このエントリーをはてなブックマークに追加

49f71ff9a87f0e0046fa0d9fa7bd8992
Blank

前編

植物の薬理効果で自身の自然治癒力を高め、病気の予防や治療をする療法、「フィトテラピー(植物療法)」。
その効果は、生活習慣病や心身症の予防から老化防止(アンチエイジング)、
仕事や人間関係などの精神的なストレス、自律神経系・ホルモン系・免疫系など日常生活の中で感じる身体の不調に対して発揮することで近年注目を集めています。
このフィトテラピーの第一人者であり、サンルイ・インターナッショナル代表の森田敦子さんにインタビューをさせて頂きました。

自己免疫力を取り戻すために・・・

フィトテラピー(植物療法)との出会いが人生の転機に

たどり着いた先は都会の中に佇む大きな一軒家。
エントランスから奥へ向かうと植物の香りがどこからともなくふんわりと漂ってきます。中をゆっくりと見渡すと様々なモノが・・・。フィトテラピースクールを併設されているとのことで、様々な植物が入った小瓶がディスプレイされていました。ふと顔を上げて大きな窓から入ってくる自然光の先を見ると、お手製のハーブと植物でいっぱいのお庭が時間の流れを忘れさせてくれる心地よさに思わず癒されます。

magazine_5415_Bimajin-StoryVol03_01-03

ハーブティーを頂きながらさっそくインタビューをスタート。
物腰が柔らかく、上品で知的な印象の森田さんはとても明るくて健康的。
そんな森田さんのお話をお伺いしてみると・・・。

「25年前、客室乗務員時代にダストアレルギー気管支喘息を患ったことをきっかけに休職せざるをえない状態に陥ってしまいました。気管支拡張剤とステロイドが手放せない辛い日々に追い打ちをかけるように、アトピー性皮膚炎も出始め、症状を抑えるために副作用の強い薬を一日に何度も使い続けていました。試行錯誤の繰り返しに限界を感じた時、友人から自己免疫力を高める「薬草学」がフランスにあることを聞きつけ、思い切って渡仏したきっかけがフィトテラピーとの出会いです。」

フランス国立パリ13大学で植物薬理学を学び、植物を”飲む”、“塗る”、“香る、
“打つ”という観点から科学的に身体に取り入れてどのようにして免疫力を取り戻すのか。学んで得た知識に基づいて徹底的に自身の身体で実践した森田さん。

「帰国後は「フィトテラピー」「アロマテラピー」という言葉がまだ世間には認知されていない日本でそこまで盛んではなかったハーブや精油を使ったセミナーを伊勢丹で開催させて頂きました。スポーツ業界(当時はサッカー)でスポーツ選手へのケアやホテルでのセミナーなど地道な活動を続けていました。」

当時の思い出を語る森田さん。
言葉では言い尽くせない大きな困難や試練があったかと思います。
それでも生活環境の改善に植物療法が応用できないか、科学的根拠を証明するために植物の成分研究に熱心に力を注いだのです。

「日本では学問体系が無かったので軽いノリで仕事をすることが私としてはできませんでした。大学へ行き、植物成分を臨床して日本人にどう効くのかを研究しながらセミナーを同時進行しました。」

その後、1998年に会社を立ち上げ、商品開発をスタート。2003年には優れたバイオベンチャー企業を表彰する「日本バイオベンチャー賞」を受賞。
バイオテクノロジーを駆使してフィトテラピーやアロマテラピーを展開し、大学との共同研究により開発した商品を介護施設に提供していることが評価されたのです。
この賞がきっかけで大手企業からのオファーが激増、フィトテラピー(植物療法)の第一人者として様々な商品開発に携わり、今では多くのメディアに登場し、フィトテラピーの素晴らしさを発信しています。

諦めないで、可能性を信じて体験してほしい

世間からも注目を集め、順調に見えたかと思う反面、自身の身体に対しての問題は消えていませんでした。
「健康を取り戻したとは言え、身体を壊したので子供は難しいと言われていました。女性ホルモンを整えないと妊娠できないということでしたので”飲む”、”塗る”、”香る”、基本的な事ですが毎日の生活の中で取り入れました。その努力と願いが通じたのか、嬉しいことに40代半ばで自然妊娠をしました。
人生で一番大きな喜びです。身体は生まれ変わることができるということを全身で体感しました。」

植物の力にいち早く注目し、科学的に実証するべく研究を進め、最先端のバイオ研究機関とともに連携しながら今日、多くの商品をプロデュースする森田さん。後半編ではメディカルメソッドとフィトテラピーを融合させて開発した新スキンケアブランド「HerBEAU(エルボ)」をご紹介します。
長崎県に位置する総合エイジングケア施設「篠原メディカルスキンケアセンター(The SSC)」が長年積み重ねてきたメディカルサイエンスと森田さんのフィトテラピーを組み合わせた「結果が出るスキンケア」を徹底分析します。

皆様お楽しみに♪

magazine_5415_Bimajin-StoryVol03_line01

information
株式会社サンルイ・インターナッショナル
東京都目黒区中目黒3-12-5
tel: 03-5724-5331
fax: 03-5724-5332
hp: http://www.leboistokyo.com/
magazine_5415_Bimajin-StoryVol03_line01


Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/29

全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/22

得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/08