ガサガサ肌から美肌が叶う!美人度を高めるコンビニ飯の選び方

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-06-21 20:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガサガサ肌から美肌が叶う!美人度を高めるコンビニ飯の選び方(photo by paultarasenko/Fotolia)

【美容/モデルプレス】夜中や残業中に小腹がすいたとき、ふらっとコンビニに出かけて、ついお菓子を買ってしまったなんて経験ありませんか?夜遅くに食事をするのはダイエットにも美容にも良くないのは分かっているけれど、我慢できない…そこで今回は、そんな時におすすめのコンビニで買える、美容や健康に効果的な食べ物をご紹介します。

【他の記事を読む】生理中におブスが加速する4つの悪習慣

♥ラーメン、汁物が食べたいなら「しじみ汁や春雨スープ」

お酒を飲んだ後に、ついラーメンや汁物を食べたくなってしまう。

そんな方におすすめなのは、カップタイプのしじみ汁です。

お味噌汁に含まれる大豆イソフラボンは美肌に効果が、しじみに含まれるオルニチンはアルコールを分解して、二日酔いも防いでくれる効果があります。

どうしても「麺が食べたい!」という方には、カップタイプの春雨スープがおすすめ。

春雨は主に、緑豆から作られているので、ラーメンに比べてカロリーが少ないうえに、歯ごたえがあり、食べごたえがあり満腹感も得られるので、夜食におすすめですよ。

♥スナック菓子を食べるなら「ナッツ」

ついつい手が伸びてしまい、食べだしたら止まらないけれど、油っこいので美容の大敵なのが、スナック菓子。

そんなスナック菓子を食べたい時には、代わりにナッツを食べると良いですよ。

ナッツは、天然のサプリメントと呼ばれるほど、美容に良い成分が豊富。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれており、アンチエイジング効果があるほか、食物繊維が豊富で、便秘解消にも効果的なのです。

ただしナッツは高カロリーなので、1日10~20粒程度に抑えましょう。

食べ過ぎは禁物ですよ。

ナッツには、若返りビタミンと呼ばれている「ビタミンE」が多く含まれているので、美肌作りに効果的。

また、オレイン酸・アルガリノレン酸など血液サラサラ効果のある脂肪成分が多く含まれているので、健康維持にも効果的ですよ。

♥チョコレートを食べるなら「グミ」

コンビニに行くと、ついつい目がいってしまうチョコレートは、夜遅くに食べるとカロリーや糖分の摂り過ぎになってしまう可能性があります。

ですので、チョコレートを食べたい時は、グミを選ぶと良いですよ。

グミはコラーゲンの塊でもあるので、美肌効果が得られるほか、たくさん噛むことで、満腹感も得やすく
小顔エクササイズ効果もあります。

ただし、片方の歯で噛むクセがついてしまうと、顔のゆがみやエラハリの原因に繋がることもあるので、注意してくださいね。

♥お弁当は「低カロリーな具」を

ちょっと小腹を満たそうと思ったのに、コンビニに行ったらついお弁当に手が伸びてしまう…という方は、おにぎりとゆで卵でガマンしましょう。

コンビニ弁当には、添加物がたくさん含まれていますし、ご飯などの炭水化物を夜に摂るのはダイエットにあまり良くないので、具が低カロリーなおにぎり(昆布・梅・おかかなど)を選ぶようにすると良いですよ。

ゆで卵は、たんぱく質が豊富で栄養価も高く、殻をむかなければならないため、必然的に時間をかけて食べることができ、満腹感を促してくれます。

♥ホットスナックを食べるならおでん

コンビニのレジ付近には、揚げたてのフライドチキンやコロッケ、フランクフルトなどホットスナックが充実しており、会計時につい+αで買ってしまいがち。

ですが、揚げ物は、カロリーが高いので夜食に食べるのはとっても危険です。 

そこで、冬の時期なら隣にあるおでんを選ぶと良いですよ。

できればカロリーが限りなくゼロに近く、食物繊維も豊富な“白滝”や“こんにゃく”、消化も良い“大根”などがベストですが、どうしても肉類が食べたいという方は“牛スジ”を選びましょう。

“牛スジ”にはコラーゲンがたっぷり含まれているうえ、カロリーは少なめなので、ちょっとヘビーな夜食を食べたい気分の時には最適です。

♥デザートが食べたいならプリンかアイスで

生クリームたっぷりのケーキやシュークリームを夜に食べるのは危険です。

お腹が空いている時は、つい甘い誘惑に負けてしまいがちですが、どうしてもコッテリした甘いものが食べたい時は、プリンかアイスを選びましょう。

プリンは、卵・牛乳・砂糖などシンプルで栄養価が高い材料で作られているので、身体のためには良いデザートと言えます。

アイスは、果物のシャーベットなど、氷のタイプのものが低カロリーで脂肪分も低くオススメ。

また、どうしてもプリンやアイスなどでは物足りないという方は、洋菓子ではなく和菓子をチョイスするのも良いですよ。

洋菓子はバターや生クリームなど脂肪分の高い材料が使用されている場合が多いので、高カロリーなだけでなく、肌荒れの原因になる恐れもあるのです。

いかがでしたか?

どうしても食べたいものがあったら、我慢するとあとでドカ食いをしてしまう恐れがあるので、少しでも美肌や健康、ダイエットなどの効果があるものを選んで食べたり、少量でも満足感のあるものを選んで食べるようにしましょう。

精神的なストレスも軽減することができますよ。

ちょっと選び方を工夫するだけで日常的にダイエット、美容効果が得られます。

是非実践してみてくださいね。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
もしかして私、汗くさい!?知っておきたい原因と予防方法
日焼け止めの効果を高める5つのコツ
「いちご鼻はイヤッ!」小鼻の黒ずみをちゅるんっと消す簡単美容術
ぶっちゃけどうしてる?!女子のVIO事情

このエントリーをはてなブックマークに追加