このエントリーをはてなブックマークに追加

やせづらい部位『おなか』『太もも』『ヒップ』に悩む女子を救う!! 【Bimajinリサーチみんなの本音Vol.1】

さて、『ダイエット』女性にとって永遠のテーマであるダイエット、みなさんこの夏はどんなダイエットに挑戦ましたか?
 
そして夏だからこそ痩せたい部位ってあったんじゃないでしょうか?
 
夏に向けて春からはじめたダイエット法もそろそろ結果が出始める頃…。
効いてる?身体のどこに変化がでている?なんて体重計の針と自分の映る鏡を眺めながら、お腹のお肉をつまんでもう少しこのお肉がなくなれば、、、
なんて口をとんがらせてはいませんか?
 
少なくても私はその1人。
 
でもお悩みの部位って案外みんな一緒じゃない?
 
そんな素朴な疑問の答えを解明、現在の美容シーン本当のところどうなの?という調査をしている『株式会社薬事法ドットコム』の調査結果がBimajinへ届いています。
 
林田學武先生
そんな調査結果からお悩み、美容シーンに関することあれこれを
探りながら美のアンテナを張り巡らすエキスパート『株式会社薬事法ドットコムの林田學武先生』と共に美の救命をしていくという週間連載が今日からはじまります♪

 
 
まず、文頭で話していた気になる身体の部位調査についてもさっそく見てみましょう。
 
気になる身体の部位調査
 
薬事法ドットコムのダイエットに関する調査(2013年7月5日(金) 〜7月8日(月))によると300人中249人が痩せづらい部位が『おなか』と答え続いて『太もも』そして『ヒップ』の順に。
 
ほら!! やっぱり!!
みんな悩める部位は同じなんだ…。とっちょっと安心。
 
私も30半ばに入り20代に履けていたジーンズが履けない事にショックで
ダイエットを始めましたが、お腹も、太もももヒップも全部痩せなければ、もう二度と同じジーンズを履けないんではないかと思うほど、、やっぱりこの部位に悩まされてる女性は多かった。
 
この調査はダイエット経験のある全国の30代〜60代の女性300人にアンケート調査した結果なんですが体型を気にするようになった原因の過半数が『年齢が上がって太りやすくなった』と答えています。
 
気になる身体の部位調査
 
そんな話をきいて『うんうん』と共感ばかりじゃなんの救命にもなりません!!
 
この結果からは林田先生もより部分的なダイエットに効果をもたらすダイエット法について今後Keyになってくるとおっしゃり調査では食事系のダイエットよりも運動系のダイエットの方が主流になってきているという結果も判明。
 
そ・こ・で
 
今日は調査で分った年齢と共に痩せづらくなった手ごわい部位『おなか』『太もも』『ヒップ』に効く毎日続けられるちょっとした習慣をいくつかご紹介したいと思います。
 
 
■『おなか』の毎日続けられる習慣運動
 
やり方はとっても簡単!!
その名も”おトイレの中でギューっと習慣”
これは普段おしっこをする度に最後に絞りだす感じでギューっと下腹部に力を入れる。下腹の基礎筋力をあげておくことで腹筋をした際にも辛くなく
続いてウエスト周りにも効果がなんて事も。
ダイエットをする事で1番大事なのは続ける事。習慣づけること。
便秘体質の女性はお腹に力を入れる機会も減り基礎筋肉が脂肪化しているケースもあるので1日何回かのおトイレの中でギューっとっ習慣を続け、お腹を触る習慣をつければ何か変化に気づくはず!!
 
 
■『太もも』の毎日続けられる習慣運動
 
”寝る前のギューっと簡単ヨガ習慣”
1・うつぶせに寝て後ろで、手をくみます。(手をひじに届くように)
ここで1つ深呼吸。
2・息を吸いながら、脚をのばしたまま、くみます。(重ねるようにする)
息を一度吐いて、吸いながら、太ももから下を、ギュっーと 1本になるように、しめつけながら、上にあげます。これを6.7秒キープ!!
息を吐きながら、おろします。
3・今度は、逆側の足を 重ねて、くりかえします。
1~3までを、3セット・・・
 
そしてそのままヒップ習慣へ…。
 
 
■『ヒップ』の毎日続けられる習慣運動
 
”寝る前の脚裏押し合い習慣”
1・うつぶせに寝て脚の裏を合わせます。
ここで1つ深呼吸。
2・そのまま、ぐーーーーっと、脚の裏同士を押しあいます。
そしてフッと脱力。
1・2を 最低 10回は、繰り返す。
もし次の日筋肉痛になったらそこが、お尻を垂れさせないための 筋肉だと思ってくださいね!!
 
年齢があがって太りやすくなる原因は基礎代謝の変化から。
 
年齢が上がってくると、 日常生活の中では少ないエネルギーしか必要なくなる為、幼い頃と同じ食事を続けていると、 エネルギーとして消費される分が少なくなってしまいます。なので余った分がどんどん体に蓄積されて
『太りやすくなった』ということになってしまうのです。
 
食事ではカロリー摂取量を調整して、日常の生活の中で基礎代謝や基礎筋肉をあげる習慣を心がけてくださいね♡
 
今日からLet’ts try!!
 
 
この他にもモデルのアンジーが『8の字ダイエット』の著者、中垣葉子先生にレクチャーしてもらいながらのLesson動画も本当にオススメです!!
 
BimajinTVで紹介していますので是非ご覧になってくださいね♪
 
BimajinTV『部位別お手軽8の字ダイエット』
 
 
一般財団法人リーガルマーケティング研究財団理事長
株式会社薬事法ドットコム 特別顧問
林田 學武
東大法大学院卒、法学博士。大学教授、弁護士を経て現職

このエントリーをはてなブックマークに追加