このエントリーをはてなブックマークに追加

D4b50ed0b57b7c407b1f52966cb920c7
Blank

今週のB!Storyは先週に引き続き、オリジナルコルセット開発にも着手している美容ライターの元鈴木さん♪
前編では、いかにして女性からの圧倒的支持を受けるようになったのかや、コルセットとの出会いをお聞きし、後編では恋愛・結婚など、よりプライベートなことについてもお話していただきました。元鈴木さんが考え抜いた先に見つけた“答え”とは?

気取らないキャラクターかつ、はっきりとした姿勢に女性からの支持が熱いですが、その根本にはどのような意思や思いがあるのでしょうか。
元鈴木 若いうちに自分と向き合ってほしい。今の若い子はインターネットやSNSもあって、情報を得やすいし、今まで知りえなかった芸能人の生活の一部さえも知れますよね?それもあって、みんな自分の中の理想が高いため、すごくストイックに頑張ってる。頑張ることは素敵だし、褒められることだけど、あまりにもストイックに詰め込みすぎてるせいで“自分”を考える時間が取れてないんじゃないかなと。まるで「美容・おしゃれ・恋愛」の体育会系のようだなと。部活のことだけを考えて生きてきたような人は、部活以外の自分と向き合うことがないまま時が経ち、気づいたら部活しかなくなってることも多いです。一生懸命に走ってるけど、周りに踊らされて自分が何のために走ってるのかが分かってない人もいるんじゃないでしょうか。
自分自身が本当に必要としてる事を中心にして、あとはもっとゆるく生きたら他のことを考える余裕ができるはずなんです。 だから、私は常に「努力をしないための努力」をモットーにしているんです。
ADHDと公言していますが、公言したことで変わったことはありますか。また、仕事でそれが影響したことはありますか。
元鈴木 まず、公言すること自体に悩みました。悩みましたが、多少なりとも今の自分は誰かの役に立てる!と思い、公言に踏み切りました。ADHDに対する偏見はまだあって、ADHD患者はそのことで塞ぎ込んじゃう人も多いです。そういう人たちに笑ってもらえたり、共感してもらえたり、気楽になれたり、明るくなれるきっかけになれたらいいなと思ったのも大きいです。深刻になりすぎなくていいんです。
私は、やらなきゃいけないことが多いと同時進行はできないし、すぐ他の事に気を取られる。逆に好きなものへの集中力がすごい時もありますが、仕事だと良し悪しが極端です。
日常生活だと、鍋に火をかけたまま、急に庭にイチゴを植えに飛び出したりするので、夫が火を見てくれたりします(笑)夫のサポートにはいつも助かっています。
世の中の主流である「アラサーまでに結婚がマスト」という考えに一石を投じていますが、ご自身の恋愛観、そして数多くの男性の中から旦那様を選んだ決め手は何だったのでしょうか。
元鈴木 正直、私も最初はスペック重視でした(笑)周りが「ハイスペックの男性が一番!」というから、それがいいと思ってたんです。お金を持ってる方と出会う機会はあったし、交際したこともあるけど、お金を持ってるからというだけでその人を選べなかった。そのこともあって、「自分が本当はどんな人と付き合いたいか」を考えてみたんです。何が欲しかったのか、それは無条件の愛、つまり相手を認め、自分も認められること。当たり前のことかもしれませんが、私が恋愛に求めてたのはこれでした。自分が相手を値踏みすれば、相手からも値踏みされる。とってもシンプルなことなのに考えるまで分かってなかったの。考えたからこそ、愛し認めてくれて、相互に想い合える今の旦那さんと結婚できました。自分が相手に何を求めるかをきちんと考えてみるのは、本当に大事なことだったんです。
「コルセットダイエット」を通し、数々の女性に変化を提供していると思いますが、ご自身も自分主体で動いている今、なにか変化を感じることはあります。
元鈴木 偉い“なにか”にならないようになりました。大きく派手な看板だけ掲げても、中身がすかすかだったら何も意味がないです。私は多分一生出来た人間にはなれないから。だから私は、一女性の“元鈴木さん”でいたいんです。『遠い存在になった』ではなく、出来るだけ『近所のお姉さん』くらいの距離でいたい(笑)
もちろん使命感もあります。私が紹介してるコルセットの購入報告や美容法を実践してるという声を貰うたび、より一層安心安全なコルセットを作らなきゃいけないと。それが今の原動力です。
コルセットを自主開発、発売、その後はどのようなことがしたいなどはありますか。
元鈴木 若い女の子たちを雇いたいです。若くて優秀なのに切羽詰まっている子がすごく多いじゃないですか。そういう子たちにちゃんと利益を還元できる会社をつくりたいんです。どんなに綺麗ごとを言っても、何をするにもお金は必要。若くて稼げなかった頃の私は、「男性に養ってもらわなきゃいけない」「自分は男性に頼るしか道がない」と思い込んでました。実際そう考えてる子は少なくないですが、それってあまりにも悲しいじゃないですか。女性の自立支援とまで言ってしまうと堅苦しいですが、女性が自分で自分を幸せにするお手伝いができればいいなと思っています。
最後に一言お願いします。
元鈴木 読んでくれてありがとうございます!感想は様々だと思いますが、興味を持ってこのインタビューを読んでくれたことがすごく嬉しいです。暖かい意見、厳しい意見、日々もらう色々な意見そのものに感謝してます。そういった意見、気持ちを裏切らないコルセットを作りたいです。オリジナルコルセット、ぜひ楽しみにしていてください!
安くて、可愛くて、手が届く。そして、安全なものを必ず作ります!

自分に正直にまっすぐ生きる元鈴木さんの新たな魅力を発見できたインタビューでした。なぜ女性からの支持が熱いのか、きっとみなさんも感じたかと思います!オリジナルコルセットの開発・発売が待ち遠しいですね♪

Twitter:https://twitter.com/motosuzukisan
@cosme ビューティースペシャリスト:https://www.cosme.net/specialist/motosuzukisan
スタイルハウス記事一覧:https://stylehaus.jp/editors/41/

インタビュー、撮影:マドカ・ジャスミン


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/29

全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/22

得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/08