このエントリーをはてなブックマークに追加

912ba7c987b12f0af575cff3808aacaa
Blank

年々温暖化の深刻さがニュースで報道されていますが、今年は台湾も私が移住して以来一番暖かい冬を迎えています。12月22日は冬至で冬真っ只中のこの日台湾では、湯圓(タンユエン)と呼ばれる白玉を、暖かいスープや、あずき、ピーナッツなんかと甘くデザートにしていただきます。日本だと、冬至はかぼちゃ食べて、柚子湯に浸りますよね。こんな感じです。

寒い冬至にはぴったりの風習で毎年楽しみの一つなのですが、今年は通年と違いました。 まったく寒くない!寒くないどころではなく暑いくらいです。オートバイに乗っている女の子がタンクトップ着ているくらいですから夏です。

寒さに弱い私には嬉しいのですが、さすがに冬至に夏模様だと地球が心配な今日この頃。台湾の四季の感覚が年々薄くなりつつあるのも少し残念です。とはいえ、クリスマスの時には街のイルミネーションも日本ほど町中が光り輝く!というほどではないのですが、施されていて、みるとほっこりします。こんなものも見つけ ましたよ!

はい。私です。イメージキャラクターを務めさせていただいているアミューズメント施設《大魯閣》の桃園にあるゴーカート場に行ってきました。

大魯閣 ゴーカート場

桃園市中正路1650號
(03) 316-0189

友達とやカップル、ファミリーと一緒に気軽にカートが楽しめちゃいます。ということで私も、スーツに着替えて体験してきました。初めての場合は、教室で20分間のゴーカート講座をうけます。先生が実際にカートとコースの絵図を用いながら注意事項、うまく走るコツなどを丁寧に教えてくれるので、初めての方でも、車の免許を持っていなくても安心して遊べます。授業を受けた後はさっそくカートの方へ降りてみました。前のレースを横から観察。みんなはやいー! なんだかドキドキしてきました。刻一刻と順番が回ってくるまでの時間、前室でスタンバイ。

黒いマスクをつけて準備万端。なかなかきまっているでしょ!? 授業で習った通りに座席を踏んで、その他、熱くなったエンジンなんかを踏まないように気をつけながら車に乗り込みます。座りの位置が低くてほとんど地面の上!ひえーちょっとこわいです!白い方が馬力が早いそうで、いったん乗ってみたのですが、やはり初心者らしく初心者用の赤いカートに乗り換えてレディーゴー!

走り出しは緊張してアクセルを恐々踏んで進み始めました。そしたら後ろからすごいスピードで隣をかけて行く他の車たち。みんなは、は、はやいです!!私も負けてられないと恐々アクセルを踏む足に力をこめます。直線コースで思いっきりアクセルを踏んだら、なんだか焼肉の匂いがしましたー!ひえー燃えちゃう。。とブレーキに力が入ったりもしましたが、なんとか最後まで走りぬくことができました。まだまだ曲がり道でのアクセルとブレーキの使い方がうまくないけど、何周か回るうちにだんだんとコツをつかんで楽しくなってきました!なにより、急なカーブを曲がる時の体が浮く感じがなんとも言えなく刺激的!ほどよくいい汗もかいて、運動後の爽快感も感じられます。カートスポーツというと男子のスポーツというイメージが強いです、女性の選手も中に履いて、レーススーツに身をつつむ紅一点の姿はなかなかかっこいいでと思いませんか?練習の時は、パンツスタイルで、ハイヒールなど以外の運動できる靴であればOKですよ! 夜も遅くまでやっているので、仕事帰りでも行けるのが嬉しい。私もはまって通ってしまいそうです。台湾に遊びに来た時にぜひいかがでしょうか〜!

こちらの人気記事もチェック♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20