このエントリーをはてなブックマークに追加

70bb7e97df5cb1050174e1e7b8e306f4
Blank

ウェディングの花 Wedding Bouquet 1(ウェディングブーケの形・種類)

Weddingの花 - ブーケの種類

夏真っ盛りで、蒸し暑い日々が続いておりますが、秋以降のウェディングのお打ち合わせが始まるタイミングでもありますので、ウェディングのお花関する事、ウェディングブーケについてシリーズでご紹介させて頂きたいと思います。初回はブーケの形や種類について。

ウェディングブーケを持つシチュエーションは大きく分けて、教会・チャペル・神殿などの挙式のセレモニーで持つものと披露宴やパーティなどがあります。まずチャペルなどでの挙式の場合は、教会などの会場、牧師さん、神父さんなどによっても違うようですが、厳格な所では、セレモニーの花装飾やブーケは白に限るという厳しい所もあるので、挙式などでは白いドレスに合わせて白系や淡い色などのブーケを持つ方が非常に多いです。特に白系の指定のないところであれば、挙式でも好きな色の花のブーケを持ち、教会などにも好きな花での花装飾を施す事が出来ます。
傾向としては、挙式や披露宴の最初は王道の白系もしくはベーシックに近い形のブーケを持ち、お色直しや披露宴・パーティでのブーケはイメージを変えて花嫁さんの個性をより発揮できるものをという選択をする花嫁さんが多いように思います。

■ウェディングブーケの種類・覚えておきたい基本の形

「ウェディングブーケ」と言っても、その形や種類も多彩で、ひとことで言い表す事の難しい個性的なブーケも増えてきましたが、人気のある基本的な形やドレスとの相性を知っておくと、オーダーする時、打ち合わせなどでご自身の意志をより伝えやすいと思いますし、ご友人などの結婚式に参列した際にも今迄とは違う目線でブーケを見る事ができるかもしれません。

Round Bouquetラウンドブーケ:一番選ばれる事の多い、シンプルな丸い形(ラウンド型)のブーケ。どんなドレスにも合わせやすく、選ぶ花の種類や色、また花のボリュームによって、フォーマルやゴージャスな感じにもカジュアルでナチュラルな感じにもオールラウンドに対応する形なのでバリエーションも豊富で特に人気が高いブーケです。

★Teardrop Bouquetティアドロップブーケ:その名の通り、涙のしずくのような形でラウンドよりも少し下に垂れ下がったデザインのブーケ。丸いラウンドブーケのもつ可愛らしい雰囲気と下に流れるキャスケードブーケの持つ豪華さを兼ね備える為、プリンセスタイプのドレスやAラインのドレス、刺繍のある重厚で華やかなタイプのドレスにもよく合います。ロイヤルウェディングで注目されたキャサリン妃がウェストミンスター寺院での結婚式の時に持っていたブーケがこの形でしたね。

セミキャスケードブーケはこれを更に少し長めにしたもの、オーバルブーケは縦にやや細長い楕円形なので、下にややボリュームを持たせたようなアレンジを加えたもので、デザイン的には近いものになります。

Cascade Bouquetキャスケードブーケ:上から下に自然に流れる小さな滝をイメージするような形が特徴の豪華でフォーマルなムードを演出しやすいブーケ。 ノーブルな印象のデザインのブーケは天井が高く、広い空間の荘厳な教会式での挙式にはぴったりで、トレーンが長いドレスやボリュームのある正統派のドレスの花嫁さんを引き立てるのにふさわしいと言われています。 イメージしやすい所で例を出すと、こちらはダイアナ元妃が8mという非常にトレーンの長いドレスに合わせてかなり大きくボリュームのあるキャスケードブーケを持っていました。

Crescent Bouquetクレッセントブーケ:クレッセント=三日月の形のような、緩やかなカーブを描く形が特徴、正統派の教会式にもふさわしい品格のある形のブーケです。合わせる色やお花のボリューム次第でお色直しに華やかさを添える個性的なブーケにもなります。

Arm Bouquetアームブーケ: 花の茎の美しいラインをそのまま生かして細長く束ねたモダンで洗練された形のブーケ。茎のラインを腕のラインに沿わせて持つと、このアームブーケ本来のラインの美しさが際立ちます。シンプルでスッキリとしたドレスや大人っぽいスレンダーなドレスには相性ぴったりでバランスも良く、カラーなどをシンプルにまとめたアームブーケなどは大変人気があります。

その他ちょっと変わった形では、どこから見てもまん丸いボールをぶら下げたような形のボールブーケ、丸い輪の形に花やグリーンをつないでリース状に仕立てたリースブーケ、ハンドバックのように手に提げて持つバックブーケ、また和装に合わせたブーケなどもあります。

どの形のブーケにするのか?どんな花を使ったブーケにするのか?一番のポイントはドレスに合わせる事、そして花嫁さん自身のなりたいイメージや雰囲気に合わせる事にあります。 ドレスやご自身のイメージをブーケにリンクさせることで花嫁さんの魅力を最大限に引き出し、より素敵で印象的なウェディングシーンを演出する事ができます。


Writer: 篠原のアイコン篠原

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

転職経験者に聞く転職のリアル! 転職をしてよかったこと1位は◯◯だった!
Blank

ライフスタイル / 2016/05/12

キレイに魅せるパンプス所作 〜立ち方、歩き方、立ち振る舞い〜
Blank

ライフスタイル / 2016/05/01

カサカサ肌の彼にたっぷりの潤いを! 男の肌スキルをアゲル、高機能化粧水
Blank

ライフスタイル / 2016/04/19