このエントリーをはてなブックマークに追加

43c1fe88d6d9f6f2e6472c884d63afab
Blank

奄美大島といえば、暖かい南の島で独特のカルチャーがありそう、そんなイメージでしょうか。奄美で生まれ育ち、今もなお奄美にお住いの中孝介さんに、今回は奄美大島の風土や歴史についてお伺いしました。

今回はプライベート編ということで、わたしたちの知らない奄美の良さを教えていただきましょう♪

「奄美大島」という名前をこんなに知っている人たちは、今となっては多いですし嬉しいことですが、ここまでの道のりというのは長かったんだと思います。それでも、未だに「奄美のことはよくわからない」という人もまだまだたくさんいますけど。

奄美大島というと南の島だから沖縄のようなものだと思われている方もいますが、沖縄との一番の違いは景色ですね。沖縄だと平坦に大地が広がっていますが、奄美はそうではなくって、そういった点では台湾にすごく似ていると思います。奄美大島は山が深くて川や滝もありますし、屋久島にも似ていますね。

日本古来の景色がそこにあるというか。

沖縄はリゾート地もたくさんあります。奄美にも似たようなところはもちろんあって海とかビーチとかを見るとトロピカルの世界が広がっているように思いますけど、でもちょっと山に入るとジュラシックパークの世界観になる。(笑)すごく不思議ですよ、どちらの世界もあるので。

人の気質も違って、引っ込み思案な方が多いかもしれないです。あまり他人におしつけないんですよね。自分からはいかないけど、来てくれる人たちに対してはすごく嬉しくて色々と親切にしてくれます。

歴史的な背景も人の気質に関係していると思います。奄美はもともと琉球王朝でしたけど、そこから孤立してそのあと薩摩藩に支配されて苦しめられました。戦後はアメリカ領土になっていましたから、島の人たちが頑張って返還してもらったんです。返還時期は沖縄より早くて、返還されてからは鹿児島県としてなりましたが、もし沖縄県と一緒に返還されていたら奄美大島は沖縄県になっていたかもしれないですよね。

奄美の人々は鹿児島県民というより、マインド的には奄美県だと思っていると思います。でも、みんな地元に愛着があるとはいえ、奄美で生まれ育ってもだいたい高校を卒業すると島の外に出て行ってしまうんですよね。島には勉強する学校もあまりありませんし、働く場所も少ないですから。一度出た人たちはなかなか戻っては来ませんが、全国どこにいっても結束は感じますね。東京奄美会という会があったりして、2世3世たちは東京育ちだったりしますけど、奄美に誇りを持ってくれていると思います。

奄美の歴史はシマ唄を勉強しているうちに自然に知っていったんですよね。

中さん自らの故郷を想う気持ちが伝わってくる時間となりました。南のリゾートとはまた少し違う奄美大島に一度足を運んでみたいですよね♡本場でシマ唄に揺られながらゆっくり過ごすのもいいかもしれません♪

次回は、美声を保つためにしている方法を教えてもらいました【健康編】です♪

(撮影 五味茂雄 インタビュー 関亜紀子)

中孝介:プロフィール
鹿児島県奄美大島出身、在住のヴォーカリスト。 高校生の頃、同年代の女性がシマ唄を歌う姿に衝撃を受け独学でシマ唄を始める。 2006年3月1日EPIC RECORDS JAPANよりデビュー。 2015年10月に全国6ヵ所ツアーを開催。 11月11日には10月‐11月のNHKみんなのうた放送曲、「目をとじても」をリリース。 2016年3月1日に、デビュー10周年を迎える。 その声は、「地上で、もっとも優しい歌声」と称され、 日本国内だけでなく、中国~アジア全域でも活動の幅を広げている。

【中孝介公式HP】
http://www.atarikousuke.jp

Writer: セキアキ

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

Bimajin Special Intervew Vo.13 熊江琉唯【趣味編】
Blank

Spesial interview / 2017/03/31

Bimajin Special Intervew Vo.13 熊江琉唯【美容編】
Blank

Spesial interview / 2017/03/24

Bimajin Special Intervew Vo.13 熊江琉唯【恋愛編】
Blank

Spesial interview / 2017/03/17