このエントリーをはてなブックマークに追加

0e16ba4721ea720ccd31d950006998fc
Blank

鹿革に漆で模様をつける独特の技法で知られる甲州印伝は、甲州(山梨県)で400年以上にわたり作られてきた皮革工芸品であり、日本を代表する伝統的工芸品のひとつ。(「印伝」「印傳」と書いて、「いんでん」と読みます)

1582年創業の老舗「印傳屋 上原勇七」

「印傳屋 上原勇七」は創業1582年(天正10年。戦国時代!)の老舗。現存する最古の印伝細工業者です。当主の上原家は信濃の武将の血をひく一族で、武将たちが身につける戦装束・武具の一部として「印伝」が作られていたのだそう。

「腰に下げたる、印伝の巾着を出だし、見せる」。十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』にも記されているように、江戸時代以降、印伝は粋を愛する人々に広く愛好されてきました。

当初はタイコと呼ばれる木の筒に鹿皮を巻き付け、藁で燻して色や模様をつける「燻(ふす)べ」という技法が主流。

染色した鹿革に漆で模様をつけるという独自の技法「漆付け」を編み出したのは、初代上原勇七氏(上原家の当主は代々勇七を名乗り、現在は第13代)で、江戸時代に入ってからのこと。上原家はこの独自の技法を代々口述で伝え、門外不出の技として現在まで継承してきました。

鹿革に模様を切りぬいた型紙を置き、その上からヘラで漆を均等に摺り込み、型紙をはがすと、模様が浮かび上がる。
その後ゆっくりと乾燥させてつやを出し、完成!
現在ではこの他、一色ごとに型紙を変えて色を重ねていく「更紗(さらさ)」技法も定着し、鮮やかな色と色の調和を楽しむことができます。

20140412_magazine_wanabiVol23_01
全て職人による手作りで、一人前の職人になるには相当な熟練と研ぎ澄まされた勘を必要とするため、甲州印伝は職人がつくりあげる「芸術作品」ともいえます。

印伝の美しさ

印伝の魅力のひとつは、漆に描かれる美しい模様。
小桜、菖蒲、青梅波、とんぼなど…江戸小紋にもみられる日本人の美意識が生み出した伝統模様。
「とんぼ」は「前にしか進まない=後退しない」ことから、「勝虫」と呼ばれ、武士たちに愛用されてきた模様であり、
「小桜」は「散り際の潔さ」を良しとする武士たちに人気の模様であったというように、印伝が武家で愛用されていた時代の名残があり、それぞれの柄に意味があります。
20140412_magazine_wanabiVol23_02
「印傳屋 上原勇七」では、古典的な柄を継承する一方、毎年新作を発表し続けているので、新しい柄を楽しみにしているファンも多いのだとか!

「印伝」から「INDEN」、NY市場への挑戦

印傳屋 上原勇七のグローバルブランドとして「INDEN NEW YORK(インデン ニューヨーク)」が2011年に登場しました。
20140412_magazine_wanabiVol23_03

400年を超えて伝承、進化させてきた日本の美意識の結晶ともいえる「印伝」の魅力を、現代のライフスタイルに合う、機能的で、独創的な「INDEN」として進化させ、世界へ向けて発信。

「伝統の技を革新しつづけ、印伝の新しい美しさを追求すること」「時代の感性やライフスタイルに合う機能的で独創的なモノづくりを推進すること」を目指し、「INDEN NEW YORK」というブランド名で、ニューヨークへ進出しています。

私は、黒・赤地の鹿革を同色の「七宝(しっぽう)」模様の漆でシックな風合いに仕上げた、この「INDEN NEW YORK」シリーズのNYサッチェル、キーケースを愛用しています。

20140412_magazine_wanabiVol23_04_01

鹿革は軽く丈夫で、使い込むほど味が出ます!
鹿革のしなやかさと漆の華やかさを融合した伝統的な印伝の魅力が感じられつつも現代のライフスタイルにあった逸品。柔らかく手になじみ、お気に入りです。
印傳屋 上原勇七の使命は、印伝の技術を絶やさないこと。古来の技を継承しつつも、時代の流れにあわせて柔軟に変化させ、挑戦を重ねてきた甲州印伝。海外でも印伝の新しい文化が花開くことを期待しています。

まずは、小物やお財布から?皆様も印伝の魅力を体感してみてはいかがでしょう。

magazine_wanabi_kamimori

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社
代表取締役社長
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
+ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。
ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp/ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori/連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture/
日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18