このエントリーをはてなブックマークに追加

3dda08c4f1f06b696960995496b482ed
Blank

20140208_magazine_wanabiVol15_maintitle

20140208_magazine_wanabiVol15_title01

3月上旬の巳の日(上巳)に水辺で足を洗い厄落としをする中国の習慣が、平安時代、日本にも定着しました。また、日本には紙で作った「人形」で身体をなでて穢れを移し、自分の身代わりとして川海に流すことで無病息災を祈る「流し雛」の風習がありました。
この「流し雛」と、紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」とが融合し、貴族の間で人形を飾り、祀るようになったのがお雛様の起源とされます。

江戸時代、二代将軍秀忠の娘が後水尾天皇と結婚する際、盛大な雛祭りが行われたのをきっかけに、幕府や大奥でも雛祭りが行われるようになりました。これが、やがて宮中から武士階級・裕福な商家や名手の家庭へ、そして、幕府によって3月3日が祝日に設定されたことを機に、大衆へと広まり盛んにお祝いされるようになりました。

20140208magazine_wanabiVol15_01

20140208_magazine_wanabiVol15_title02

土を丸めてつくった頭に棒をさし、紙の衣装を着せたシンプルな人形が、雛人形の原型でした。江戸時代になり、この立った姿勢の立雛が坐雛へ、紙雛が裂雛へと芸術的・技術的に発展し、今の美しい「観賞用の雛」に変化しました。

20140208magazine_wanabiVol15_02

多くのお雛様は「寛永」「元禄」「享保」などの年号で呼ばれています。それぞれの特徴は?

■寛永雛

女雛は袴をつけ、袖を大きく広げていました。まだ髪の毛はなく、頭が黒く塗られているだけのシンプルなつくり。男雛は冠と頭が一体化してつくられていたのだそう。

■元禄雛

寛永雛の発展系。徐々に技巧が加えられるように。

■享保雛

享保から寛政にかけて、雛人形は進化し、サイズも大型化。能面のような美しい顔立ち、手足の細工も細やかに。衣装もどんどん豪華になりました。男雛は太刀をもち、冠をかぶるスタイル。女雛は天冠をかぶり、檜扇をもつように。

■次郎左衛門雛

雛人形の世界に突如現れた、京都の人形師・雛屋岡田次郎左衛門が創作した高級なお雛様。顔も享保雛とは異なり、「引目・鉤鼻」。裕福な家庭で一躍人気に。

■有職雛

公家社会で飾られるお雛様。装束は有職の作法に従い忠実に再現されています。着衣の様式によって、束帯雛、直衣雛、狩衣雛などとも呼ばれています。

■古今雛

江戸の上野池之端の人形問屋・大槌屋が、京の次郎左衛門雛に対抗して職人・原舟月につくらせた雛人形。写実的な美しさをもち、現代の「親王雛」の原型とされています。

20140208magazine_wanabiVol15_03

日本には様々な種類の人形があるものの「お」と「様」がつくのは「お雛様」だけ。世界に誇れる素晴らしい日本の人形文化の頂点に位置するのが「お雛様」といえます。

20140208_magazine_wanabiVol15_title03

女の子が産まれて始めての節句「初節句」には、嫁方の親が子供の身代わりとなって災いが降りかからない様にという思いを込め、雛人形を贈ります。雛人形には、厄除けとなる「桃の花」、体から邪気を祓うための「お白酒」、よもぎの香りが邪気を祓うとされる「草もち」、心臓をかたどり子供の健康を祈る親の気持ちを表す「ひし餅」、女性の貞節を教える「蛤」などが供えられます。

20140208magazine_wanabiVol15_04

20140208_magazine_wanabiVol15_title04

目黒雅叙園 有形文化財「百段階段」にて都内最大級の雛人形展『百段雛まつり~九州ひな紀行~』が開催中です。
日本各地から集められた日本の人形文化を象徴する貴重な時代雛が展示される毎年恒例の行事。第5回となる今年は、九州全域に広がる百花繚乱のお雛さま文化にクローズアップ。筑豊(福岡)・飯塚の炭鉱王の豪邸に飾られた500体の座敷雛、この地に嫁ぎ 
波乱の一生を送った歌人・柳原白蓮の有職雛、九州各藩の大名家のお雛さまなど多様な作品が展示されています。この他、庶民が育んだ郷土玩具のお雛さまや、伝統工芸品の博多人形や有田焼のお雛さまなど、九州の歴史・文化の厚みが感じられる『九州のお雛さま』約1000点が百段階段に大集合。

20140208magazine_wanabiVol15_05

貴重な雛人形と有形文化財「百段階段」との美の共演を楽しめる贅沢な企画です。お雛様の歴史に思いをはせつつ、今年も楽しみに足を運びたいと思います。

20140208magazine_wanabiVol15_06_01

『百段雛まつり~九州ひな紀行~』
開催期間:2014年1月24日(金)~3月3日(月) 10:00 ~ 18:00(最終入館17:30)
入場料:1,500円(学生 800円) ※小学生以下 無料
会場:目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」
   東京都目黒区下目黒1-8-1
お問合せ:03-5434-3140
主催:目黒雅叙園
企画協力:九州観光推進機構・二木屋

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02

20131021magazine_wanabiVol02kamimori

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社
代表取締役社長
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
+ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。
利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp/
ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori/
連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture/

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18