このエントリーをはてなブックマークに追加

D9aac278e41d1b1561ed8302f2a97007
Blank

神森:今後の目標を聞かせてください。

山田:「漆器を好きな人を増やすこと」「漆器が好きな人に対して、ライフスタイルのあらゆるシーンで漆器を楽しんでもらえるよう商品ラインナップを充実させ、漆器のあるライフスタイルを提案すること」。この2つを目標に取り組んでいます。
日本の高い漆芸の技術を守り、伝えるために、名匠の作家の作品を復元したり、職人の育成に注力したりといった取り組みも今後も続けていきたいと思っています。
20131207magazine_wanabiVol06line0001

神森:漆器は使ってこそ本領を発揮してくれると言いますよね!また、親から子へ、子から孫へと継承し長く使える点も優れていますね?

山田:まさにその通りで、漆器は使えば使うほど艶が出て、手にもなじんできます。一度使うとほとんどの人がファンになってくれますね。
漆器は強くて、よほどのことがないかぎり壊れませんし、変色したり、はげたりしても、塗り直すこともできます。このことから『漆は末代まで』と言うように、長く利用できるので、結局はお買い得とも言えます。「扱いづらい」といった先入観をもつことなく、もっと気軽に漆器を楽しんでみてください!

山田さん、ありがとうございます!

最後に、新年を迎えるにあたり、この時期おすすめの商品をご紹介いただきました!

20131214magazine_wanabiVol07_title0001

20131214magazine_wanabiVol07_01

1) 縁起のよい「干支角盆 午(うま)」

干支盆は山田平安堂が30年以上にもわたり、
その年を象徴する干支の文字を描いている限定アイテム。

今年も力強い筆で古典美を描いた、午の
「干支角盆」が完成したばかり。新年を迎えるにふさわしい、縁起のよい一品。
20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131214magazine_wanabiVol07_02

2) 愛らしい「干支丸盆 午(うま)」

干支盆シリーズの丸盆。来年を象徴する
干支の絵柄「午」を描いた限定アイテム。


一目見て心和むような愛らしい午を描いた、女性への
贈り物に最適のアイテム。お正月に使い始め、1年間大活躍しそうですね。

20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131214magazine_wanabiVol07_03

3) 贈り物に最適な「干支箸置 午(うま)」

お盆に次ぐ人気の干支アイテム、箸置。家族が集まる食卓に、金箔で描いた午の箸置が並ぶとぱっと華やかになります。贈り物にもぴったりなサイズなので、年末年始、お世話になった方や友人へのお礼としても喜ばれそうですね。

20131214magazine_wanabiVol07_title02

20131214magazine_wanabiVol07_04

1) 六角三段重

天然木を一つ一つ職人が組み上げ、艶やかに塗り上げたお重箱。

シンプルなデザインながら蓋を閉めている時も凛とした佇まいを醸し出す一品。六角の形は、二つ三つと組み合わせることで
様々な表情を見せ、中に詰める料理を引き立たせつつも漆器ならではの主役級の存在感が!

20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131214magazine_wanabiVol07_05

2) 三段重 金市松(取り皿付)

漆黒の三段重に取り皿を5枚セットした一品。取り皿は重箱と同じ寸法で重ねることが出来、重ねた状態は朱色と金色のコントラストが華やかな市松柄。見て良し、飾って良し、使って良しの三拍子揃った、山田平安堂オリジナルラインナップ。伝統的なシーンでも、カジュアルに楽しむシーンでも、活躍しそうですね!

20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131214magazine_wanabiVol07_06

3) 熨斗蒔絵 三段重

「平安堂に熨斗蒔絵あり」。そんなふうに伝えられてきた熨斗蒔絵。

蒔絵だけで2ヶ月近くかかるという膨大な製作期間。
熟練の蒔絵師をも「挑戦の領域だ」とうならせる高度な蒔絵の技術。
漆器の芸術家たちが作り上げる“雅の世界”にうっとり。お重箱は代々その家庭を見守り、お正月という
ハレの席を一層華やかな空間へと変えてくれる、
人を魅了する食器です。 

親から子へ、子から孫へ受け継ぎ代々大切にしたい逸品。

20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131214magazine_wanabiVol07_07

器もごちそうの一つ。

お正月には、そこにどんなお料理を詰めて家族やお客様をもてなそうか?そんなことを考えるのもお重箱を選ぶときの楽しみ。私もワクワクする新しい漆器とともに新年を迎えたいと思います!

20131207magazine_wanabiVol06line0001

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02

山田平安堂 代官山ヒルサイド本店

住所:東京都渋谷区猿楽町18-12 ヒルサイドテラスG棟
電話:03-3464-5541
OPEN:10:30~19:00(日・祝~18:30)
CLOSED:無休(但し、年末年始、盆休みをのぞく)
URL:http://www.heiando.com
山田平安堂 WEB本店(ECサイト):http://www.yamada-heiando.jp

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02

20131021magazine_wanabiVol02kamimori

神森 真理子

ジャパン トラディショナル カルチャーラボ株式会社
代表取締役社長
慶應義塾大学卒業。パリ第三大学で映像・アートビジネスの勉強をし、松竹(株)に入社。ベルギー・フランス生活を通じ、「日本文化の活性化」という生涯の目標を見出し、会社員としてマーケティング・PRの仕事に従事しつつ、日本文化の伝道師として、日本文化の魅力を発信する企画・執筆・講演過活動を展開。日本文化に関する多数の企画・コンサルティングプロジェクトに従事した後、独立しジャパントラディショナルカルチャーラボ株式会社 代表取締役に就任。
+ART CLUB「食とアートの会」主宰。「銀座なでしこ会」幹事。
利酒師・ワインエキスパート・フードアナリスト1級。

ジャパントラディショナルカルチャーラボ
公式サイト:http://jtcl.co.jp/
ブログ:神森真理子の『食を!アートを!日本文化を!楽しもう』
http://ameblo.jp/mariko-kamimori/
連載:MYLOHAS『大和撫子のための和文化のいろは』
http://www.mylohas.net/eco/japanese_culture/

日本酒を楽しむスマホマガジン「酒ゼミ」
監修:現代ビジネス:安倍昭恵「対談『日本の食』を考える」

20131012bimajin-MAGAZINE-wanabi-line02


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

意外と知らない、「節分」のヒミツ・豆まきの作法
Blank

日本の伝統文化を知る

和な美 -wanna be- / 2015/01/08

お正月のきもの~ふくふくした梅の帯が、今年の気分~
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/25

京都の師走を感じる、毎年恒例の護王神社の巨大絵馬
Blank

和な美

和な美 -wanna be- / 2014/12/18