このエントリーをはてなブックマークに追加

色素沈着させない!! シミ・肌老化に効く4つの顔ツボ

ご存じですか?
今年は550年に一度の太陽が活発になる時だといわれています。
 
当然、紫外線も強烈!なのです!
 
皮膚科医のセミナーでも紫外線の話が出てこない日は無いというほど紫外線対策にみなさん熱を注いでいます。
街でもUVカットの商品が店頭を埋め尽くしている状態で美肌ケアや紫外線対策はやっていると思いますがでもどんなにカバーしても色素沈着してしまってはもう、遅い…。
 
そこで、今日は色素沈着する前に自分でできるツボ指圧の方法をご紹介します。
色素沈着してしまったシミ、肌老化や色素沈着を防ぐ4つのツボです!!

 
色素沈着は、血行不良による新陳代謝が低下して引き起こされることもあり、ツボ指圧によって代謝をあげて残さず、透明感のある白い肌へと導くことができるのです。
 
顔のツボは少し探しづらいのでまずはツボ見つけ方から。
 
顔を優しく、軽くなでながら
ザラザラ、カサカサしている場所を見つけます。
ツボの部分は他の部分と少し違うので手の感触で探してみて下さいね・。

その皮膚を指でつまみ、親指か人差し指で3回ぐらいもむと、
ハリを刺したような痛みを感じる場所があります。

この痛みのある箇所を親指か人差し指の先で軽く押してみます。
するとかたい「こり」や「しこり」がみつかります。
ここが『ツボ』です。
 
 
♡POINTS♡
ツボ指圧をする際には、痛くない程度の指圧で4~5回を目安に指圧するのがポイントです。強い痛みがあるような指圧では逆効果になることがあります。ほどよい刺激で気持ちいいと感じる程度がベストです。
 
 
【色素沈着させない!! シミ・肌老化に効く4つのツボ】
 
①合谷(ごうこく)

合谷

場所:親指と人差し指の間。
手は第二の脳といわれ、多くの神経細胞が密集しています。親指と人差し指の間にある合谷にも多くの神経が集まっているので、脳を中心に各臓器、各器官への血流を増やして症状を改善します。親指で指圧するのがポイントです。
 
 
②小奬(しょうしょう)

小奬

場所:下唇の指1本分下にある部分。
にきび、肌荒れ、しみ、そばかすなどの肌の悩みを改善してくれるツボです。顔の血行を促進し、肌の代謝を高めてくれるため、皮膚の乾燥などにも効果があります。 
 
③攅竹(さんちく)

攅竹

場所:眉毛の内側、眉頭の部分。
顔のシミ、そばかす、しわ、たるみに効くアンチエイジングの効果の高いツボです。目の回り血行を促進させて、疲れ目、目の下のクマなどにも効果的です。デリケートな部分ですので、押した跡がつくような強い指圧はしないように。
 
 
④太陽(たいよう)

太陽

場所は目尻と眉尻を結んだ線の真ん中、1cm以内。
肌の新陳代謝が衰えてくると、シミが濃くなっていきます。
水・血・気の流れをよくするこのツボを押すと、
肌の生まれ変わりを促し、できてしまったシミを薄くしていきます。
 
 
ツボ指圧は自分でできる効果的な対策です。
今年の紫外線は今までの太陽とは違うのです!!
過去、現在、未来のシミの為にもお仕事中や移動中、テレビを見ながらでもどこでも簡単にできる対策なので、シミに負けないお肌のケアに、ツボ指圧を忘れないで下さいね♪

このエントリーをはてなブックマークに追加