このエントリーをはてなブックマークに追加

Bbf1bd52ee7c9df8c2ae874747b9b465
Blank


「和菓子の日」の由来は「健康祈願」

848年(嘉祥元年)、国内に疫病が蔓延したため、仁明天皇が元号を嘉祥に改めました。そしてこの年の6月16日に、16個のお菓子やお餅などを神前にお供えし、疫病を除け健康招福を祈願したことが「和菓子の日」の由来とされています。「嘉祥(かじょう)」は「めでたいしるし」で、鎌倉時代には、6月16日に通貨16枚でお供えのお菓子を捧げることが、吉例として定着しました。江戸幕府は、この日、「嘉祥頂戴」と称し、御目見得以上の諸士と大広間で菓子をいただきました。白木の片木の上に青杉の葉を敷き、その上に、饅頭、羊羹、うづら餅、きんとん、白団子、干麩、のし餅などのお菓子を積み、一人一個ずつ取らせたといわれています。

また、当時の通貨「嘉祥通宝」の音が「勝(かつ)」に通じることから、嘉祥通宝16枚で16個のお菓子を買うと福を招くといい、「嘉祥喰」としてお菓子やお餅を買い、食べることが広まっていきました。こうした「嘉祥の日」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

「和菓子の日」にちなんだ期間限定の和菓子

とらやの「嘉承菓子」

http://www.toraya-group.co.jp/products/pro08/pro08_004.html

20140614_magazine_wanabiVol32_01

厄払いの意味をもつ「嘉承蒸羊羹」、嘉承の儀式や和菓子の日に関連する嘉定通宝のマークなどが刻印された「嘉承饅頭」の他、縁起の良い生菓子が小箱につまった「福こばこ」など。

どれも6月16日「和菓子の日」までの期間限定。さらに、江戸時代末期に、宮中にお納めした嘉承菓子を再現し、土器に7種のお菓子をもった「嘉承菓子7ヶ盛」も。

清月堂本店の「嘉祥饅頭」

http://www.seigetsudo-honten.co.jp

20140614_magazine_wanabiVol32_02

やまいもを使用した、しっとりやわらかな口当たりの薯蕷生地でこしあんを包んだ、清月堂本店の「嘉祥饅頭」。今年は6月15日のみの限定販売です。

6月限定。6月30日に食べる和菓子「水無月」

6月にはいると和菓子屋さんの店頭に並ぶ「水無月」は、6月に京都で夏の疫病、水の災厄を除くために行われる神事「夏越大祓」にあわせて、6月30日に夏の邪気払いのために食べる和菓子です。

20140614_magazine_wanabiVol32_03

氷のように美しい、三角形の白いういろうの上に、小豆がのっているもの。水無月を三角形に切るのは氷を表し、小豆には「厄払い」の意味が。

京菓匠 鶴屋吉信さんにも、「水無月」とともに美しい季節の和菓子が並んでいました。

20140614_magazine_wanabiVol32_04

他にも、和菓子の記念日はたくさん!

20140614_magazine_wanabiVol32_05_016月16日の「和菓子の日」以外にも、4月4日「どら焼きの日」、9月9日「栗きんとんの日」、10月31日「ぜんざいの日」など…和菓子にちなんだ記念日がいくつかあります。
和菓子の記念日は、四季折々の和菓子とともに、そこに表現されている季節のうつろい・日本の歳時・文化を体感する日。

当社でも、日本の四季・日本の心・日本の文化の魅力が詰まった世界に誇れる日本の食文化のひとつ「和菓子」を味わう会を開催しています。春は「桜・豆」をテーマに開催しましたが、シリーズ企画として、水無月・夏の和菓子会も予定しています。和菓子を通じて日本の文化・四季の魅力を感じてみませんか?

magazine_wanabi_kamimori

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社
代表取締役社長
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
+ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。
ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp

ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori

連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18