このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉のカリスマ・サロン「Hammam」で人気の橋爪佐和子先生。今回は、身近にあるもの、市場で買えるあれこれでセルフセラピーをする方法を教えていただきました。第5回目はなんと、白胡麻を使います!食べるんじゃないですよ。これを鍼に見立てて、ツボを刺激するというのです。

「円皮鍼の代わりに胡麻を使ったらどうかと思いついて、やってみました。すると、継続的な刺激を与え、経絡の流れを整えるという目的は割と果たせるみたいです。ゴマは有機体ですから、人の身体にも優しくフィットします。持続的な刺激ですが痛みはなく、温かな感覚ですよ」

20140219self_therapy_Vol17_01_02

胡麻を貼付けるのは、セロテープでもよいのですが、肌がかぶれやすい人は薬局で市販されている医療用のテーピングテープがいいようです。

「白胡麻、黒胡麻、どちらでもOKです」

ただし、すり胡麻はダメですよ!

20140219self_therapy_Vol17_02

20140219self_therapyVol17_title01

「合谷(親指と人差し指の間)は、自律神経の調整、胃腸の改善、手・腕の疲れによいですね。ツボの上以外にも、こっていると感じる部分や触ってみて冷たい・硬い部分に胡麻を貼るのがポイントです。目尻からこめかみの間に張ると目のタルミと疲れ対策になりますよ」

違和感を感じなければ、半日〜1日くらいそのままでも大丈夫。生姜灸などと合わせて週末にじっくりケアするのもいいですね。

佐和子先生のユニークなアイデアのセルフセラピー、また新しいアイデアを確かめたら、ご登場くださるそうです。
 
次回はまたまたHammamで活躍する先生が登場します。お楽しみに!

20140219self_therapy_Vol17_03

20140122self_therapyVol13_line

bimajin-selftherapyHashizumeTeacher03

橋爪佐和子先生 プロフィール
東京都出身。
中央大学、日本鍼灸理療専門学校卒。
2011年に四次元堂を設立、現在に至る。自身の鍼灸サロンのほか、鎌倉Hammamでも施術を行っている。
Hammam
公式HP http://hammam.jp/
20140122self_therapyVol13_03_01
20140122self_therapyVol13_line

(講師:橋爪佐和子 / 撮影:斎藤有実 / 構成:森 綾 / 協力:Hammam)


Writer: 森綾のアイコン森綾

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

時短筋トレ体験!テレビを見ながら、料理をしながら理想の腹筋作りに挑戦♪
Blank

セルフセラピー / 2016/11/11

HOMEMADE BEAUTY〜熱帯夜は手づくりひんやりパックでスペシャルケア3〜
Blank

セルフセラピー / 2016/09/02

HOMEMADE BEAUTY 〜熱帯夜は手づくりひんやりパックでスペシャルケア2〜
Blank

セルフセラピー / 2016/08/26