このエントリーをはてなブックマークに追加

C2dea2afedbbc48cd3587d9c651f1b5b
Blank

セレブたちがこぞって食べている“スーパーフード”ってなに?なんて思っている人も多いですよね。英語圏では「栄養価が高く、健康に有効な食品」を意味するといわれています。日本でも、もうすっかり定着してきている“スーパーフード”。一体どんなものがあって、どんな効果があって、どんな食べ方をするのか、まだ知らない方は必見です♫

“スパーフード”ってなに?

1980年頃、アメリカやカナダで食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を多く含む食品に対して「スーパーフード」と呼ぶようになったといわれています。その後一般的に広まったのは、アメリカの医師スティーブン・プラットの著書「スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品」やデイヴィッド・ウォルフの著書「スーパーフード」がバイブルとされた2006年頃からになります。
「スーパーフード」は、はっきりとした特定の食品を定義したものではありません。 一般の食品よりもミネラルやアミノ酸などの必須栄養素を多く含む食品ということ。美や健康のためには、今や欠かすことのできないものとして注目を浴びているのが「スーパーフード」です。

いわずと知れた人気!ファン増加中の「チアシード」

「古代アラスカの知恵と力の種」として親しまれ、南米ではとってもポピュラーなスーパーフード。小さな種子ですが、水に浸けておくと10倍ほどに膨らみ、ジェル状になります。 良質なたんぱく質とアミノ酸が豊富で、体内ではつくることができないαリノレン酸も多く含まれています。おなかの中で膨らみ、満腹感を得られるのでダイエットには最適♪食物繊維も豊富で便秘解消による美肌効果も期待ができます♡ドリンクやスムージーに入れて飲むのがオススメ!

今や定番♡ 朝食にもGOOD!な「アサイー」

日本ではすっかり人気が定着したスーパーフードの“アサイー”。果実にたっぷりと含まれるポリフェノールは、眼精疲労などの目の健康に良いとされ、その効果はブルーベリーや赤ワインの約30倍!また、抗酸化作用があり、体内の活性酸素の発生をおさえ、老化を予防するといわれています。美肌やアンチエイジングにピッタリのスーパーフードですね。さらに、カルシウムが牛乳の2倍、ビタミンEがかぼちゃの2倍、食物繊維がごぼうの3倍、鉄分がほうれん草の4倍と、栄養がギュッとつまっています。最近では日本でもアサイーボウルのカフェが増え、アサイー入りのドリンクなどもたくさん市販されているので、手軽に摂ることができます♪

栄養素がたくさん!なのに低カロリー♡「キヌア」

雑穀としてたんぱく質がとっても豊富!それだけでなく、はビタミン、ミネラルをバランス良く含みます。たんぱく質は玄米の2倍、鉄分とカルシウムは10倍、食物繊維も豊富で低カロリーといいことづくしのスーパーフード!キヌアはグルテンを含まないので、グルテンフリーを好むアメリカでは小麦粉の代わりとして人気が高いです。加熱するともちもちした食感になり、白米と混ぜて炊いたり、茹でたキヌアはドレシングに混ぜたり、デザートに入れると摂取しやすく、オススメです♫

女性のお悩みの強い味方♫「マカ」

男性のサプリメントのイメージが強い“マカ”ですが、実は女性の強い味方なんです!鉄分とカルシウムが多く含まれ、ホルモンバランスを整えたり、生理不順や冷え性にもよいなど、女性のお悩みにレスキューフードでもあります。不妊治療の研究にも使用されているほどだとか。そんな理由から、アメリカでは女性たちに大人気のスーパーフードです。ドリンクに入れるのはもちろんのこと、加熱もOKなので煮込み料理などに入れて摂るのもオススメです♫

スーパーフードの王様!緑黄色野菜不足には「スピルリナ」

スピルリナは地球上に出現した最古の植物といわれる藻の一種で、なんと30億年前に誕生!まさに神的な“スーパーフード”です。日本ではまだあまりなじみがないですが、アメリカではスムージーに必ず入っている、スーパーフードの代表です。たんぱく質の含有量が55〜70%で、肉や魚、卵などの高たんぱく質よりさらに高く、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養成分もしっかり含まれています。また、βカロテン、鉄分も多く含み、その量は緑黄色野菜の約数十倍ともいわれています。パウダー状で市販されているので、ドリンクや料理に簡単に使うことができます♫

スーパーフードも色々なものがあり、味や感触もさまざまです。いくら美と健康のためといっても、いやいや続けるのはツライもの…。食べていて美味しいと感じたり、楽しいと感じる、自分に合ったスーパーフードをチョイスして、いつもの食事にプラスしてみてくださいね♪

こちらの記事もチェック♪

Bimajin人気記事はこちらから⭐︎


Writer: Izumi

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

人気の最新ダイエット事情をまとめてチェック!(後編)
Blank

水着やノースリーブを着こなしたい!

ビューティー / 2019/06/06

女性の悩み「冷え」を何とかしたい!内側から体質改善を目指す方法とは?
Blank

ビューティー / 2018/10/19