このエントリーをはてなブックマークに追加

F9686ba9246240612df2d360ab466d75
Blank

去年の秋口に日本の台湾を紹介するテレビ番組で、お笑いのハイキングウォーキングのお二人と北は台北の夜市から南は高雄の遊園地までいろんなところに行きました。そんな賑やかなロケの中で、初めておとずれて、一度で大好きになった場所が「台南」。そんなに長い時間はいられなかったのだけれど、流れる空気が台北よりもゆっくりとしていて、歴史の流れが感じられる様な、そんな情緒のある場所でした。その時に訪れた十八卯茶屋というお茶屋さんのご主人葉さんが入れてくれた40年ものの烏龍茶の大地みたいな味が印象的で、今でもたまに思い出します。

十八卯茶屋

住所:台南市中西區民權路2段30號
電話:(06)221-1218
營業時間:10:00~20:00

年代物のお茶はもちろん普通のお茶も宝物みたいに大事に大事にいれてくれて、それをいただく私たちはなんだか特別になったような、背筋がすっと自然にのびるような気持ちにさせてくれる素敵な場所です。

《喜歡台南》(シーファンタイナン)台南が好き!って想いが、そこで暮らす人、物、建物からかもしだされるような大切にされた場所。そんなイメージです。

日本統治時代当時の建物をそのまま大事に使われている場所も多く、日本人にとってもなんだか懐かしさを感じる場所です。近くにある庭園も綺麗に整えられてあってお散歩にも最適。日本でいうところの京都みたいなかんじでしょうか。

そして台南は何と言っても小吃天国。
台湾の人たちに日々愛されている食べ物たちは、台南発祥の物がとっても多いのだそうです。
南ということで台北よりも甘い味付けの美味しい物がたくさんあります。

お茶請けとしてだしてくれたサツマイモも黒糖で甘く煮てあってこっくりしたお味でした。
台北の忠孝復興にもある但仔麵(ダンザイミエン)が有名な度 小月(ドゥシャオユエ)は実は台南が発祥のちなんだそうです。

昔はカゴに載せて移動しながら麺をうっていたそうで、その時の様子を再現してあります。
じつはここの魯肉飯も絶品なので行かれる方は友達と両方頼んでシェアしてほしいです。
ちなみに二つとも食べれちゃうくらいの小盛りなサイズではありますが。
あ、でも他にもいっぱい食べなきゃいけない物あるからやっぱり一個ずつでシェアがいいかなと思われます。

度小月 台南本店

住所 台南市中正路16号
電話番号 (06)2231-744
営業時間 11:30~24:30

そんな感じで街並みも食べ物も私の好みにどんぴしゃとはまった台南。ロケから帰ってからも、台南特集の雑誌があったりしたら買ってみたり、台南出身のスタッフさんがいたら美味しい物話で盛り上がったり、何かにつけては台南台南行っていた私。遊びに行きたいなーっとずっと言っていた私ですが、なかなかタイミングがあわず予定は未定のまま。今年夏、やっと遊びにいってきました!台湾好きなかたには本当におすすめな場所。台北とはまた違う一面で、新たにドキドキさせられます。そんな私に2015 夏 台南旅。次週からお届けしまーす!

Bimajin人気記事はこちらから⭐︎


このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

愛玩客で台中ドキドキの初体験  その1〜どこか懐かしいおじいちゃんの味の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2018/10/11

台湾中秋節でバーベキュー大会 〜台風にも負けず道端に人が大にぎわいの巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/27

台湾ならではの「赤ちゃん風習」 〜1ヶ月記念日に届いた美味しい贈り物の巻〜
Blank

MARIKOの美麗台湾 / 2016/09/20