このエントリーをはてなブックマークに追加

Dd1747502cde741549416763c5d772a2
Blank

いつでも美味しい食材が揃う北海道。本日は、札幌で話題の「はちきょう」というお店をご紹介します。

「はちきょう」は、[本店][別亭 おやじ][別亭 おふくろ]の3店舗展開となっていますが、今回は[別亭 おやじ]にお邪魔してきました!

このお店が話題となっているのは「つっこ飯」と呼ばれるいくら丼の提供の仕方に理由があります!

「つっこ飯」を注文すると、まずは白飯だけが盛られたどんぶりが登場。「あれ?いくらはどこへ・・・?」という状態になるのですが、そこから威勢のとびきり良い坊主のお兄さんが登場。店内のBGMは止まり、いくらを盛りつけるパフォーマンスが始まります!

「おいさ〜!!!」「おいさ〜!!!」

大きなかけ声をかけながら、店内の人々はいくらが次々と盛られていく丼ぶりのあるテーブルに全員注目。

注文したお客さんが「ストップ!」というまで、いくらは盛り続けられます。

最終的にはこんな状態に!溢れかえるいくらでもちろん白飯は見えません。

道産子はもちろん、道外からお越しの方には喜んでもらえること間違いなしのいくらの質とパフォーマンス!

他にも、北海道ならではのメニューがあります。

こちらは「タコザンギ」!!!

「ザ、ザ、ザザザ、ザンギ????」 何を言っているのかわからない方もいらっしゃるかと思いますが、北海道では唐揚げのことを「ザンギ」と呼ぶのです。

「はちきょう」でいただくことの出来る魚介食材は主に北海道羅臼産。羅臼の漁港で漁師として働いていた店長さんが納得した食材しか扱っていないのだとか。

漁師を経験されている店長さんがいらっしゃるだけあって、「つっこ飯」を注文した際、店員さんからは「いくらもご飯粒も一粒も残さず食べてください」という注意点や、「海にゴミを捨てないこと、ゴミがあったら拾うこと」などの呼びかけもありました。

自然の恵みがあるからこそ頂ける食材を、これからも後世に残していくためには私たち消費者の意識も大切ということなのですね。

自然の恵みに、また漁師さんに感謝しながらこちらのお店のお味を堪能してみてください♡


はちきょう

本店:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西3 都ビル1F
   Tel:011-222-8940

別亭 おやじ:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西3 第6桂和ビル1F
    Tel:011-241-0841

別亭 おふくろ:〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西3 第6桂和ビル2F
    Tel:011-281-0296

HP: http://www.atomsgroup.jp/index.html


Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ぷるぷる食感に大満足!お腹も満たされるヘルシーな生芋こんにゃくスムージーがお目見え!
Blank

グルメ  / 2018/09/27

ハーゲンダッツの王道クッキー&クリームが25周年!アニバーサリー味が期間限定で登場!?
Blank

グルメ  / 2017/03/26

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO パブロ」から 甘酸っぱ〜い♡いちごスイーツが新登場!
Blank

グルメ  / 2016/04/25