このエントリーをはてなブックマークに追加

2933d84b5542a474e2efa9cc9cc3b8e7
Blank

SHIBUYA TSUTAYAにて総合ランキングtop5になり、TBSの王様のブランチで紹介された書籍『自由人3.0』。人気アイドルグループの公式ガイドブックや有名モデルのファッションフォトブックなどが上位に並ぶ中、唯一自己啓発、経済系でランクインしたこの書籍は、2015年9月12日に第1刷発行し、2016年5月現在でもSHIBUYA TSUTAYAにて総合ランキングtop5というロングセラーになっています。

今回は書籍『自由人3.0』の著者である林田真一さんに、女性目線での経済学や生き方について詳しくうかがってきました。

プロフィール:林田真一

神奈川県川崎市で生まれ町田育ち、小学生で株を買い14歳で起業。名字が「林田」で、小学生の時から”リンダマン”と呼ばれる。1年365日『自由な生き方』をテーマに、収入増加をスキーム化し、”住所は地球” な生き方をする為、東京・沖縄・福岡・札幌等の自宅を転々としながら世界中を旅し続けるノマドな旅人。ロータリークラブに加入し、社会貢献活動にも力を入れ、2012年インドにて学校建設支援。次はカンボジアに学校建設する予定。書籍「自由人3.0」は発売して2週間で1万部を突破しベストセラーに。

TBS系列「王様のブランチ」でも取り上げられて、さらなるロングセラーとなりましたが、この本を書くことになったきっかけは?

僕の周りには自由になりたいと言うけれど、自由になれていない友達が多かったんです。自由という言葉には二つの意味があって、英語で言うなれば"Freedom"が自然発生的な自由で、"Liberty"というのが自分でつくりあげていく自由ですね。この本では、どちらからというとLiberty寄りの話を書かせていただきました。僕はたくさん世界を旅してきたのですが、世界を旅すると日本人ほど自由から遠い民族はいないということに気づかされますよ。

「自由」という言葉に対して、どこか違和感を感じられる方もいらっしゃるかと思うのですが、自由に生きるとは一体どのようなことなのでしょうか。

南の島に行ってのんびりするというのが自由だと思っている人も多いかもしれませんが、結局は"自分らしい生き方を選択することができる"というのが自由な生き方ですから。そういった点で見てみると、世界の人々は仕事を日本人ほどしていないですよね。日本人は、ワーカーホリックが多いといった印象です。なによりも、自分らしく生きるというのが大切じゃないでしょうか。明日誰と何をするかということを決められる決定権があるというか。

同じ状況にあっても現状を変えたいと思っている人もいれば、このままでいいと思っている人も多いと思います。人生をどんどん変化させたいと思う人たちと、そうではない人たちとの違いは?

その人が置かれている環境だと思います。環境は自分が選んでいるからセンスが必要だとも言えます。彼氏や、会社、時間の使い方などすべては自分が選んでいますから、環境設定は全て自分が行っています。

この本がロングセラーになっていった理由はなんだと思いますか?

「店頭で購入してくださったみなさんは"既成概念をぶっ飛ばせ"という帯に目がいくようなんです。既成概念といえば、まず、昔と比べて自由への概念が違ってきているということが言えると思います。20代の若い世代が昔のようにお金に興味がわかないことや、成功して権威を持つというよりも人の役に立ちたいと願っていたり、高級車のフェラーリよりもエコなプリウスを買いたいとか、20年30年前と比べるとバージョンが変わってきていると思いませんか?やりたいなとちょっと思うことは、大体すぐできてしまったりかなってしまったりしていますし、やりたいことがなくたって明日のご飯くらいは食べられて生きていくことは可能ですから。ボランティアに行きたがっている人が多いように、誰かの役にたって「ありがとう」と言われないと自分の存在価値を見出せないんですよね。

現代女性に必要な力、ものの見方というのはどのようなことだと思いますか?

女性はまず、日本はまだまだ女性に冷たい国だということに気がつけるといいですよね。これは世界に出ていってみて初めてわかることです。今まで女性の成功者は男性並みに体力と気力を使って働かなくてはならないというスタイルでした。日本では女性にある程度セクションを与えられて、肩書きはもらえても、実質的な決定権が女性本人にないということも多々あるようですし、男尊女卑や男女差別というのがまだまだ実在しています。でも、これからは女性性で成功していける人も増えると考えています。今の日本の現状は、世界的に見ると遅れていることでもありますし、資本主義でもなんでもなくなってしまいますから。これからは女性性のまま成功するという女性リーダーがどんどんでてきてほしいですよね。

今より一歩先で活躍していく女性リーダーになるためには具体的にどうしていったらいいでしょうか?

やはり、メンターが必要ですが、自分がどうなりたいかを決めておかないと、メンターは探せません。"こうなりたい"と思える、幸せに生きている人を探すことが大切ですよね。

書籍『自由人3.0』の著者 林田真一にきく 女性のための経済学【後編】はこちらから♪

INFO:林田真一 SNS情報

《リンダマンドットコム》
http://www.elindaman.com/

《Facebook》
https://www.facebook.com/lindaman37

《Twitter》
https://twitter.com/lindaman37

《メルマガ》
http://www.mag2.com/m/M0070937.html

《mixi》
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=59077953


Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ウェルフードが楽しめるimperfect表参道
Blank

表参道ヒルズにNEWカフェが誕生!

ライフスタイル / 2019/07/05

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(後編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/09

星野リゾート 界 アルプスで叶える、おいしい楽しい週末旅(前編)
Blank

信州の温泉宿で贅沢な田舎体験♪

ライフスタイル / 2019/03/08