ぽっこりお腹におさらば!自慢出来る美ウエストの作り方

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-06-21 06:40:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

ぽっこりお腹におさらば!美ウエストの作り方(photo by marcink3333/Fotolia)

【ダイエット/モデルプレス】「気になるぽっこりお腹をどうにかしたい!」。そう思ってダイエットしても、つい食べ過ぎるとまた元の状態に…なんて経験はありませんか?そこで今回は、いつでもどこでも簡単にでき、お腹やウエスト周りに効果があるダイエット方法「ドローインダイエット」をご紹介。ぽっこりお腹をぺたんこに変身させましょう。

【他の記事を読む】どんどん「デカ尻」が進行してしまうNG習慣4つ

◆ドローインダイエットとは?

「ドローイン」は、日本語にすると「引っ込める」という意味。

常にお腹を凹ませてインナーマッスルを鍛えることで、効果を出すダイエット方法です。

意識的な呼吸法で腹筋を引っ込め、その状態を一定時間維持して元に戻す動作を繰り返すだけでOK。

道具や場所を問わず、誰でも簡単に行えるので、通勤中や仕事のスキマ時間を使ってぽっこりお腹を撃退していきましょう。

◆やり方

1、背筋を伸ばして正しい姿勢になり、胸を張り、息を大きく吸い込みましょう。お腹は凹ませたままで、胸を膨らませるように息を2~3秒間でたくさん吸うようにしてくださいね。

2、お腹を凹ませるイメージをしながら息をゆっくり吐いていきましょう。この時お尻に力を入れるとさらに効果アップしますよ。

3、15秒間、お腹を常に凹ましながら呼吸をしていきましょう。慣れてきたらお腹を凹ませている時間を30秒、40秒と伸ばしていってくださいね。

◆注意点

「ドローイン」をやる上で、「満腹の状態」で行わないようにするのが◎。

ドローインは、実践するときにお腹を目いっぱい凹ませる必要があります。ですが、満腹状態だと腹筋を上手く使うことができず、インナーマッスルを鍛えにくくなってしまいます。

そのため「空腹時」のほうが、カロリー消費が増え、ダイエットにも効果的なのです。

また、妊娠中の方や、産後すぐの状態の方の場合、この運動が刺激になってしまうこともあるため控えるようにしましょう。

◆どこでもできる!ながらドローイン

ドローインはインナーマッスルを鍛えるので、基礎代謝が上がり、体脂肪が燃焼されやすい体をつくることができます。また、「腹横筋」を鍛えることでウエストが引き締まるだけでなく、腰痛の改善効果が期待できます。

また、ドローインは、いつでもどこでもどんな姿勢でもできます。朝、ベッドの中で、通勤電車の中、仕事中、食事中、TVを見ながらなど、慣れてきたらふとした時にいつでもドローインをやってみてくださいね。

いかがでしたか?

今回はぽっこりお腹を解消する「ドローインダイエット」をご紹介しました。

お腹やウエストがすっきりするだけでなく、体幹が鍛えられることで姿勢も良くなり腰痛にも効果があるのに、食事制限も辛い運動も必要ないんです。

こんなに簡単な方法なら、誰でも気軽に続けられそうですね。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ご飯はやめられない!ダイエット中でもがっつりご飯を食べられる方法
「またダイエット失敗…」はこれで最後!成功に導くポイントとは
寝る10分前でやっちゃってない?デブを招く行動4つ
どんどん「デカ尻」が進行してしまうNG習慣4つ

このエントリーをはてなブックマークに追加