このエントリーをはてなブックマークに追加

Ce251d8b470a62d1e5cc9b280cd64631
Blank

10月20日(火)青山セントグレース大聖堂にて、あなたの⼤切な⼈とのエピソードがショートフィルムになる SABON Gift Short Film Project プレス発表会が行われました。世界のフィルムの総合ブランドShortShortsからは代表を務める別所哲也氏、SABON japan からは代表取締役社長黒岩和宏氏、SABONのかなりの愛用者であるモデルのSHIHOさんが登場。

発表会の幕開けは、贈り物というところに着目して創られたShort Film。会場が暗くなるとShort filmがスタート。優しい音楽とともに進んでいくほんの数分の物語の中に、その主人公の人生そのものが詰まっているかのようで、会場の空気が温かくつつみこまれるような演出でした。
また今回、ShortShortsとコラボレーション企画を果たした、イスラエル初のコスメブランドSABONでは“私たちがつくり出す商品は、愛から生まれた芸術品である”ということを大切にし、創業から作り続けてきました。

ギフトをあげる時に大切にしていることは何ですか?

別所:ギフトを決める時にかけた時間。大切な人にプレゼントする際の想い。それが何よりも一番大切ですよね。

SHIHO:そうですよね。それで更に相手が喜んでくれると、倍以上に嬉しいですよね!!

では想いもそうですし、素敵なプレゼントも嬉しいですが、一番理想のシチュエーションなどありますか?

SHIHO:何でもない日に、不意に花とかもらえちゃったら、もう最高です!!笑

別所:でもそれが男は恥ずかしくて、なかなか出来ないんですよねー。笑

SHIHO:でも!それも頑張ってやってくれたら、本当に嬉しいんですよーっ!

別所:何かあったのって逆に聞かれそうだなー。笑 でもそうやってプレゼントを考えたりとかっていう、毎日のゆとりが本当大切ですよね。

実際の映画でプレゼントを渡すシーン等がありますが、なにか思い入れのあるシーン等ありますか?

SHIHO:わたしはセックス・アンド・ザ・シティのエイダがひざまずいて指輪を渡すシーン。皆さんは覚えていますか?あのシーンは色んな女性が憧れるシチュエーションですよね。

別所:そうなんですね!まあ、お姫様抱っことかいろいろありますしね。

映画のように様々な心に残るシーンはありますが“こういった大切な時間が彩られるようなそういう商品を創り続けたい”という想いがSABONのフィロソフィー。
ステージ上では「人生はチョコレートの箱のようなものだ。開けてみるまで分からない」という有名なエピソードにそって、この名言を使ってSHIHOさんにプレゼントを渡してください。
と言う無茶ぶりにも、照れながらも応える別所さん。

するとゆっくりとSHIHOさんの前に片足をつき、優しく微笑みながら、じっとSHIHOさんの顔を見つめ、「人生は、君が主人公のショートフィルムの様なものだ。見終わったあとも、このサボンのように、心の中で永遠に香り立つ。」。SHIHOさんも思わず照れて、会場には一気にうっとりとした、幸せな空気がながれました。

プレゼントを渡すシチュエーション、相手への想いは、とても大切なことですよね。その一瞬で出来るショートフィルムを創りながら、大切なあの人にギフトをもらえたら嬉しいですよね。ぜひ、コチラの記事を意中の相手にシェアしてみて♡笑


Writer: yuki

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

2016台湾美食展 LaniLani編集部参加レポ
Blank

レポート / 2016/09/12

E-girls 藤井萩花&藤井夏恋の初スタイルブック「ANTITHESE」がついにお披露目!
Blank

レポート / 2016/02/05

STAR WARS全世界でついに公開!気になる悪役はあのイケメン♡映画を楽しみたい人必見です♪
Blank

レポート / 2015/12/22