このエントリーをはてなブックマークに追加

Bbf3ec7e589edf0328d76e9bf2c49a9b
Blank

先日台湾に移住後初めて、日本のテレビドラマに出演しました。そのドラマとはテレビ東京で深夜に人気のあのドラマ《孤独のグルメ》です。もう放送は終わったのですが、みてくれた方いますでしょうか?台湾でも、日本チャンネルで放送している人気のドラマなので、出演が決まった時はとても嬉しかったです。私の役はというと台湾の宜蘭(イーラン)という田舎街に留学している女の子、貴子です。松重豊さん演じる主人公の五郎さんのクライアントである竜雷太さん演じる貴子の祖父が、荷物を貴子に渡してほしいと頼んで、五郎さんが貴子を訪ねて宜蘭までやってくるというお話でした。

ということで、台北の市政府駅のバスターミナルから高速バスに揺られること1時間ちょっとのところにある宜蘭にいってきました。撮影日の前日に前乗りして、スタッフや役者のみなさんと合流しての晩御飯。日本のスタッフのみなさんと台湾でお仕事するのは毎回背筋がピンッとするような感じがして最初はちょっと緊張するのですが、みなさんにとっては海外での撮影ということもあって、ご飯の時もみなさん楽しそうにテーブルを囲んで、台湾の食事を楽しんでとても和やかなムード。おかげで、私もそんな雰囲気にすぐ溶け込ませてもらうことができました。

宜蘭エリアを代表する温泉地である礁渓(ジャオシー)という場所に泊まっていたのですが、さすが温泉地だということもあって、ホテルの部屋のお風呂にも温泉が使われていてほかほか温まることができました。そして撮影当日、私の出番は午後からだったので、朝起きて、宜蘭 礁渓探索に行ってきました。前日は夜に到着してお天気も悪かったのであまり気づかなかったのですが、ホテルをでてちょっと歩くともう何十件も温泉宿が立ち並んでいます。お土産屋さんも多く連なっていたり、観光地の雰囲気です。土曜日だったので、家族連れの人達もたくさん遊びに来ていました。宜蘭といえば三星葱(サンシンツォン)という葱が有名で知られているのですが、 道端でもその葱が売られていました。

確かに大きくて立派な葱。

葱好きなのでちょっと買って帰りたい衝動にかられましたが、ドラマ撮影もまだ終わってないし遊びに来たんじゃないんだからと自分を戒める私。そうはいうものの、面白そうな看板をみつけて近くにかけよってみました。そこにかかれていたのは、《温泉魚》の文字。温泉卵とか温泉まんじゅうはきいたことあるけど、温泉魚ってなに?なんだかちょっと食べるのは怖いなぁなんて思っていたら。。。そこには小さなプール状の水溜りに足をつけている人々。足湯が楽しめるのかな?と思ってそこを覗いてみると、その中にはたくさんの小魚が泳いでます!小さな小魚から掌サイズくらいの大きさまでいろんな魚がブースごとに分けて泳いでいます。

日本でいうところのドクターフィッシュですね!

みなさんやったことありますか?足の角質を食べてくれるというのですが、初めてなのでちょっとドキドキです。でも、やってる人達は小さい子供ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまでみんななんだか楽しそうです。ということで、私も宜蘭に来た記念に《温泉魚》ことドクターフィッシュをやってみることにしました。受付の人に80元(320円くらい)を払うと使い捨てのタオルをくれます。それでもう好きなところに足を入れていいとのこと。すぐ近くの中位の魚のところに足を入れてみたのですが、魚がすごい数集まってきてそのあまりに元気な光景に圧倒してしまって、そこのブースは断念。やっぱり初心者は初心者らしく一番小さな魚のところに挑戦。足を入れると瞬く間に魚達が集まってきて足の角質をパクパク食べられます。その感触が最初はこしょばいのなんのってたまらず一人大声をあげてしまいました。隣に座っていた幼稚園ぐらいの姉妹はもう角質食べられ切っちゃったのか、もともと角質があんまりないのか、魚もあまり見向きもしない感じでおとなしく水に足を入れていました。その横で「きゃー」とか「うわー」とかぎゃーぎゃー騒いでいる私。角質が相当あるのか魚もなかなかずっと食べ続けています。そうしてやっと慣れておちついたころがこんな感じです。
店員さんに「なれたら魚のサイズを大きくしていってね」と言われて次に大きなサイズに。

そしたらまた最初と同じくらい食いつかれるし、感触も小さいサイズのものよりこしょばくてまたぎゃーぎゃー繰り返していました。でも、慣れるとその魚の感触も気持ち良く、ちょっとリラックス癒し効果もありそうです。

そうして30分くらい温泉魚を楽しんだところで、足をタオルで拭いてさわってみると。。

足の角質が本当になくなって足の皮膚が柔らかくなっていました!楽しいし、角質もとれて綺麗になるし一石二鳥な温泉魚、おもしろかったです!と宜蘭を満喫したところで、ホテルに戻って撮影の準備をし、移動して撮影開始。

順調に撮影を終えて充実の宜蘭旅になりました。

Bimajinコチラの記事もチェック♡︎


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20