このエントリーをはてなブックマークに追加

919798429d14dd2ccb95cfdd41f2c217
Blank

モデルやアーティスト、著名人が通うことでも
有名なアロマオイルマッサージ溶岩浴の「Olive Spa」。

都会にいながらリゾート気分を満喫できる店内とアロマの香りが漂う癒しの空間、そして思わず「ただいま」と言いたくなるようなお店作りを目指している人気のSpaです。深夜営業をしているので、時間を気にせず気軽に入れることからOLやビジネスマンのリピーターや愛用者が多いのも特徴♪
日本を始め、海外でも展開を広げているこの「Olive Spa」と、そこから派生したアメニティブランド「Beauty Macco」をBimajinコラムでフューチャー!
Beauty Maccoの代表取締役、岡村真紀子さんにお話をお聞きしました。

20131218magazine_trend_eyeVol07_01_02
●溶岩浴で一躍有名になったOlive Spaですが、
どんなことがきっかけでスタートしたのでしょうか?

私達、Olive Spaは2004年11月に広尾店からスタートし、東京・大阪・神奈川・福岡・茨城・グアムの現在全30店舗で展開しています。オーナーは飲食業など様々な事業に携わってきた実力経営者。バリに初めて行った際にSPAを受けて感動し、東京のビジネスマンに都内でこれまでになかったような発想で【リラクゼーション革命】を起こしたい!という想いのもとスタートしたのがきっかけです。
当初は広尾という立地柄、集客がなかなかできずチラシ配りなどで必死でした。そんな時に、溶岩浴を経営されているオーナーとの出会いで転機が訪れたことで劇的に状況が一変。ちょうど岩盤浴が流行っていたというのもあり、マッサージと岩盤浴を組み合わせたセットコースが大ヒットしたのです。富士山の溶岩盤から放出される遠赤外線効果により、芯から身体を温めて代謝を活発にし、体内の老廃物・毒素を排出するデトックス効果が話題となり、今では沢山の人に愛されているSpaとして認知されるようになりました。去年より、出張マッサージのトランスポートサービスもOPENし、新しい体制を整えつつもあります。

20131218magazine_trend_eyeVol07_02
●去年スタートしたトランスポートサービスとは?

実は、3月11日の東日本大震災がこのサービスをスタートするきっかけでした。震災直後で店舗が通常営業できない中、顧客様からマッサージをしてもらえないかというリクエストを頂いたのです。「今、自分達にできることを精一杯やろう」という気持ちで始めたサービスでしたが、多くの人達が不安を抱えている中で私達にできることは何かと考えた時に出てきたのは、一人でも多くの人達の不安を取り除いて癒してあげることと感じました。トランスポートサービスを取り入れた結果、思った以上の反響があり、嬉しい限りなのですが対応しきれていない状況でもあります。現在は都内のごく限られたエリアのみですが、顧客様からの要望も多く、2014年にはさらにエリア拡大を予定しています。

20131218magazine_trend_eyeVol07_03
●女性だけでなく、男性からも人気の「Spa」として知られていますが、その人気の秘密はどこにあるのでしょうか?

Olive Spaのスタッフはとってもフレンドリー。旅館のおかみさんをイメージしていて、「NEGOT」という5つの基本姿勢があります。

《N→猫背、E→笑顔、G→合唱、O→お辞儀、T→手を振る》

ホテルのようなフォーマルな接客ではなく、誰にでも親しみやすい「おかみ接客」を私達は目指しています。人が人を呼んでリピーターになってくださるという顧客様が多いのもOlive Spaの特徴です。施術に関しても、世界各国のマッサージを体験しているオーナー自らが企画・開発に関わり、誰もが必ず満足してもらえるようなトリートメントコースを何度も試行錯誤しながら1つのメニューを完成させます。
例えば、定番のアロマオイルマッサージは親指にしっかりと力を入れた強めのマッサージで研修を受けたセラピスト達の高レベルな手技は一度受けて頂くと実感してもらえるかと思います。ストレッチ要素を取り入れた《ヒーリングストレッチ》、ウェアを着用し、整体と指圧的要素を入れこんだ《マッスルドライケアディープマッサージ》などいくつかの要素を融合した新感覚メニューは男性・女性共に人気です。高いマッサージ技術ももちろん見て頂きたいところですが、ペントハウスでリゾート気分を満喫する、テレビを見ながら溶岩浴を楽しむなど、時間を忘れて自由に寛げるのも魅力の一つだと思います。

20131218magazine_trend_eyeVol07_04
●Olive Spaより販売スタートした新アメニティブランド「Beauty Macco」、
これはどのようなブランドなのでしょうか。

2012年にスタートしたブランドで、Olive Spaから派生した香りを楽しむプラスワン発想の新アメニティラインです。研究開発から製造、品質管理まで全て日本の会社・日本の工場で行っています。どの商品もOlive Spaが専門の調香師に依頼して様々な
天然精油をブレンドしていくのですが、
肌にやさしい香料を配合していますので安全性には特に気を付けた製品作りを目指しています。
発売当初は若い女性に人気のブランド「Choosy chu」の店頭にOlive Spaのオリジナルアメニティとして出していたのですが、購入者の反応がよかった為、デザインパッケージを全てリニューアルして本格的にブランドとしてはじめました。ブランドコンセプトは今、使っているアメニティを変えるのではなく、その日の気分によって変えてみようよ、という「ウワキなコスメ」というキャッチがついています。Olive Spaらしく天然成分をたっぷり入れて、香りにこだわりました。サイズはあえて小さめ。バスルームにいくつか並べられるようなサイズ感のものにしています。

20131218magazine_trend_eyeVol07_05
●このBeauty Maccoのラインナップにはどのようなものがありますか。

スキンケア、バスグッズ、ボディケア、アロマオイル、ギフトセット、そしてハーブティーを取り扱っています。中でもメンズラインが近年とても人気です。爽やかなシトラスマリンの香りは五感に刺激を与え、心も身体もスッキリとリフレッシュしてくれるメンズライン。爽快感を作り出すレモン果皮油は余分な脂肪を取り除き毛穴を引き締めてくれるので、ニキビなどの肌トラブルでお悩みの方にも使用頂けます。植物エキスの保湿効果で爽快感の中にも、潤いとみずみずしさが実感できるのでさっぱり系がお好みな女性の方にもオススメです。
Olive Spaにももちろん置いてあるので、実際に使ってみて使い心地が気に入り、そのままリピートして頂いている方が多いようです。

20131218magazine_trend_eyeVol07_06_01
●どれも目移りしてしまうくらい素敵なアイテムばかりですが、
どのアメニティがオススメなのでしょうか。

ボディソープやボディローションの香りが男性にも女性にもとても評判がよく、ちょっとしたプレゼントやギフトにと購入される方が多いです。
スタッフ一押しは、オリーブスパでも実際に使用されているアロマオイル。オリーブスパ常連の顧客様にも愛用者が多く、ペパーミント・ローズマリーが入っていて清涼感のある”OASIS”は男性リピーター率No1です。女性にはイランいらん・ベルガモット・ラベンダーが配合された”HARMONY”が好評ですね。自然を感じながら心のバランスを整えてくれる、日頃の疲れやストレスから心と身体を癒す時間を提供してくれるオイルです。

20131218magazine_trend_eyeVol07_07_01

都会にいながらも、非日常の温もりを体感できる「Olive Spa」と
ウワキなSPAコスメを提案する「Beauty Macco」、如何でしたでしょうか?
Olive Spaの体験レポートも近日コラムでご紹介するのでこちらもお楽しみに!

20131218magazine_trend_eyeVol07_08

20131015bimajin-trend-eye-line02-01

☆ Information☆
12月21日〜25日まで、Olive Spa “X masキャンペーン” 開催!
・ 溶岩浴60分+アロマトリートメント100分のコースがペアで35000円!!
・期間中、事前予約をされた方10%OFF♪(キャンペーンコースは対象外となります)

また、只今、KDDIのCMでオリーブスパ10000円券プレゼント企画も実施中なので
こちらもチェックしてみてください♪

株式会社Beauty Macco
東京都港区白金台5-4-7 BARBIZON25 5F
www.olivespa.co.jp
20131015bimajin-trend-eye-line02-01


Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

心に響く感動の旅を約束する星野リゾート 界 津軽(後編)
Blank

青森・弘前市を愉しむ

TREND EYE / 2019/07/22

心に響く感動の旅を約束する星野リゾート界 津軽(前編)
Blank

青森・弘前市を愉しむ

TREND EYE / 2019/07/17

温泉からねぶた祭まで青森を丸ごと楽しむ星野リゾート 青森屋(後編)
Blank

青森の歴史と文化を体験♪

TREND EYE / 2019/07/12