ジュノン・スーパーボーイから初の音楽ユニット誕生 落選メンバーがデビュー賭けバトル

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2015-11-24 21:45:12 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽ユニット「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」/画像提供:ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト【モデルプレス】

【モデルプレス】雑誌「JUNON」主催の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」より、音楽ユニットが誕生した。

【さらに写真を見る】ジュノン・スーパーボーイから初の音楽ユニット誕生/年長組&年少組のそれぞれの全力パフォーマンス

23日に都内にて開催された第28回最終選考会にて、「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ・プロジェクト」の発足が発表された。

同プロジェクトは、第27回及び第28回のベスト100メンバーのうち、ファイナリスト12名から落選してしまった24名が音楽ユニット「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」を結成。今大会の落選メンバーがこのまま去っていくことを惜しむ全国のファンからの多数のエールを受け発足の運びとなり、圧倒的にリクエストが多かった複数名のメンバーを筆頭に、選抜および有志の参加を経て選ばれた精鋭24名が年長組(TEAM SENIORITY・18歳以上)、年少組(TEAM YOUTH・17歳以下)の2チームに分かれ、CDデビューを目指して様々な対決を行う。

同日より、2チームがCDデビュー候補曲の楽曲人気バトルや特技やキャラクターを披露するパフォーマンスバトルなど、5つの企画を実施。全てファンからの参加投票によって結果が決まり、勝ち星の多かったチームが来年春にCDデビューを実現する。

◆デビュー候補曲を初披露

同日のイベントでは、年少組の12名が「Dreaming Day」を、年長組の12名が「いつかきっと」をそれぞれのデビュー候補曲としてライブで初披露。

その後、24名全員が揃ってステージで挨拶し、年長組代表の西川拓毅(にしかわ・ひろき)さんは、「僕たちは残念ながらコンテストのファイナリストに入ることは出来ませんでした。でもジュノンに載せて頂いた時からたくさんの読者やファンの皆さん、友人たちに応援して頂いて、とても嬉しかったし、どうしても皆さんの前に出てお礼を言いたかったんです」と思いを告白。「でも途中で落ちてしまったことでまだその人たちに恩返しが出来ていなかった中、今回こういう形でチャンスをもう一度頂きました。先ずは歌と踊りをチームで見せていくので、絶対に良いものを見せるので、もう少しだけ応援してもらえたら嬉しいです」と呼びかけた。

◆日本の”Kakkoii”を海外へ発信

なお、メンバーの発掘や育成をし様々な活動を行っていく運営母体として自主レーベル「JUNON SUPERBOY ANOTHERS LABEL」を発足。全メンバーのプロフィールの掲載といった、メンバーの情報発信基地として機能するオフィシャルモバイルサイトも同日オープンした。英語ページ、中国語ページもオープンし、アジアのファンからの応援人気投票も開催。アジアンワイドでのプロジェクトとして展開していく。

また、27日よりシンガポールで開催される日本コンテンツコンベンション『AFA』へ参加し、ライブステージに登場することも決定。この日は海外での握手会企画を実施するほか、海外メディアの取材会も敢行。今後も同コンベンションのインドネシア、タイと参加し、アジアンワイドでジュノンボーイおよび日本の“Kakkoii”文化の発信活動を行っていく。(modelpress編集部)

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
新川優愛、イケメンの胸キュン告白に「見入ってしまいました」
ジュノン・スーパーボーイ、グランプリ決定 将来の夢を明かす
山本裕典、恒例の腹筋披露は封印?「めっちゃ恥ずかしい」
ジュノン・スーパーボーイ、今年は「稀に見る接戦」個性放った審査員特別賞の2人に注目

このエントリーをはてなブックマークに追加