このエントリーをはてなブックマークに追加

8bd0973ef3af1e29a460902cb59370a6
Blank

1997年に結成以来、シベリウス・アカデミーを拠点に結成されたフィンランドの男女6人組アカペラグループ「RAJATON(ラヤトン)」。8つのゴールド・ディスクを獲得し、アメリカのCASA(Contemporary A Cappella Society America)主催のBest Recording Awardsでは2007年にリリースしたアルバム「Maa」が最優秀フォークソング賞/最優秀フォークアルバム賞をダブル受賞し今や世界中を飛び回るアカペラ界のカリスマ的存在・・・!そんな彼らが待望の来日!ユッシ・キューデニウスさん(バス)、エッシ・ヴゥオレラさん(ソプラノ)、ヴィルピ・モスカリさん(ソプラノ)の3名をbimajin編集部が直撃インタビューさせて頂きました♪

RAJATON(ラヤトン)という言葉はフィンランド語で「無限の、限りない」を意味すると聞いていますが、この名前を選んだ理由は?

ユッシ このグループ名を決めた時、実はけっこう苦労したんだ。「ラヤトン」という響きが良いなと思い名付けたんだけど。でもその根本には僕たちがなんでもできること、やりたいと思ったことに対して常にチャレンジしていこうとする姿勢を表していて、その許可を自分達に与えてくれたのかなと今改めて感じているよ。 幸運にも世界中で僕らの歌が認めてもらえた。僕たちは限りなく挑戦し続けていて、そこでの成功が音楽と人を繋げていることを誇りに思うんだ。だからこそ今、この名前の意味に自分達がやっと追いついてきたと実感しているよ。

11月4日にリリースされた「北欧の森の物語」を引き下げての日本での来日公演となりましたが、コンサートでのファンの反応はいかがでしたか?

全員 (笑顔で)Great!!

ユッシ 日本に初めて来たのがちょうど10年前。今回で4回目になるよ。日本に来る度にファンも関係者も皆とてもよくしてくれるから今回の来日も楽しみだったよ。コンサート会場もとっても素敵だしね。僕たちのアルバムが日本の店頭に並んでいるのを見るととてもありがたく思うよ。

ヴィルピ 日本のファンは静かに、じっくりと聞いてくれるの。フィンランド人もライブを思いっきり叫んで盛り上がる方ではないから歌っている側も心地いいわ。でもテンポのいいポップソングの時はクラップ(手拍子)を入れて盛り上がってくれてとても楽しかったわ!それに曲の間で私たちが話す英語のトークも理解してくれる人が沢山いて・・・。誰がこの曲を書いて誰がアレンジしたなど歌詞の裏話をしたのだけど皆よい反応だったわ!足を運んでくれたファンの顔が見えるってステキよね。目には見えないパーソナルな繋がりがトークの中で伝えられるんだもの。それにコンサート終わりのサイン会では沢山の人がきてくれたの。これは嬉しかったわ。

エッシ ヴィルピが言うとおり、日本のファンはとってもセンシティブで愛情深い人たちばかり。フィンランドの人たちと音楽を聞くスタイルが少し似ているところがあるから安心感があるわ。反対にすごくクレイジーな盛り上がり方をしてくれた国があって、初めはすごくビックリしたこともあったの。今は慣れたけどね(笑)。今回のツアーはクリスマス曲も歌うのでトークではフィンランドの伝統的なクリスマスについて話したりしたわ。中でもライブ中に驚いたのがフィンランド語の歌を一緒に口ずさんでくれた女性がいたこと!ステージ上からもしっかり見えるのよ。

「ラヤトン」の歌声と言えば優しくて暖かみのあるウィスパーボイスが印象的ですが、なぜあんなに美しくハモることができるのでしょうか?美しく歌う秘訣を教えてください。

ユッシ たしかに僕たちの音はソフトだよね。でもその音の出し方にはいろいろあるんだ。ポイントは心地良いと感じるゾーンをどうパフォーマンスするかということ。時には静かな心地よい音だけではなくて、ラウドな音やポップスの音を取り入れてビッグチャレンジをすることもあるよ。自分達の気分や感情をもっと幅広くアカペラで表現していきたいね。

ヴィルピ 私たちメンバーはそれぞれ個人の合唱歴が長いの。歌を作る時、それぞれがアイディアを出すのだけど、歌詞はとても重要ね。時にはネガティブなことを歌う時もあるのよ。どんな物語を歌っているのかを歌に反映させたいから歌詞に合わせた歌い方をすることもあるわ。北欧的な部分を自分達の響きとして出していきたいとも考えているから日本や他の国のアカペラとは少し違ったニュアンスがあるかもしれないわね。

少々緊張気味(!?)のbimajin編集部に笑顔で次々に質問に応えてくれたおかげで笑いが絶えないインタビューとなりました♪前編ではラヤトンの音楽についてフィーチャーしましたが、後編では北欧のライフスタイルについておもいっきり質問!今、日本でも大人気の北欧スタイルをフィンランド出身の彼らからお話をじっくりと聞いてしまいました♡ラヤトンが今、気になるファッションブランドや好きなデザイナーって?北欧の人たちってクリスマスはどう過ごすの?−20度の極寒の中、どうやって寒さ対策しているの?などなど気になる北欧ライフをお届けします♪

Information

最新アルバム「北欧の森の物語(NORDIC FOREST STORIES)」大好評発売中♪
・iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/id1051169776?app=itunes&ls=1
・VICTOR STUDIO HD-Music.: http://hd-music.info/album.cgi/7649
・mora: http://mora.jp/package/43000005/VIZC-19_F
・e-onkyo music: http://www.e-onkyo.com/music/album/veahd11049

■Official HP
http://www.rajaton.net
■ビクターエンタテインメント・アーティストHP
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A025266.html
■ハーモニーフィールズHP(コンサート主催)
http://www.harmony-fields.com/a-rajaton/index.html

こちらの人気記事もチェック♪


Writer: Izumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

チョークアートからキャンドルアートまで、新しい才能を発信! 松下萌子さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/29

全日本国民的美少女コンテスト出身、世界へ羽ばたくチョークアーティスト 松下萌子さん【前編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/22

得意の料理で体調管理と体型維持しています 中川知香さん【後編】
Blank

Bimajin Story / 2017/03/08