このエントリーをはてなブックマークに追加

D7aa704632b05bab5e995b47414755fa
Blank

台湾で毎年10月に行われる一大イベントといえば、金鐘獎(ゴールデンベルアワード)。
台湾のエミー賞にあたるイベントで、毎年テレビの番組、ドラマ、出演者、スタッフさんに至るまで数々の賞が与えられる授賞式です。毎年、レッドカーペットから授賞式に渡るまでの様子が6時間以上にも渡ってテレビで生放送されます。台湾の人気女優、俳優、タレントがとても華やかなドレスにタキシードで登場する年に一度の祭典は、数多くのメディアが注目!
2013年には、私も「愛情替声」というドラマで助演女優賞にノミネートされ、生まれて初めてのレッドカーペットを歩かせていただきました。そして、授賞式では名前をよばれ、最優秀助演女優賞を受賞させていただきました。金鐘獎、私にとっては本当に大きな転機にもあたるような思い入れのある大イベントなのです。

2013年金鐘獎の記事はこちら→前編 http://bimajin.jp/article_page/228
                後編 http://bimajin.jp/article_page/227

2015年の今年は金鐘獎50周年ということもあって、今まで歴代の女優賞、男優賞を受賞した人たちも招待されるということで、私もご招待をうけました。2013年にノミネートされた時を電話で報告受けた時は、もう信じられなくてなにがなんだかわからなくなるほど取り乱し、近くにいた友達を抱きしめて泣いたりしました。今年は、ゲストとしてご招待されたということで、とても光栄な気持ちです。

とはいえ、とても華やかで台湾中のみんなが注目しているレッドカーペットでのドレスは何を着よう!? とすぐドレスのことが頭にうかびました。自分が賞にノミネートされた時は、生まれて初めて歩くレッドカーペットということで、たくさんの素敵なドレスを数々試着しました。 でも、私はその時人生で一番くらい痩せてしまっていたので、着るドレス、着るドレス全てが大きめ。。。結局、スタイリストさんにデザインしていただいて自分のサイズにぴったり合うマーメイドタイプのドレスをオーダーメイドしました。しかし、今回は自分が主役というわけではないので、華やかで上品だけれど、慎ましやかなものがいいなぁと思っていました。そうして選んだブランドが台湾のデザイナー王怡人の《Crystal Wang》です。シンプルでレディーすぎないちょっと中性的なデザインが私のツボなのです。普段使いもできそうなカジュアルなワンピースから、パーティーOKなエレガンントなものまであります。台湾にいると、ついつい楽チンなスタイルが多くなってしまうけど、東京で生活している30代女子が着たくなるようなスタイルだなぁと思いますよ。

CRYSTAL WANG STUDIO / FLAGSTORE

Store Address:台北市敦化南路1段236巷9號

台北東区にあるショップでさっそく、2015年秋冬コレクションを試着。

中でもシンプルな白か黒に決めました。 髪も長さがボブなので、もっと襟足をすっきりさせようかと。 そうして当日、レッドカーペットの様子がこちら。

最後には黒のロングドレスにしました。

シンプルなデザインだけど、胸元がシースルーになっていてセクシーなんですよ。 フラッシュやライトに照らされるとよくわかるけど、そうじゃないと透けているように見えない 控えめさも好き。

今回レッドカーペットを歩くのは2度め。

初めての時は、高いヒールの靴履いて転ばないか心配だったり、緊張していたけど、 2回めの今年は、ゲストということもあって、リラックスして楽しめました。 今度はまた、作品を引っさげてノミネート者としてこの場所を歩きたいと強く思いました。 あらためて仕事を頑張るエネルギーをもらえたような気がします。

授賞式に戻る前、同じ事務所のファンルーちゃんとばったり。

好きな俳優さんも受賞されたり、役者友達や一緒に仕事したことのあるスタッフさんたちも たくさんあえて、とても楽しいセレモニーでした。

こちらの人気記事もチェック♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20