このエントリーをはてなブックマークに追加

B0e7e8586b3a5b0da917d35a5c225569
Blank

お洒落なブティックにカフェ、レストラン、
マンションが立ち並ぶ代官山。

「住んでみたい街」でも上位にランクインするこの人気エリアに「人・もの・コト」が交わる新しいスペース「M ROOM」を併設した「AMIW(アミウ)」「Banner Barrett(バナーバレット)」のFLAG SHIP SHOPが4月25日にオープン。

20140529magazine_trend_eye_Vol28_01

「イマ、着たい服」をテーマに2010年にデビューした「AMIW」とフェミニンをベースに時代を先取る新しいスタイルを提案する「Banner Barrett」のモノづくりをする上で、インスピレーション源として関わる人・もの・コトをセレクトした新感覚の空間です。

20140529magazine_trend_eye_Vol28_02

時にはギャラリーとして、時にはPOP UP SHOPとして変幻自在に機能する多目的スペース「M ROOM」ではからだや心が休まる”憩”の空間を演出。
グランドOPEN時は「made in japan」をコンセプトに国内の作家ものを中心としたライフスタイル雑貨をAMIWディレクターがセレクトしているそう。

店内には日本の伝統文化が織り成す、工芸品の品々は見ているだけで感性が刺激されるようなモノばかり。こだわりのmade in japanを少しばかりご紹介します。

Selection from M ROOM

20140529magazine_trend_eye_Vol28_03

Woodpecler(ウッドペッカー)

祖父の代から続く木地職人(みこし・仏壇の製造)の家系で育ったデザイナーが家具製作、神仏具製造の職を経て、2008年「木のある暮らしの心地よさ」をコンセプトにオリジナルの木製品ブランドを立ち上げたのが始まり。
長い年月、大地に根を張り光と風を受けて強く生きてきた木の生命力と温もりが一つ一つのモノから感じられます。
20140529magazine_trend_eye_Vol28_line03

20140529magazine_trend_eye_Vol28_04

鈴木盛久工房(すずきもりひさこうぼう)

創業1625年、南部鉄器を支えてきた約400年の歴史を持つ工房です。
現在でも旧南部藩卸用鋳物師として存在し(御用鋳物師は4家のみで現存しているのは弊社含め2家のみ)昔ながらの技法を受け継ぎ南部鉄器を作り続けています。現在の当主15代盛久は日本初の女性釜師「熊谷志衣子」さんです。
20140529magazine_trend_eye_Vol28_line03

20140529magazine_trend_eye_Vol28_05

ぎやまん陶

「ぎやまん」は、江戸時代から明治初めにかけて用いられたガラスを意味する外来語です。ガラスのような透明感ある質感と、漆器を思わせる深みのある風合いを「やきもの」で表現し「ぎやまん陶」と名づけられました。
ガラスと見間違えるほどの輝きをもち、盛り付けたときの料理がよりいっそう美しく映えます。現在ではフランスのDior本店でも取扱いがあります。

4月24日に行われたレセプションパーティーも大盛況!

グランドオープンの前日、一足お先にレセプションパーティーがお披露目されました。会場ではアーティスト・henlyworkが「AMIW」「Banner Barrett」、「M ROOM」の世界観をNULAの映像制作ユニットKUNT(nulac)とコラボレーションし音と映像で表現。3つの異なるブランドが生み出す新しい空間がゲストを盛り上げました。

20140529magazine_trend_eye_Vol28_06

FLAG SHIP SHOPが入っているAMIWとBanner Barrett
春夏新作アイテムにも注目。

20140529magazine_trend_eye_Vol28_07

AMIW

シンプルな中に大人っぽく、ツヤっぽく。
カットラインやディティール、素材にこだわり今を生きる女性たちに向けた自分らしく幸せにいられるための服を提案してくれます。
限定ドレスや先行販売など目移りするような素敵なアイテムを取り揃えています。

20140529magazine_trend_eye_Vol28_08

Banner Barrett

いつまでも遊び心を失わない、上質で品のある大人のリアルクローズ。
レース素材を使ったものからPlantプリントのアイテム、そして夏にピッタリのフレッシュカラーまで見ているだけで気持ちが上がるようなモノが勢揃い。
代官山店オープン記念のTシャツやスニーカーも要チェック!

今後も厳選された「人・モノ・コト」を提案していく場としてますます注目されそうなM ROOM。日常の忙しさから少し離れて、今まで見たり触れたりする機会がなかった、関わることがなかった、そんな新しい刺激に触れてみるのもいいのではないでしょうか。
自分らしく、自由な感性で楽しんでみてください。(text:©izumi)

bimajin-trend-eye-info-line01

M ROOM

〒150-0033
東京都渋谷区猿楽町11-1 ラフェンテ1F
TEL 03-6416-4767
http://m-room-gallery.tumblr.com

AMIW

http://www.amiw.jp

Banner Barrett

http://www.bannerbarrett.biz

20131015bimajin-trend-eye-line02-01


Writer: IzumiのアイコンIzumi

このエントリーをはてなブックマークに追加