このエントリーをはてなブックマークに追加

5766997ee57a50d66d8f7e5181d590de
Blank

東京都港区青山。表参道口B2を青山通りから紀伊国屋をちょっと中へ入ると外壁はコンクリートに大きなウィンドウが見えてきた。一見美容サロンというよりは美容スペースと言った方がマッチするような印象の『NEWSHOTEL(ニュースホテル)

路上から地下にあるため普段青山を使わない女性にとってはヒールをコツコツならして下りていく階段からエントランスまでも、非日常気分を味わえるのではないでしょうか。

そんなちょっとハードルの高そうなエントランスから笑顔で迎えてくれたニュースホテルの店長、Director坂狩 トモタカさん。何でしょうか…この外観のイメージを外してくれる良いバランスのギャップ。

店内も広々していてとても落ちついた空間。

自分の飽きっぽい性格を知りながら飽きなかった仕事。だからやり続けた。

変に回りに合わせようとしないこのラフな人柄から
もともと、東京の方ですか?なんてベタな質問をしてしまいましたが…。

九州出身なんですよ。
代官山の美容室でアシスタントを経験してから5年前にこの店に入りました。サロンワークだけじゃなく撮影や様々な事に対して勝負かける場所ならここだと思って青山を選び、今店長とディレクターをやらさせてもらっています。

どうしてこの世界(美容業界)に入ったのですか?

都内の専門学校に通う前に地元で美容室のバイトをしていた時、気づいたんです。男として飽きない仕事、自分でビルドさせていく仕事が自分にあっているなと。厳しい中でも、それが楽しいに変えられたし当時はまだまだ飽きっぽい性格の自分が唯一飽きなかった事だったんですよね。
今はニュースホテルのトップとして自分だけの結果ではなく、店の環境の中でどんな存在じゃないといけないという目標やイメージの中でチームとしての目標を踏む為に、スタッフをどうそこへ持っていってあげられるのか、どうしたら目標や夢を叶えてあげられるのかに頭を使うようになりました。

取材中アシスタントさんが対応するお客様はキレイな大人女子オーラ香る女性客ばかり。世代で1番多いのは?

もちろんどんな世代でも対応できますが、うちはアラフォー世代が多く、大人サロンを意識して店作り、接客、技術を磨いています。やっぱり青山らしいスタイルを追求している女性のお客様が沢山いますのでそれ以上に自分たちが美意識を強く持って対応できて、常に情報を与えられるサロン、場所でいられるように勉強してます。

本当に綺麗な方が多いんですよ。とハニカミながら言う姿を見てこれは、坂狩ファンもいるのではと内心思ったが、心にそっとしまっておきました。

大人世代が多い中で、そのご主人、2世代で来てもらえる様な場所にできたら会話も広がりますし、そういう事が家族にとってもサロンにとってもコミニケーションの一環になればいいなと思っています。

NEWSHOTEL

人って集中しすぎると何も音が聞こえなくなるんですね。

20代の美容師が300人近く集まるセミナーで講師としてプレゼンをした坂狩さん。それは新たなステップアップだったと話してくれた姿は自分で経験した事やサロンワークの過程で考えていた事を発表し教えるという立場が今どんな自分を作り上げているのか、楽しんでいる様子でした。

当日は台本は作らず日々日常に考えている事がデーターで整理されたように言葉として出てきました。でもセミナーの一週間前くらいから自分の中を掘り下げて伝えたい熱い気持ちであったり昔は持っていたけど当たり前になってしまっている気持ちを一度整理して一旦頭の中で描きイメージしていく作業が自然とはじまっています。だからセミナーで話す事ができたんじゃないかな。

サラッと話しますが300人の前で話す事なんてなかなかない事ですし、緊張して頭真っ白になってしまいそう。

人が300人もいると人間に見えてこなくなるというか、伝える事に集中していたんでしょうね。不思議と緊張はなくてセミナーが終わった後も達成感とかホッとするより先に反省の気持ちの方が大きかったです。次はより良いセミナーをする為にはという事を日常の中でも考えるようになりました。なので次は決め込み過ぎずに日常で考えてる事を形にできたらと思ってます。

まさに、九州男児を感じた一瞬。
そして最近では4人の美容師で1つのフォトセッションブックを作ったんですよと持ってきてくれたのがこちら。(FA)

FA=フォトセッションのテーマは《新感覚》東京という都会の中で、新たな質感表現を模索するクリエイションに挑戦。表面的な質感に縛られることなく、表現の奥行きを追求。

NEWSHOTEL

ブックの最終ページ、撮影を終えた坂狩さんの一言。

フォトセッションは、スタッフ全員のセンスが相乗効果され、発揮される素晴らしい場だ。自分でどれだけイメージしていても良い意味で裏切られる。とても勉強になる撮影だった。

NEWSHOTEL

こういった事も含めて最終的にはマンパワーが立っていないと先に残れる様なサロンにはなれないと思っています。組織力も大切ですが青山には特に人の力が大切だと思ってます。人としてそれを高める為の努力を常にしてないといけない今はその過程を楽しめている状況です。

最近は特に青山という場所はぐるぐる変わりつつあり、東京の真ん中で老舗と最新店舗が混じりあいすごくバランスのいい街になってきていますよね。美容師の方って技術追求型と外に対して表現型、たまに個性強い型もあるとは思いますけどこの街に凄くフィットするようなバランス感覚を持っている気がします。

全てに対してバランスって凄く意識してるかもしれません。

そんな坂狩さんを漢字一文字で表わすと?

【磨】

磨く事を継続する事。自分自身を常に磨いていくことでお客様を磨いていけるとも思いますしスタッフへも。今後も続けていくであろうこと。それがある事で自分も成り立ててます。今の立場としてもそうですが自分の中にある不安要素を消す事って自分を磨く事でしかできないんですよ。以外に小心者なので。何かを始める時にすごく自分の中でしっかり情報を把握しておかないと思い通りのものにはならなかったりもしますし。今自分たちで撮ってるカメラ1つとってもそうですが、そのボタンが何なのかどうしたら綺麗に撮れるのか、知識をどんな事でも磨くっていうっていう事。そして一歩踏み出す。そうやってきた事の点と点が線になりながら自分の力になっていくと思うので。

取材の終わる頃には坂狩さんの担当するお客様がご来店された。
女性に対応する姿は”どこかラフなのに丁寧“だった。
ちょっと解りづらい表現ですがこの記事を読んで頂けたみなさまにはおわかり頂けるのではと思います。
大人女子のみなさま是非、青山のニュースホテルで
大人のわがままを伝えニュアンスを変えてみてはどうでしょうか?

NEWSHOTEL

SALONN INFO
NEWSHOTEL
NEWSHOTEL
電話番号 03-5469-7011
住所 〒107-0061
東京都港区北青山3-14-8
Gビル北青山01-B1
アクセス 東京メトロ半蔵門線「表参道」B2出口より徒歩5分
246渋谷方面 南青山5丁目の信号を右折
営業時間 平日 12:00〜21:30(受付最終 施術によって異なります)
土日祝日 10:00〜20:00
定休日 火曜日
年末年始・社内行事等はお休みをいただく場合有
店舗情報・HP http://www.newshotel.jp/index.html


大きな地図で見る


このエントリーをはてなブックマークに追加