このエントリーをはてなブックマークに追加

8ec809efb113a1b173cb838ecb297eae
Blank

第7回全日本国民的美少女コンテストでマルチメディア賞を受賞し、歌手として、女優として芸能界で活躍。現在では、自身の新しい才能を開花させ「チョークアート」というジャンルに挑戦している松下萌子さんをインタビュー!自分の道を切り開いていく、松下さんの行動力に注目です!

第7回全日本国民的美少女コンテストでの受賞をきっかけに芸能活動をされていたというイメージなのですが、10代でこの世界に入ろうと思ったきっかけは?
松下 マルチメディア賞を受賞したのが14歳。小さい頃から歌が好きで、当時、歌手と女優を並行して活動されていたともさかりえさんや広末涼子さん、内田有紀さんに憧れていたんです。女優としての道を歩みつつ、歌ができたらいいなと思っていて。最初は自信がなかった歌も高校生活を通してダンスと歌のレッスンを重ねて18歳で歌手デビューしました。
10代でやりたいことが明確にあるというのもスゴイですね!
松下 子どもの頃から「きっと君は歌をやった方がいいんじゃないか」と周りの大人が背中を押してくれたことが大きかったと思います。私も周りの期待に応えたいと思い歌手を目指していました。今振り返ると、子どもだから自分では判断できなかったのかな。(笑)その時、与えられたことを素直に一生懸命頑張っていたような、周りが引いてくれたレールを一生懸命歩いているような感覚でした。でも、レールの上を歩いているだけじゃなく、そこには自分の意志もきちんとあって。レッスンを重ねるうちに「歌手になりたい!歌手しかやりたくない!」と10代の時は本気で思っていました。
松下さんは歌手だけではなく、女優としても活動されていましたよね?
松下 20歳を境に、やれることがもっとあるのに歌手だけに捕らわれてチャレンジしないのはもったいないと思うようになったことがあって。それからはお芝居やグラビアなど歌以外の分野にも自分から進んで挑戦するようになりました。可能性があるのなら、やれることはやりたいというマインドが自分の中に出てきて、20代後半でやっと自分が本当にやりたいことがまとまってきたなと思います。10代から芸能界に入り、自分は大人だと思いつつも、実は不安定でフワフワとした曖昧な感じがあって。自分がコレをやりたいんだ!このために生きていきたいと思うものができたのは20代後半でした。
不安定だったという状態はどのようにして乗り越えたのでしょうか?
松下 NY留学ですね。歌手としてのレベルを上げるため、16歳の時にNYでボイストレーニングやダンスのレッスンをしていたことがあったのですが、その時の経験がとても楽しくて!今でも忘れないくらい深く思い出に残っています。そのNYに久しぶりに訪れた時、もう一度ここで学びたいと思い、留学を決意しました。もちろんNYには一人も知人がいませんでしたので、周りの友人に相談をして、NY在住の知り合いを紹介してもらいました。会ったことのない人と待ち合わせをして、話を聞かせてもらったり。一つの出会いがまた新しい出会いに繋がり、今では100人以上NYに友達がいます。
もう一度学びたい!という想いでNY留学を実現してしまうその行動力は素晴らしいですね!やりたくてもできないという人もきっと沢山いるでしょうから…。
松下 NY留学は1年ほどでしたが、かなり濃い1年でした。 生きた英語の発音を学ぶためにブロードウェイへ足を運んだり、ミュージアムに行ってみたり。NYでは毎日外で過ごしていました。家でのんびり過ごすようなことは1日もありませんでしたね。(笑)時にはお芝居やミュージカルを演じる機会を頂くという貴重な経験もできて。国も文化も言葉も違う人達がいて、みんなそれぞれ自分のやりたいことを実現するために頑張っている、その姿は私にとって大きな刺激になりました。NYで学んだことや経験はもちろん大切。でも、それ以上に「おかえり」と言ってくれる人たちがいるということは本当に嬉しいし、留学してよかったと心から思えます。
10代の頃から芸能生活を続けていた松下さんにとって、まさに人生を変えた出来事ですね!
松下 NY留学は自分に足りない部分を学び直す場でした。今まで囲われていた輪の中から飛び出して勉強したいという気持ちでNYへ行きましたが、初めてのことで戸惑うことも…。学校や住む場所など自分で手配をしたのですが、今までは事務所や周りの方がやってくれていたことに改めて気付かされました。知らない土地で大変なこともありましたが、このNY留学をきっかけに自分の考え方が変わってきて。やりたい!という気持ちだけではダメだということ、計画を立てて行動することで、できないこはないんだと思うようになりましたし、全て自分で成し遂げたことが新しい自信に繋がりました。

与えられた居心地の良い環境から自らが動いて環境を変えることはなかなかできることではありません。でも、ちょっとした勇気を持つことで松下萌子さんのように新しい地で新しい自分を発見できることもあるんだ!ということをbimajin編集部も改めて気付かされました♪後編では現在、注目されているチョークアートとの出会いや今、松下さんが関心を持っていることなどをインタビュー。こちらもどうぞお楽しみに!

松下萌子:http://moecochalkart.com/

衣装 ROCHEL
ネックレス Art of inspiration
ヘア 松山佳史


Information①

春のボタニカルフラワーワークショップ

3月31日(金)午後5:30~6:30 ボタニカルキャンドルワークショップ
4月2日(日)午後1:00~2:00 アロマワックスサシェワークショップ
      午後4:00~5:00 ボタニカルキャンドルワークショップ
各回 定員5名 参加費 4320円
お申込み受付 3月24日~ 伊勢丹新宿店本館5階 リビングデコール
チョークアート、展示&販売
伊勢丹新宿店本館5階


Information②

30 周年記念大会
「第 15 回全日本国民的美少女コンテスト」エントリー受付中!

【応募期間】 2017年2月3日(金)〜5月2日(火)

【応募資格】 12〜20才までの21世紀のスターを目指す美少女※2017年8月8日現在
応募方法など詳細は、オスカープロモーション公式ホームページにてご確認下さい URL http://www.oscarpro.co.jp
本選大会は 2017年8月8日(火)
会場 グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミールにて開催!!


Writer: Izumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/29

得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/08

ミス・ワールド日本大会をきっかけに夢物語が実現! 中川知香さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/01