Perfume、広瀬すず&上白石萌音と晴れ着ダンス 胸キュンシーンも熱弁

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2016-03-02 22:15:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

主題歌のダンスを披露した(左から)上白石萌音、広瀬すず、かしゆか、あ~ちゃん、のっち(C)モデルプレス

【Perfume/モデルプレス=3月2日】3人組テクノポップユニット・Perfumeが2日、都内で行われた映画「ちはやふる」(3月19日より『上の句』、4月29日より『下の句』が公開)のイベント「ひなまつり前夜祭“ちはや女子会”」にゲストとして出席。担当した主題歌の振りを広瀬すず・上白石萌音に伝授したほか、劇中の胸キュンシーンについて語った。

【さらに写真を見る】広瀬すず&上白石萌音×Perfumeが美しい過ぎる和装姿で共演

◆広瀬すず&上白石萌音「自慢しようね」

イベントでは、同作のために書き下ろされた主題歌「FLASH」を歌うPerfume自ら、かるたを取る瞬間をモチーフにしたダンスの一部をレクチャー。指導を受けた広瀬は「キャストのみんな、本当にPerfumeさんが大好きなので、2人でやって自慢しようね」と上白石と顔を見合わせ、笑顔を見せた。

◆かしゆかが胸キュンシーンを熱弁

同作は、“競技かるた=百人一首”に情熱を懸ける高校生たちの友情・恋愛・成長を描いた人気コミックス「ちはやふる」(末次由紀/講談社「BE・LOVE」連載)を実写化。広瀬は、競技かるたのクイーンになることを夢見る主人公・綾瀬千早役。そして、千早の幼馴染・真島太一を野村周平、綿谷新を真剣佑が演じる。

劇中で胸キュンしたシーンを尋ねられたかしゆかは、「恋愛だけじゃなく仲間との絆など、いろんな胸キュンがあると思うんですけど、最後のほうで千早が太一(野村)に抱きつくんですよ。そのワードだけでキューンって!いろんな想いがあっての抱きつくシーンなので、そこはまばたきせずに見ていただきたいです」と興奮気味に紹介。完成した映画を客観的に見たという広瀬は、太一が千早をおんぶするシーンを挙げ「好きな人の顔がすぐそこにあるんですよ。そんなの耐えられないと思って。太一に感情移入すると、どんな気持ちだったんだろって思いました」と話し、「鼻息とかも聞こえるんですよ」と力を込めて振り返った。

◆太一(野村周平)or 新(真剣佑)?

また、太一派か新派か、との話題で盛り上がる場面も。新派のあーちゃんとのっちを横目に、太一派のかしゆかが「太一がかるたを続けている意味っていうのは、すべて千早のためという切ない想い。すぐ伝えてしまえばいいのにずっと秘めて、でも匂わせるわけでもなく胸の中で熱く想っているというのが切なさを出している」と力説して2人を納得させた。

一方、広瀬も太一派だと言い「単純に、私はひょうきん者で、近くにいてくれて一緒にワイワイできそうなのは太一かなと思って」と胸中を告白。「新は人として雲の上の存在でずっと憧れていたいし、そういう人に自分が近寄っていったときに、その世界観を崩しちゃうんじゃないかとか考えちゃうと、太一と一緒のほうが楽しいかなと思っちゃいます」と想いを膨らませた。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
広瀬すず「泣きそう」サプライズゲストの絶賛に感激
広瀬すず「涙流して笑った」感激エピソードを明かす
綾瀬はるか・長澤まさみ・広瀬すず、大先輩からのエールに感謝 意気込みを語る
綾瀬はるか&長澤まさみ&広瀬すず、3人3色のドレスアップ<ファッションチェック>

このエントリーをはてなブックマークに追加