ブス脚のままはイヤ!寝ながら痩せに導くストレッチ5つ

By: モデルプレス(美容) | Posted on: 2016-06-21 20:30:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブス脚のままはイヤ!寝ながら痩せに導くストレッチ5つ(photo by gstockstudio/Fotolia)

【美脚/モデルプレス】もうすぐ夏の季節がやってきますね。露出をする準備はできていますか?中々痩せにくいところというとやっぱり脚ですよね。そこで今回はブス脚から美脚に導くほっそりストレッチをご紹介します。

【他の記事を読む】「3時からダイエット」なら大食い女子でも簡単痩せ!

◆女の子座りストレッチ

姿勢が悪くなると言われている女の子座りですが、股関節をほぐすストレッチになりますよ。しかも寝ながらやるので効果バツグンです。

仰向けに寝たら女の子座りのように片足を曲げてキープします。この時、可能な範囲で外側に開くようにしてくださいね。

女の子座りをすることで、太ももの内側の筋肉が伸びるのを感じるはず。太ももの内側はなかなかほぐれない部分のためしっかり伸ばしてくださいね。

◆脚上げストレッチ

次に、脚の裏側をストレッチしていきましょう。

仰向けに寝たら、脚を90度近く上げるだけでOK。この状態でいるだけでもむくみが解消されやすくなりますよ。

さらに効果をあげたい場合は、タオルを使ってほぐしていきましょう。

タオルの端をそれぞれ持ち、片脚をかけて伸ばすことでさらに効果を上げることができますよ。

◆カエル脚ストレッチ

日々の生活で骨盤が歪んでしまうとダイエットに悪影響を及ぼしてしまいます。骨盤を整えるには「カエル脚ポーズ」がオススメ。早速やっていきましょう。

うつ伏せに寝たら、カエルの脚のように開き足裏同士をつけていきます。

そして合わせた脚をお尻に近づけていきましょう。この時、骨盤は浮かないように気をつけてくださいね。脚をお尻に近づけたら今度はゆっくりと戻すようにしてくださいね。

余裕がある人は片足ずつ、ゆっくり上下に上げ下げしていきましょう。かかとから足の小指は天井を向くようにし、両足の間隔があまり離れないようにすることがポイント。

かかとから床につけるように動かしていくことで、股関節が柔らかくなり、下半身への血流がよくなっていきますよ。

◆股関節回し

股関節は特にむくみがたまりやすい部分。しっかりほぐしてむくみを予防していきましょう。

仰向けに寝たら、両足を90度に上げていきます。次に脚を使って円を描いてくださいね。この時、股関節から動かすようにすると効果アップ!

できるだけ床にギリギリつかないように大きく回していきましょう。

◆ひねりストレッチ

最後にひねりストレッチをして老廃物を流していきましょう。

仰向けに寝たら右ひざを曲げ、左に倒しましょう。この時肩は床から離さないようにすることでしっかりほぐすことができますよ。

ゆっくりと呼吸をしながらひねっていき、体をほぐしてくださいね。

いかがでしたか?

今回はほっそり脚を作るストレッチ方法をご紹介しました。

毎日行うことで、ほっそり脚に導くことができますし、気分もスッキリしますよ。

ぜひ参考にしてほっそり脚を作ってくださいね。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
ぽっこりお腹におさらば!自慢出来る美ウエストの作り方
ご飯はやめられない!ダイエット中でもがっつりご飯を食べられる方法
「またダイエット失敗…」はこれで最後!成功に導くポイントとは
寝る10分前でやっちゃってない?デブを招く行動4つ

このエントリーをはてなブックマークに追加