板野友美、サプライズに悲鳴 デビュー10周年を振り返る

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2016-01-17 19:00:00 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

サプライズに悲鳴をあげた板野友美(C)モデルプレス

【板野友美/モデルプレス=1月17日】歌手の板野友美が17日、都内にてデビュー10周年記念イベント「Tomomi Itano 10th Anniversary Special Event~ちゃんと10周年フリかえろぉーよー!お…おー!!~」を開催。リハーサルでは、初めて主演を務めた映画「のぞきめ」(4月2日公開)で怪奇現象の鍵となる少女“のぞきめ”を演じる石井心愛が、劇中と同じホラーメイクでサプライズ登場した。

【さらに写真を見る】板野友美が悲鳴をあげた“お化け”と2ショット/デビュー10周年イベントのリハーサルの様子

同作の予告編鑑賞後、MCが「サプライズゲストが来ています」と紹介すると、「お化けじゃないの?怖いんだけど…」とスタッフ一同をヒヤリとさせるコメント。MCに「そんなベタなことしませんよ」とごまかされ“のぞきめ”と対面した板野は、驚きのあまり悲鳴をあげながら舞台袖にはけてしまった。

「嘘って言ったじゃん」とあまりの衝撃になかなかステージ中央まで戻らない板野。石井とは久々の対面だが「目が怖い」と素直に再会を喜べず、写真撮影の時も「どうすればいいかわからない」と困惑していた。

◆初主演映画で主題歌も担当

初主演となった同作では、「色んなことを勉強させていただいた」と告白。「女優のお仕事だと役になりきるので新鮮。今回の役も板野友美のイメージとは違うファッションや性格なので、そういうところも見ていただけたら面白いと思います。自分自身も今までの私じゃない私を見せることが出来て嬉しいです」と満足そうに語り、「女優のお仕事もいただけたら、全力で頑張っていきたいと思います」と女優業への意欲もみせた。

またリハーサルでは、イベント本番で初披露する同作の主題歌「HIDE&SEEK」を伸びやかな歌声で丁寧に歌唱。同曲について板野は「映画とリンクしているところが多くて、歌詞の『気づいて』とか、お化けっぽい声やウィスパーボイスも入っています」と紹介した。

◆10周年の先は?

2005年12月にAKB48の1期生としてデビューしてからの10年間は「あっという間だった」と振り返るも、「イベントでは年表にして振り返っているので、それを見ると本当にたくさんのことを経験してきたなって思いますし、素敵な10年をすごしてきたと思います」とニッコリ。11年目を迎えた今年は、「ツアーもやっていきたい。みなさんの意見を参考にして色んなことに挑戦していきたい」と目を輝かせていた。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
板野友美、共演者からアプローチ経験告白
板野友美、恋愛の直球質問に回答 思わぬ告白に共演者驚き
板野友美&前田敦子、リラックス感満載“あつとも”コンビにファン歓喜
小島瑠璃子、板野友美の追及にタジタジ クリスマス女子会計画も「本当に行きます?」

このエントリーをはてなブックマークに追加