このエントリーをはてなブックマークに追加

0b9f391b29e9aa9579f417f661022244
Blank

幅1尺、長さ3尺ほどに切った布「手ぬぐい」は、日本の風土にあった万能アイテムであり、世界に誇れる日本の伝統的な工芸品といえます。

かつては日本人にとっての生活必需品であり、最近再びその価値が見直されている手ぬぐいについて、ご紹介します。

手ぬぐいの歴史

20140301_magazine_wanabiVol18_01_02

手ぬぐいは、平安時代には神事の際の装身具として使われていました。当時は布が高価だったため、一部の身分の高い人のものであり、庶民には浸透していませんでした。鎌倉時代から徐々に普及しはじめ、戦国時代に広まりました。
そして、江戸時代に、国内でも綿花が栽培されるようになったことで、生活必需品として全国各地に普及し定着。庶民が日常生活で利用する他、落語・日本舞踊・歌舞伎などの小道具として、祭りなどの衣裳としても使用されるようになりました。また、歌舞伎役者・大相撲の力士・落語家などの人気商売の人たちが、オリジナルの手ぬぐいを贔屓筋やお客様に配るといった現在でいう「名刺がわり」のような用途・贈答用としても活躍するようになりました。
この他、個人が各自デザインした手ぬぐいを持ち寄りその優劣を競い合う「手ぬぐい合わせ」が行われるようになりました。この頃から手ぬぐいは機能性とともに芸術性が重視されるようになり、染めの技術も発展していきました。
その後、明治時代に「注染(ちゅうせん)」という染めの技法が誕生したことで手ぬぐいの製造工程が大きく変化し、より芸術性に富んだ複雑な柄の手ぬぐいが誕生しました。

	様々なシーンで活躍!粋な手ぬぐいの使い方

ぬぐう:汗・ものについた水滴やほこりをふいたり。様々なもののお手入れに。
包む:様々なものを包んだり、贈り物のラッッピングに。
飾る:軸のようなイメージでインテリアとして飾ったり、花瓶や置物の下敷きに。
かぶる:お祭りなどで頭にかぶる。
巻く:スカーフやバンダナとして首や頭に巻き、おしゃれに。
贈る:お土産やちょっとしたお礼に。縁起の良い柄、季節の柄の手ぬぐいを贈り物に。

「贈る」といえば、最近では手ぬぐいを1枚使って作られたご祝儀袋もありますね。袋として、そして手ぬぐいとしても使うことができるのは嬉しいですね。
(上述の使い方はあくまでも一例。他にも様々な活用方法がみられます。)

20140301_magazine_wanabiVol18_02_01

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02

20131021magazine_wanabiVol02kamimori

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社
代表取締役社長
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
+ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。
利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp/
ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori/
連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture/

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18