このエントリーをはてなブックマークに追加

98459a86971c2718ed7e06f889f89a2f
Blank

この冬は、気の置けない仲間と一緒に、おうちで楽しくプチパーティはいかが。 WOONINさんがホームパーティで活かせる、オシャレなアイデアを伝授! 参考にして、今夜は早速Let’s have a Party!

撮影/田所瑞穂(一部除く)

【プロフィール】

フード&ライフスタイルクリエーター WOONINさん

ローフード教室「R.A.W.」主宰。雑誌や書籍でのレシピ考案やスタイリング、企業の商品開発など活躍の場を広げ、活動中。近著『ジャースムージー&サラダ』(主婦の友社)が好評発売中。

サイト::https://www.woonin.jp/
Instagram:woonin_lifestyle

 

スーパーフードのアドバイザーとして活躍する傍ら、オシャレなライフスタイルも注目を集めているWOONINさん。インスタグラムには、フードやドリンク、小物などを配置した、センスのよい写真がずらり!  「私が提案するライフスタイル全般のテーマは“エフォートレス・シック”。よく見せようと努力していないのにオシャレに見える・・・。パリやニューヨークなどで見かけるセンスのよいイメージです。今のストリートファッションもこのキーワードが流行していますよね! ただし、エフォートレスにはセンスが必要。一歩間違えると、だらしない、手を抜いている印象にもなりかねないんです」 そんなWOONINさんは、自宅にゲストを招いてのホームパーティもよく実施しているそう。そこで、“エフォートレス”なスタイリングのコツを伺った。 「あえてランダムに食材を並べる、食器をアシンメトリーに置いてみるなど、“法則づけない”ことだと思います。規則的にするとキッチリしすぎて、抜け感を出すことができません。コンビニで買ってきたお惣菜なども、“エフォートレス”なスタイリングひとつで、センスのよいパーティフードになりますよ!」  次からは、急なホームパーティでも、一人暮らしのお部屋でも、きっと素敵にスタイリングできるアイデアをご紹介!

ホームパーティのおもてなしの心得

特に自分の家にゲストを招くとき大切なのは、“おもてなし”の心。ゲストに居心地よい空間と時間を提供しよう!

□ 掃除・片付け

開催する部屋に掃除機をさっとかければ、それだけで家の空気が変わる。

□ 生花を飾る

フレッシュな花があると、それだけで歓迎されている感じが。大げさに飾らなくてもOK!

□ 分担を決める

事前にゲストと話し合い、お料理やドリンクがかぶらないように調整。この気遣いがパーティ成功の鍵!

【飾りつけ&コーディネイトTIPS】

“エフォートレス・シック”だから、頑張りすぎる必要は全くなし。ただランチョンや食器、小物などは100円ショップの安物を使わないで、ちょこっと自分らしいセンスを見せると◎!

【TIPS1】

メイソンジャーに 大輪の花を投げ入れて

まるでパリの花屋にあるみたいなオシャレで華やかなスタイリング! 茎を短めにカットしたチューリップやバラなどを、種類別にそれぞれジャーに活け、一番手前のジャーにリボンを結んだだけ。実はとっても簡単!

【TIPS2】

クロスやランチョンは カラーと素材を統一しよう

食卓のイメージを左右するクロスやランチョンマット。あまりケバケバしい色よりも、食べ物を美味しく引き立ててくれるようなナチュラルな色味、素材のものを選んで。そうやって揃えておけば、自然とテイストが統一され、パーティなどゲストが多くなった時もセンスのよいテーブルに!

【TIPS3】

重ねたり、プレート風に 使ったり…。
パーティには 白いお皿が一番使える!

いざというときの食器が、どれもバラバラで生活感を感じさせるものだとちょっと残念…。初心者ならオールマイティで使える、白いお皿を何枚か揃えておくのがオススメ。サイズは26センチくらいのものが使いやすく、大皿料理に、ゲストのめいめいのお皿にも便利。小さいお皿をのせるなど、重ね使いもしやすい。


Writer: suzuki

このエントリーをはてなブックマークに追加