このエントリーをはてなブックマークに追加

219e701a0771f73b641d47f7be4404d7
Blank

wanna-bi-vol08_title_04

少し早いかな、と思える時期からですが、それだけ日本人がおせち料理にかける思い入れが強いということでしょう。日本が世界に誇る食文化が集約されたおせち料理には、どのようないわれがあるのでしょうか。

おせち料理は、おせちく(お節供)の略で、お正月や五節句(一月七日、三月三日、 五月五日、七月七日、九月九日)などの季節の変わり目の日に、神様に食物を お供えしたのが始まりで、その後お正月に用意する料理を指すようになりました。

お正月の意味は、五穀(米や麦など)の豊作をつかさどり、家と家族に「福運」をもたらす歳神様をお迎えすることとされています。

お正月にいただく雑煮は武士の習慣の名残とされ、宴会で行われる主君と家臣の盃の応酬、「式三献」の初献がお正月の肴として伝えられ、必ずお屠蘇を飲んで雑煮を食べるしきたりになっていました。雑煮に入っている丸餅は魂の象徴とされ、魂は「玉」であるから新しい年の魂で一年を元気に過ごすために歳神様の力をいただくことでもありました。

さらに正月三が日は主婦を家事から解放するという意味を含め、保存の効く食材が中心になったといわれています。またお正月に火を使うことをできるだけ避ける、という物忌みの意味も含んでいます。

おせち料理はめでたいことを重ねるという願いを込めて、重箱に詰めます。基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重、と呼びます。
四段目のお重を「四の重」と言わないのは「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。

20131221magazine_wanabiVol08_02詰め方や料理の組み合わせは地域や家庭、しきたりなどによって様々ですが、最も代表的な詰め方を紹介します。

一の重…黒豆、数の子、ごまめ(田作り)などの祝い肴〔ざかな〕 二の重…伊達巻やきんとんのような甘いもの中心 三の重…魚や海老の焼き物など海の幸 与の重…野菜類の煮物などの山の幸おせち料理に詰められる料理にはそれぞれ次のような意味が込められています。

黒豆 一年中「まめ(真面目)」に働き「まめ(健康的)」に暮らせる無病息災の願い。数の子たくさんの卵があるというところから、子孫繁栄の願い。田作り稲の豊作を願う気持ち、五穀豊穣の願い。海老 海老の赤は魔除けの色、腰が曲がるまで丈夫という長寿の願い。 昆布巻き「よろこぶ」の語呂合わせから祝いの儀には欠かせません。きんとん「金団」と書き、その色から財産、富を得る縁起物とされています。 紅白なます平和を願う縁起物である紅白のおめでたい色は水引を表しています。れんこん 仏様のいる極楽の池にあることから清らかでけがれのない植物とされ、根に穴が開いているので、見通しがよいという意味もあります。
20131207magazine_wanabiVol06line0001

参照サイト:農林水産省

http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/culture/gyoji.html
http://www.maff.go.jp/j/agri_school/a_menu/oseti/01.html
20131207magazine_wanabiVol06line0001

写真提供 / 全国学校栄養士協議会

Audrey佐藤

幼少時より日本文化に触れ小学生で源氏物語を読破、高校生までは競技かるた(百人一首)の名手、大学からは茶道研究会で和の感性を磨く。 卒業後は多国籍企業の幹部候補生としてキャリアを重ね、米国留学時はNPO (非営利団体)運営専攻の経営管理手法を学び、ビジネスと芸術を融合させる 辣腕コンサルタントとして国内外に幅広くネットワークを構築。

2010年より特定非営利活動法人和塾 (http://www.wajuku.jp/)世話人、
2013年より日本文化デザインフォーラム (JIDF http://jidf.net/about/)準会員。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18