このエントリーをはてなブックマークに追加

Df672a2d43637adfd3e6501676e6160b
Blank

神戸で人気の料理家、三好万記子先生に教わる第四回目です。
冷たいスープ「温泉卵とえんどう豆の冷製スープ」でスタートするおもてなしは、
「玉ねぎとじゃがいものオーブン焼き」、メインの「ブロシェット」と続き、
デザートは「マンゴーパフェ」でしめくくりです。

ライター「おうちでピクニックなおもてなしのデザートは、みんな大好き、マンゴーパフェですね。ひんやりしてジューシーで美味しそう! これまでのエスニックテイストも感じるお料理のながれで、三好先生がマンゴーパフェを選ばれた理由を教えてください」

三好先生「ここ数年、日本の夏は熱帯化していてタイやベトナムを彷彿させる暑さですね。暑くなるこの季節には、エスニックなお料理がよく合います。南国のフルーツでイメージするのが『マンゴー』。最近よくお店でみかける冷凍マンゴーは、手頃なお値段なのに甘味が強く、とても美味しい食材です。生のマンゴーよりも手に入りやすく、気軽に活用できます。エスニックな雰囲気でアイスクリームと冷凍マンゴーを使ったパフェは、手早くできるおしゃれなデザートとしてオススメです。流行りのグラノーラも取り入れて、季節感たっぷりのデザートを楽しんでください」
ライター「なるほど、手軽にできて、季節感たっぷりなんて、まさに理想的なデザートですね」
三好先生「料理は美味しさだけでは、完成しません。召し上がっていただく方への細やかな心遣い、おもてなしの心が添えられていることが大切だと思います」

夙川(兵庫県・西宮市)で開いている料理サロン「Table d’or」(ターブル・ドール)へは、遠方から通う生徒さんも少なくありません。
レシピは3ステップで完成!簡単でとってもおいしい!おしゃれ!と定評があります。

料理だけでなくインテリアコーディネートの資格をいかした、
おもてなしの空間作りのアドバイスや、テーブルコーディネートの提案など、
ゲストをもてなす心得、すべてが学べる三好先生のサロンは生徒数は300名を超え、現在満席。ここ何年もウェイティング状態が続いているとか。

また、ケータリング事業「Table d’or plus」も手掛けているだけに、食においては家庭料理から本格的なパーティ料理まで、幅広い知識と腕前をおもちの三好先生。

「今回のおもてなし料理は、おいしさはもちろんのこと、楽しさもプラスした提案です。
初心者でも簡単に作れる、レシピにしています。そして、出来上がったら、みんなでワイワイと『おうちでピクニック気分』を楽しんでもらえたら」(三好先生)。

おうちの中でバーベキューしめくくりは、後を引くおいしさの「マンゴーパフェ」

<材料>調理時間:15分(材料2名分)
冷凍マンゴー(角切り)  お好みで
バニラアイスクリーム お好みで
グラノーラ 大さじ1
生クリーム(乳脂肪分35%) 100CC
グラニュー糖 小さじ2
ミントの葉 適量(お好みで)
      
今回使用した器について
「器の直径は約10㎝です。使用した冷凍マンゴーは、2㎝角がゴロゴロとはいっています。この1角を4等分すると1㎝角になり、そのまま使うより食べやすい大きさになります。この1㎝角を7~8個、バランスよく散らしています」(三好先生)

作り方

①グラノーラを食べやすい大きさに割る。

②生クリームを少し泡立て、途中でグラニュー糖を入れ泡立てる。

③冷やした器に、グラノーラを入れて、凍ったままのマンゴーをのせる。その上にたっぷりとバニラアイスクリームと生クリームを交互に盛りつける。

④もう一度、グラノーラとマンゴーを散らして完成。

*今回の調理のときに覚えておきたい!ポイント
★生クリームの乳脂肪分は35%表示と45%表示があります。今回のようにゆるく流れるくらいのときは、35%を使います。逆に、デコレーションケーキなどのようにしっかりとたてた生クリームを使うときは、乳脂肪分の高いほうを使うと上手に作れます。
★今回、パフェに使用したグラノーラのほかに、クッキーやビスケット、コーンフレーク、カステラなどに代えても美味しく作れます。

"おうちでピクニック”な楽しいおもてなし

料理家
三好万記子先生

夙川(兵庫県西宮市)にて料理サロン「料理サロン Table d’or」を主宰。 結婚後、御主人の転勤に伴いパリへ。3年間の滞在中には、料理好きが高じて「ル・コルドン・ブルー・パリ」にて、料理ディプロムを取得。さらに「リッツ・エスコフィエ・パリ」にて、菓子ディプロムを取得。帰国後は、テーブルコーディネートを二木榮海氏に師事。料理サロンを主宰するかたわら、出張料理人としても関西で活躍中。ケータリング事業「Table d’or plus」も展開。神戸をはじめ関西の企業からケータリングの依頼が絶えない。ほかに、有機野菜のメニュー開発、レシピ提供、企業とのコラボレーションイベントなど、幅広く活躍中。
【料理サロン Table d’or】

三好万記子先生の主宰する料理サロン「ターブル・ドール」。 フランス語で「金の食卓」という意味。 レッスンは、デモンストレーション形式で行われます。 毎回お料理のテーマに合わせた、テーブルコーディネートも学べる充実のレッスンは、現在どのクラスも満席のため、ウエィティングとなります。 サロンでは、家族で食べる日常のメニューやお弁当のおかず、記念日にふさわしい華やかなディナーメニュー、クリスマスやお正月のハレの日のお料理、ホームパーティにぴったりな見た目の可愛らしいフィンガーフードまで幅広く学べます。「生徒さんが大切な人たちと囲む食卓でのひとときが、黄金に輝く幸せな時間でありますように」と、三好先生の願いがこめられたサロンです。

*料理サロンのお問い合わせは、ホームページからどうぞ。
http://www.tabledor.net/service
{三好先生のお仕事&おもてなしから学びたい!}

*料理サロンのお問い合わせは、ホームページからどうぞ。

http://www.tabledor.net/service

(レシピ・調理 / 三好万記子(Table d’or)撮影 / レシピ:粂田佳子 取材・構成 / 吉田ゆう子)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ぷるぷる食感に大満足!お腹も満たされるヘルシーな生芋こんにゃくスムージーがお目見え!
Blank

グルメ  / 2018/09/27

ハーゲンダッツの王道クッキー&クリームが25周年!アニバーサリー味が期間限定で登場!?
Blank

グルメ  / 2017/03/26

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO パブロ」から 甘酸っぱ〜い♡いちごスイーツが新登場!
Blank

グルメ  / 2016/04/25