このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスはやっぱりケーキが食べたいですね。このガトーショコラはちょっとおとな向け。冷めると真ん中がとろりととろけて少しレアな感じになります。最後まで赤ワインやデザートワインを楽しみたい男性方にも好評です。さらに甘いものが好きな人にはホイップクリームやバニラアイスクリームを添えるなど、アレンジを楽しんでください。
心あたたまるイブになりますように。

20131213_magazine_omotenashiVol09_01

20131213_magazine_omotenashi_mainVol09_title_01

材料
3個
グラニュー糖 100g
ビターチョコレート 125g
無塩バター 120g
薄力粉 50g
ひとつまみ
ケーキ型 20センチのもの
粉砂糖 適量
ヒイラギの飾りもの
赤い実の飾りなど

●下ごしらえ

型に分量外のバターを薄く塗り、小麦粉を入れてまんべんなくつけておきます。
分量のチョコレートは刻んでおきます。
バターは溶けやすいように小さく切っておきます。
卵は黄身と白身に分けてボウルに入れておきます。

20131213_magazine_omotenashiVol09_02

作り方

① 卵白に塩をひとつまみ加えて泡立て、6分立てくらいになったら、さとうの分量のうちの2分の1(50g)を加え、さらに泡立て、8分立てくらいになったら、残りのさとう(50g)を加え、しっかり泡立ててメレンゲを作る。

20131213_magazine_omotenashiVol09_03

② 別のボウルにバターを入れ、湯せんで溶かし、チョコレートを加え、さらに溶かす。

20131213_magazine_omotenashiVol09_04

③ ②に黄身を一個ずつ入れ、泡立て器で混ぜる。

20131213_magazine_omotenashiVol09_05

④ ③にメレンゲの半分を入れて混ぜ、均一になったらゴムベラに替えてメレンゲの残り半分を入れ、泡をつぶさないように、さっくり混ぜる。
⑤ ④に薄力粉をふるって入れ、さっくり混ぜて、型に入れる。

20131213_magazine_omotenashiVol09_06

⑤ 210度のオーブンで12分焼き、扉を開けて150度に下げ、15〜18分焼く。
竹串をさしてみて、少し生地がついてくるくらいで焼き上がり。
⑥ 少し冷まし、茶こしに粉砂糖を入れて散らし、ヒイラギ、赤い実、などでクリスマスらしく飾る。

20131016bimajin-recipe-profile-line01

20131016bimajin-recipe-profile01◆マダム マサコ

プロフィール
1993年より白金台の自宅で料理教室を主宰。
口コミで集まった生徒たちに楽しく
「料理で世界平和!」を伝えている。
パリ、フィレンツェなど世界のマダムたちに
出張料理教室をすることも。
和、洋、中、エスニックなど、どんな料理も
家庭料理にしてしまう凄腕の持ち主。

20131016bimajin-recipe-profile-line02


Writer: 森綾のアイコン森綾

このエントリーをはてなブックマークに追加

Others By

ぷるぷる食感に大満足!お腹も満たされるヘルシーな生芋こんにゃくスムージーがお目見え!
Blank

グルメ  / 2018/09/27

ハーゲンダッツの王道クッキー&クリームが25周年!アニバーサリー味が期間限定で登場!?
Blank

グルメ  / 2017/03/26

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO パブロ」から 甘酸っぱ〜い♡いちごスイーツが新登場!
Blank

グルメ  / 2016/04/25