このエントリーをはてなブックマークに追加

F1e9f1b49ccd6b8328866da665327c3b
Blank

【プチ整形は禁断の果実?!気になるけど嫌の、本音のトコロ】

もっとキレイになりたい!これは女性であれば誰しもが抱く願望です。でもキレイになりたいなら、ダイエットにメイクにファッションにと本当に色々気を使わなければなりません。この苦労を男性に少しわからせてやりたいと思うのですが、今日はそんなキレイにどん欲な女性が横目で気にする「プチ整形」についてご紹介します。

■プチ整形の敷居は思いのほか低い

始めはプチ整形に対する関心についてです。プチ整形やってみたい?という質問に対して、やってみたい、経験済みの合計は意外に多く約40%という結果に。 プチと言われると手軽なイメージがあるのでしょうか。私たちが思っている以上に現代女性にはなじみのある美容方法なのかもしれませんね。

■美には払えても1万円以内が大多数

意外と私たちに身近なプチ整形。化粧品を買うより美容効果が高いのは間違いないのでしょうが、施術によっては十万以上かかるものもあるため、まさしく禁断の果実的な要素を含んでいると思います。
そんなプチ整形ですが、正直いくらまでなら美にドカンと投資できるのでしょうか?ホンネを探ってみました。

結果は10,000円未満がダントツの1位。2位以下を見ても全体の約60%の女性が30,000円未満でならと皆さん美には堅実なご様子。プチというだけあって、やはりちょっと高価な買い物程度に済ませたいのがホンネのようです。 でも、30,000円未満のプチ整形じゃ、本当に大した事は出来ないような…

■プチ整形はキレイになりそうだけどやっぱり嫌!

最後はプチ整形のイメージについてのホンネです。
プチ整形と言えば、メスは使いませんと手軽さをウリにしていると思いますが、やっぱりバレたら恥ずかしい!でも興味はある!そんな複雑な気持ちがせめぎ合うと思います。ここで2つのデータを見比べてみてください。

プチ整形をやりたい理由とやりたくない理由。この真逆の質問2つを見てみると、
ナチュラルな仕上がりになるならやりたいけど…やっぱり嫌なものは嫌! 
という女性の矛盾したホンネが浮き彫りになっているのがお分かりいただけます。
美の現代魔法はバレた時や失敗した時を考えると手をださない。これが現代女性の堅実な決断のようです。

■プチ整形にハマるのは、顔を絶対的な評価で見続けるから

プチ整形が怖いのは、1回やるとクセになることと言われています。テレビなどでも時々整形にハマって顔が言葉にならない状態になってしまっている方を見た事があります。なぜ明らかにキレイではない顔になるまで施術を繰り返してしまうのでしょうか。
その理由の1つには、顔を絶対的な評価で見続けてしまうからと言われています。通常は憧れの顔と比べて、目が小さいか、輪郭はどうかと自分の顔を相対的に評価していくのに対して、ハマってしまう人は、いつしか前よりどのくらい大きくなったのかといった絶対的な評価に縛られすぎることがあるそうです。

■真の美は1日にしてならず

キレイになりたいという想いは年齢問わず素晴らしいことです。でも見た目をお金で手軽に変えても、意外と周りに伝わらないのもよくある話。 本当に魅力的な美しさとは、時間をかけて内側から湧き出るものなのかもしれません。美は1日にしてならず。女と美の関係はやっぱり奥が深いのです。

調査協力:株式会社ネオマーケティング
http://www.neo-m.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

【センパイ教えて!結婚3年以上の既婚女子に聞く「結婚のリアル」】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/09

【夏はもうすぐ!男子が夏の女子に思っているホンネ…】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/02

浮気はバレなきゃOK?男子が考える浮気のリアル本音とは
Blank

イマドキリサーチ / 2016/05/25