このエントリーをはてなブックマークに追加

7915f9f2d28ca6e0e7a8919dc63eb4bf
Blank

スラリと伸びた手足に手のひらに収まってしまう小さな顔。そしてキュッと上がった口角。今月のスペシャルインタビューはモデルから女優へと新しい道を歩み始めた田中道子さん。4週目のラストは「趣味編」です。

公式では音楽やテニス、スキューバダイビングが趣味・・・と、まさに「カッコイイ女」の雰囲気が漂っていますが、仕事編や恋愛編でも語ってくれたように実はSFやアクションが好きという意外な一面を持っている田中道子さん。
趣味編では一体どんな素顔を見せてくれるのでしょうか?

Q.休日やフリータイムはどんなことに夢中になっていますか?

田中:たくさんありますよ♪スポーツ、音楽、読書、映画・・・とにかく興味関心の幅が広いんです。特に3歳から習っているピアノは時間があればほぼ毎日触れていて。最近ですと宇多田ヒカルさんの楽曲や大ヒット映画「君の名は。」の主題歌を家にある電子ピアノでアレンジを加えて弾いています。
音を聞いて曲調を探りながらメロディをつかむ、そこに伴奏を入れていくのはちょっとパズルに近い面白さがあるかも。メジャーな音楽だけではなくて、自分の好きなゲーム音楽もよくピアノで弾いていますよ。

Q. ゲーム音楽ですか?クラシック音楽を弾いているイメージなのに・・・!

田中:音楽を始めたのはクラシックからです。ピアノの楽しさがわかりだした頃からゲーム音楽に興味を持ち始めて今ではすっかりハマってしまいました(笑)。日本のゲームはもちろん海外のゲームも大好きで、気になるゲーム音楽のコンサートやオーケストラがあれば足を運ぶこともあります。普段プレイしているゲームの音楽をコンサートで改めて聞くと本当にステキで!美しさと切なさが入り交じった生演奏にはもう感動するばかりです。

Q. よろしければ好きなゲーム作曲家をぜひ教えてください!

田中:日本人の作曲家でしたら崎元仁さん。「ファイナルファンタジータクティス」や「ファイナルファンタジー12」などを手掛けた方と言えば想像つきやすいかも。それから私の大好きなゲーム「クロノ・トリガー」のサウンドクリエーター、光田康典さん。どこか懐かしさが残る、切ないサウンドは一度聞いたら忘れられません!ゲーム音楽は歌詞がないから自由に想像できるところがいいですよね。気になった曲はエピソードまでとことん調べちゃいます。それに、そういう楽曲を弾いていると心が落ち着いてとても気持ちがいいんです。私にとってはリフレッシュ方法の一つですね!

Q. 音楽という1つのキーワードからクラシック、ポップ、ゲームまで。聞けば聞くほど、「趣味」の奥行きが広いですね!

田中:ゲームは音楽を聞いたり弾いたりするだけでなく、プレイヤーでもあります(笑)。「UNDERTALE(アンダーテール)」や「クロノ・トリガー」など基本はRPG派。お家で気軽にできるから一度ゲームをやりはじめたらつい集中してしまうことも…。時にはTVドラマを見ながら(聞きながら?)本を読みつつ、空いた手でゲームをしている、なんてムダに器用な自分がいます。とはいえ、どんなことだろうと一瞬でも心を打たれた時間があれば、それは意味のあることだと思うんです。そこから生まれるインスピレーションは今の私にとって学びでもあり、仕事にも深く影響を与えてくれているのかなと感じています。

一つの趣味に縛られず、自分の感覚を信じて新しい発見や気づきを得ている田中道子さん。ゲーム音楽などマニアックな趣味まで教えてくれましたが、ゲームといえば今や世界が認める日本を代表するサブカルチャーの一つ!
感性で物事の本質を見抜く力があるのでは!?と女優としての期待度を底上げしてくれるトーク満載のインタビューとなりました。

大好きなことを話すその姿は笑顔がステキな女の子。でも、ふとした瞬間に見せる表情は女優の顔!今後の活躍がますます楽しみです♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

Bimajin Special Intervew Vo.13 熊江琉唯【恋愛編】
Blank

Spesial interview / 2017/03/17

Bimajin Special Intervew Vo.13 熊江琉唯【仕事編】
Blank

Spesial interview / 2017/03/10

Bimajin Special Intervew Vo.12 西内ひろ【趣味編】
Blank

Spesial interview / 2017/02/24