このエントリーをはてなブックマークに追加

5fb7d47707816eb689f9c03434d4560e
Blank

1本でも花房にふくよかな丸みがあり、
色鮮やかで優雅な表情を楽しめる「アジサイ」。

切り花の世界においては国内外、常に人気が高いアジサイは、実は日本生まれの花。
京都に2010年にオープンした「あじさい専門店azur」の店内には、1年を通して世界各地・国内各地からさまざまな種類のアジサイが到着。美しく咲き誇っています。

色鮮やかでフォルムのモダンな輸入アジサイの切り花が常時10種類以上

店内にはアジサイの切り花が常時10種類以上、多いときはなんと20種類以上にもなるとか。自分好みのアジサイを求めて、遠方から足を運ぶファンが多いというのも納得です。

「アジサイの切り花は、一年中輸入のアジサイを多く扱っております」と、店長の平野さおりさん。1月~4月はニュージーランド産のアジサイ・1本\1,000~¥2,000位(税抜き)と、コロンビア産のアジサイ・1本¥1,000~¥2,000位(税抜き)が中心に。5月~12月はオランダ産のアジサイ・1本¥1,500~\3,000(税抜き)と、コロンビア産のアジサイが中心になるそう。
「1本でもギフトとして十分お使いいただけるように、花径が20cm以上のインパクトのあるものを多く仕入れるようにしています」(平野さん)。
色合い、形、どれ一つとっても同じものはないアジサイ。1本のアジサイを選ぶひとときは、スタッフにその花のもつ魅力を教えてもらったり、咲き誇るアジサイをゆっくりと眺められる、なんとも至福の時間です。嬉しいことに、切り花1本から全国発送が可能です。

20140522magazine_trend_eye_Vol27_02_03

人気の高い、オランダ産のアジサイ<切り花・参考価格>クラシックパープル1本¥2,100(税抜き)、クラシックブルー1本¥2,500(税抜き) *季節により価格は変動する場合があります。

アレンジメントや鉢植え可愛らしいグラスブーケまで最高の贈り花が選べます!

グリーンとの色合わせも艶やかなアジサイを引き立てる、生花のアレンジメントは、¥3,000~(税抜き)。こちらも全国発送が可能です。

20140522magazine_trend_eye_Vol27_04

みずみずしいアジサイのアレンジメント

また、切り花のほかには、国産の鉢植え1鉢¥1,500~¥15,000位(税抜き)も取扱いがあります。種類は、舞姫(絞り咲のアジサイ)、フェアリーシリーズ(変わり咲のアジサイ)、マジカルシリーズ(色変わりを楽しめるアジサイ)など、どれも1鉢¥5,000位(税抜き)からあります。

20140522magazine_trend_eye_Vol27_05_01

かわいらしいフェアリーキッス(フェアリーシリーズ)

気軽にアジサイを楽しみたい方には、グラスブーケ(グラス付きの小さなブーケ)をどうぞ。価格は、1個¥1,000(税抜き)。 こちらは「店頭にディスプレイした、グラスブーケの中からお客様にお好きなものを選んでいただいております」(平野さん)

20140522magazine_trend_eye_Vol27_06

初夏にぴったりなグラスブーケは、自分へのギフトにも!

20140522magazine_trend_eye_Vol27_07_01

気品を感じさせる舞姫

店内には生花だけでなく、プリザーブドフラワー¥2,000~(税抜き)や、ドライフラワー\1,500~(税抜き)、アートフラワー¥500~(税抜き)、リースなどもあります。店内にディスプレイされているので、選びやすい上にまるでギャラリーを訪れたようなわくわくとした気持ちになるのもこのお店ならではの魅力です。

20140522magazine_trend_eye_Vol27_08

日常生活の中でお花屋さんに立ち寄ることがあまり慣れていない・・・もっと、アジサイを楽しむには?どうしたらいいのでしょうか?アジサイはどんなシーンのギフトにおすすめなのでしょうか?店長の平野さおりさんに伺ってみました。

「お買い物帰りや会社帰りに、どうぞお気軽にお店にお立ち寄りください。小ぶりでかわいらしいもの、花房がぎゅっとつまったものなど・・いろいろご覧いただいて、お好みのアジサイを見つけていただけたら、うれしいです。お花がもっと身近に感じられると思います。
ギフトとしては、まずはご自分のために、いかがでしょうか? ご友人宅へのホームパーティやお世話になった方への贈り物にも、華やぎに満ちたアジサイはとても素敵なフラワーギフトだと思います」(平野さん)。

20140522magazine_trend_eye_Vol27_09_01

「フレッシュなアジサイであれば、最初は茎を長めでお楽しみください。日数がたちましたら少しずつ短くしていき、茎がなくなるくらいになったらお皿に水をはって浮かべると、美しさを最後の最後までお楽しみいただけます。また、せっかくなのでドライフラワーになる品種のものは、ドライフラワーまでお楽しみいただけたらと思います」(平野さん)。

アジサイの生け方・・・難しそうですが・・・
「こう生けなくてはという決まり事は、ありません。ご自分やアジサイをみてくださった方が喜んで下さり、おしゃべりが弾むように・・好きなように生けて楽しんでいただければ嬉しいです」(平野さん)。

bimajin-trend-eye-info-line01

20140522magazine_trend_eye_Vol27_info
■あじさい専門店azur■
京都府京都市中京区富小路通三条上ル中之町24-5
☎・FAX:075(222)8787
営業時間:11:00~19:00 不定休
web site:http://www.azur-kyoto.com

<アジサイの発送について>
「あじさい専門店azur」では、切り花1本から全国発送が可能です。商品代金とは別にアジサイ発送用の箱代¥500位(税抜き)と、ヤマト運輸の宅急便・発送料(地域により異なります)がかかります。くわしくは、お店にお問い合わせを。4月~9月の場合、発送に2日必要な地域への対応はしていません。

20131015bimajin-trend-eye-line02-01


このエントリーをはてなブックマークに追加