このエントリーをはてなブックマークに追加

04960d7fee1389a5e2ff4f756525ed06
Blank

magazine_trend_eye_main_line01_04

むらなく綺麗に焼き上げたサクサクのクッキー生地と甘酸っぱい天然パイナップルの果肉たっぷりジャムが口の中に広がる台湾で今話題のパイナップルケーキ「SunnyHills 微熱山丘」。2013年12月に初の日本進出を果たした南青山店は、日本が誇る建築家・隈研吾さんがデザインを手掛けたユニークな路面店。まるで美術館やアートミュージアムかと思わせるような独創的な建物に思わず目を惹かれます。Bimajin TREND EYEでは連日、多くの人が足を運ぶ「SunnyHills at Minami-Aoyama」の美味しさの秘密や台湾流のおもてなしについてご紹介します。

magazine_trend_eye_main_line01_04

■ シンプルの中にこそ育まれる本物の味

SunnyHillsのパイナップルケーキは台湾産パイナップルを100%使用した素朴でありながらも旬な素材を優しく焼き上げた「本物」の味を追求したもの。
現在台湾で販売されている多くのパイナップルケーキの餡は実際のところは100%パイナップルを使用しているわけではないそうです。
だからこそ、純粋なパイナップルケーキに挑戦をしたのです。

20140306magazine_trend_eye_Vol17_01
ワンランク上のこだわり

南青山店に並ぶパイナップルケーキは実は台湾と同じものではなく、日本進出に向け、ワンランク上の素材でさらに美味しさを追求したもの。
こだわりが詰まった素材の中身をご紹介します♪

SunnyHillsのパイナップルは年間を通じて陽光が降り注ぐ台湾中部地帯で生産されます。大地と太陽のめぐみをいっぱいに受けたパイナップルは、野性的な香りを放つ濃厚な甘酸っぱさが特徴です。6月〜7月の温かい時期に採れたものは特に甘みが強く、中の繊維も柔らかくて短いのが特徴。完熟したパイナップルを一つ一つカットし、そのまま煮詰めてジャムにして餡として詰めていきます。そして餡を包み込む生地もシンプルながらも徹底したこだわりが。
健康な環境で育てられたブランド卵、日本製上質小麦粉、そして100年の歴史を誇るフランスAOP認証の発酵バターを使用し、合成添加物は加えません。
スクエアがしっかりと出るように特注の金型を使用し、ムラの無い美しい黄金色に焼き上げます。

女性に嬉しい!カロリー控えめ
20140306magazine_trend_eye_Vol17_03_03

実際にパイナップルケーキを頂いてみると、確かにこれまで食べて来たパイナップルケーキとは一味も二味も違います。クッキータイプのサクサクとした生地はほんのり甘みを感じて、この生地だけでもいけるのでは?と思う程の美味しさ♪しっかりとした堅さが残るパイナップルケーキを半分に割るとぎっしりと詰まったパイナップルジャムが出てきます。果肉の食感じっくりと味わえて食べ応えもあります。1個当たりのカロリーも205kcalと他のパイナップルケーキに比べて控えめ。もちろん無添加素材を使っているので身体に優しいスイーツです。

20140306magazine_trend_eye_Vol17_03_01
台湾流 “おもてなし”

日本でも和の心として「おもてなし」の概念がありますが、台湾でも同じこと。
ご来店されたお客様には購入の有無に関わらず、ご希望でパイナップルケーキ1個と台湾の高山ウーロン茶を無料で提供。
まるで友人の家を訪れたような雰囲気で雑談したり、景色を眺めたりして心地よい空間と時間を過ごすことができます。
中央には、建物の設計を担当した隈研吾氏が特別にデザインした松素材の風合いをそのまま生かした大きなテーブルがあります。その脚は建物を囲んでいる木組みを取り入れた特注品。全面ガラス窓で開放的な空間と格子の隙間から漏れる木漏れ日のような自然光の中でゆっくりと時間の流れを感じながら頂くパイナップルケーキとお茶はまさに至福の一時です。
実際に、取材当日もグループで談笑する人達や屋上にあるテラスを見に行く人、建物を撮影する人・・・それぞれが自分の時間を楽しめるような、穏やかな気持ちになれる安らぎの場として存在していました。

20140306magazine_trend_eye_Vol17_04_01
■ ちょっとした小話・・・《ロゴマークの秘密》
20140306magazine_trend_eye_Vol17_05_01

エントランスの看板やショップカードに描かれているSunnyHillsのロゴマーク。よく見ると自転車に乗った男の子とそれを追いかけるミツバチとワンちゃんがいます。
小さな子供が落書きしたような可愛くて素朴なロゴマークについて尋ねてみると実はこのロゴマークの男の子はオーナー自身!
自転車に乗っているのはオーナーが自転車愛好家だからだそうで、エントランスのカウンター横にもセンスの良い自転車がオブジェとして飾ってありました。
オーナーを追いかけるワンちゃんは愛犬のチワワ。その上を飛ぶミツバチはパン職人だった叔父が焼いていたものがはちみつケーキだった為そこからインスピレーションしたそうです。

20140306magazine_trend_eye_Vol17_05

「SunnyHills at Minami-Aoyama」いかがでしたでしょうか。
店内は本当にゆっくりと寛げる雰囲気でお買い物の合間のちょっとした休憩にピッタリの場所です。パイナップルケーキをご購入された方にはオリジナルの麻袋でお渡しされるのでセンスの良いお洒落なギフトとしてもオススメの逸品です。まだ召し上がったことのない方は是非、他店のパイナップルケーキと是非比べてみてください。

20131015bimajin-trend-eye-line02-01

20140306magazine_trend_eye_Vol17_06SunnyHills at Minami-Aoyama
OPEN: 11:00-19:00
東京都港区南青山3-10-20
TEL 03-3408-7778
http://www.sunnyhills.co.jp/

Online Store
http://shop.sunnyhills.co.jp/
※1万円以上のご注文で送料無料
20131015bimajin-trend-eye-line02-01


Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加