大原櫻子“スペシャルゲスト”と手つなぎで初披露!2ndツアーファイナル<セットリスト/ライブレポ>

By: モデルプレス(ニュース) | Posted on: 2015-11-12 20:41:20 +0900

このエントリーをはてなブックマークに追加

大原櫻子、2ndツアーファイナル<セットリスト/ライブレポ>/撮影:青木勇太【モデルプレス】

【モデルプレス】歌手で女優の大原櫻子が12日、東京・Zepp DiverCityで『大原櫻子 2nd TOUR 2015 AUTUMN~秋櫻タルトを召し上がれっ☆~』のファイナル公演を行った。

【さらに写真を見る】大原櫻子“スペシャルゲスト”と手つなぎで初披露!2ndツアーファイナル<セットリスト>

アンコールでは大原がメインテーマと挿入歌を担当する『映画ちびまる子ちゃん』(12月23日公開)の主人公・まる子がスペシャルゲストとして登場し『おどるポンポコリン』を初披露。手をつないで歌って踊ると、最後は一緒にジャンプ。大原は2400人の超満員の会場に大きく手を振る“まるこ”を見て「まるちゃん可愛い!私も癒やされちゃいました」とメロメロになっていた。

本ツアーは全12公演のチケットが即完売し、トータル1万4000人を動員。大原はツアータイトル“タルト”にちなんで「コックさんをイメージした」カラフルな衣装でギターを抱えて登場。第一声から『真夏の太陽』で力強いヴォーカルを響かせた。「東京盛り上がっていくぞ~!」の掛け声に地鳴りのような歓声が上がると、『My Way』ではファンと一体になってタオルを回した。

「改めまして大原櫻子です。東京の皆さん!秋櫻タルトへようこそ!11月4日(の東京公演)は椅子が用意されていたけど、今日はスタンディング。すごい顔の数でとても新鮮です。私の音楽を大好きなタルトに例えて、最後まで一生懸命、頑張りたいと思います。最後まで楽しんでいってください」。

『オレンジのハッピーハロウィン』では観客とコール&レスポンス。“ハッピ ハッピ ハッピ ハロ~ウィン♪”の歌詞を“ハッピ ハッピ ハッピ オダ~イバ♪”に変える遊び心も織り交ぜながら、一緒に歌って楽しんだ。『Glorious morning』をはさむと、再び大原がギターを持つ。一瞬、静まり返ったものの、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(13年12月公開)の劇中歌『ちっぽけな愛のうた』のイントロが流れると、場内はすぐさま沸き立ち、大原の歌声に酔いしれた。

「こんなにたくさんの方が来てくれて嬉しいです。ツアーが始まって12公演目。富山(10月14日)から始まって1ヶ月、あっという間だったな。私のライブが初めての方も、そうでない方も、私のライブはぜひ一緒に大きな声で歌っていただけると嬉しいです。次は新曲の『Dear My Dream』。作詞にも挑戦していて、今までになかったすごくカッコ良いテイストの曲になっています。ぜひ皆さんに拳を上にあげてほしいです」。大原の呼びかけにファンも応え“熱い”サウンドが会場を包み込んだ。

『第93回全国高校サッカー選手権大会』テーマソング『瞳』では、ファーストツアーに引き続き、ピアノの弾き語りで披露した。そしてここで衣装もチェンジ。「今回もこのツアーに向けて、スタイリストに『こんなのが着たいです』とわがまま言って作っていただきました。ぜひ衣装も楽しんでもらえたら嬉しいです」と笑顔を弾けさせる。

1stアルバム『HAPPY』のほっこりソング『のり巻きおにぎり』では、バンドメンバーがおにぎりのかぶりものをして“おにぎり隊”に。シュールな振り付けで笑いを誘えば、大原も客席から“おにぎり隊”に扮したファンを見つけ「私もかぶっていい?」とお面を借り、「ツアーが始まってからずっとかぶりたいと思っていました。ありがとう!」とご満悦だった。

また本編では『映画ちびまる子ちゃん』挿入歌で、原作者のさくらももこ氏が作詞を手がけた『キミを忘れないよ』も歌唱。「曲をいただいた時、子どもにもわかりやすい曲なのかと思ったら、大人っぽいラブバラードでした。初恋を思い出すような曲なので、皆さんもこの曲を聴いて、初恋を思い出して何か感じていただけたら嬉しいです」と紹介した。

アンコールで再び姿を現した大原は「ツアー最後の日じゃないですか?もう一人くらいステージに欲しくないですか?」と観客を煽り、「それでは皆さん、今日一番の拍手でお迎えください」とまる子を呼んだ。ハグで迎え入れると「今日はみんなが知っているあの曲をまるちゃんと一緒に歌いたいと思います」と話して、冒頭の『おどるポンポコリン』へ突入した。

最後は「ここにいる一人一人にこの気持ちが届くように」とソロ1stシングル『サンキュー。』を披露。「今日はこんなにたくさんの方と歌えて幸せです。ツアー各地でいろんな反応があって、いろんな会話をしたり、その一声一声が深く思い出に残っています。そしてファイナルをここ東京で迎えられたことを幸せに思います。私がこんなに素敵なステージにいられるのは照明さん、音響さん、言いきれいないくらい数のスタッフさん、そして毎回、私を待ってくださっているファンの皆さんのおかげです。本当にありがとうございます」と精一杯の感謝を伝えていた。(modelpress編集部)

■セットリスト
01.真夏の太陽
02.My Way
03.オレンジのハッピーハロウィン
04.Glorious morning
05.ちっぽけな愛のうた
06.Dear My Dream
07.瞳
08.Special day
09.のり巻きおにぎり
10.キミを忘れないよ
11.明日も
12.READY GO!
13.Happy Days
EC1.おどるポンポコリン
EC2.サンキュー。

【関連リンク】
他の写真・記事詳細をもっと見る
大原櫻子、広瀬すずと「どんな話をする?」美の秘訣・ファッションも…プライベートQ&A<モデルプレスインタビュー>
chay、元恋人からのサプライズ明かす 大原櫻子&安田レイも驚愕
大原櫻子“初恋”語る…「ちっぽけな愛のうた」と初ラブバラードの違いも モデルプレスインタビュー
大原櫻子のロングヘア姿に反響「新鮮でしょ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加