このエントリーをはてなブックマークに追加

C942a93ea147bd2d3220e3a6e58000ff
Blank

突然ですが「母の日」がいつか、あなたはサラリと言えますか?実は筆者、この記事を書くにあたり、母の日がわかりませんでした。
毎年花屋やデパートの看板を見て思い出すこの薄めの記念日。今日はそんな母の日についての、イマドキ女子の傾向について調べました。

■ 母の日と父の日、特別なのはどっち?

ではさっそく調査結果をご紹介していきます。まずはこの「母の日」についての特別度はどの程度なのか。 「あなたは、母の日と父の日どちらをより意識していますか?」という質問には、「母の日(58.3%)」と、母圧勝! しかも悲しいことに、父と答えたのはたったの2%だったことがあきらかになりました。

やはり育児の主役となる母は強しというこの結果。あなたはどうですか?

■ プレゼント、ズバリ贈っている?

イマドキ女子の半数以上から愛されている母。続いてはそんな母の日のプレゼント事情を探っていきます。「あなたは、毎年母の日のプレゼントを贈っていますか?」という質問には、「毎年贈っている(48.7%)」と、これまた半数近くは毎年何かを行っていることが明らかになりました。

大人になると、両者との残り時間を感じて、イベント毎を楽しむようになるのかもしれませんね。

■ どんな物を贈りますか?

そんな色々ある母の日ですが、最後はプレゼントの中身についての結果をご紹介します。「もし、今年母の日にプレゼントを贈るとしたらどんなものを贈りますか?」という質問には、圧倒的に「食事に誘う(28.7% )」という結果になりました。

ちなみに高い「その他(20.3%)の項目の中身は、花とお菓子がほとんど。やはり消えモノ人気は安定感がありますね。

■ 母の日の由来、知っている?

ところで気付いたら祝っている母の日。この日の由来を知っていますか?
母の日の由来はアメリカにあるとされています。今から100年以上前、早くに母をなくしたアンナという少女が、母の命日を教会で「母の日」として祝ったそうです。それが5月の第2日曜日だったのが始まりでした。
そして母の日といえば定番なのがカーネーションですが、これはアンナが母の死を、母が大好きだったカーネーションで祝ったことに由来してるそうです。
ちなみにまだ存命の母には赤いカーネーション、亡くなってしまった母には白いカーネーションを贈るそうです。
知ると面白い話ですね。

ちなみに父の日はこのアンナの行為を見た父子家庭の男性が、父の日を作ったそうです。だから存在が薄いのか…それとも母は強しなのでしょうか。 母の日は今年、5月8日。さあ、今から少し考えてみませんか。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

【センパイ教えて!結婚3年以上の既婚女子に聞く「結婚のリアル」】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/09

【夏はもうすぐ!男子が夏の女子に思っているホンネ…】
Blank

イマドキリサーチ / 2016/06/02

浮気はバレなきゃOK?男子が考える浮気のリアル本音とは
Blank

イマドキリサーチ / 2016/05/25