!美髪をつくる食べ物5選
夏なのに唇がガサガサ…うるつやリップをキープする方法
視線集中!色っぽボディになる方法
平たい顔はもうイヤ!アイドルみたいなぷっくり涙袋は自力で作れます

このエントリーをはてなブックマークに追加