このエントリーをはてなブックマークに追加

777cdb622710fc44c8e8823099a364af
Blank

キレイになりたい、イイ女になりたい、そんな時、男性からの意見は欠かせないもの!今をときめく旬な男性をbimajin編集部が独自の目線で、イイ男をピックアップする特別連載コラム「MEN’S EYE」。

先週に引続き、尾道親善観光大志の長坂侑さん。オフのときはジョークもたくさんおっしゃる気さくな方なのですが、お仕事の話になると途端に空気が変わり、ビジョンを盛った熱き男でした。

  • 前回の記事はこちらから♡

  • 今回のランニングイベントの展望はありますか?
    長坂: 今回のランニングイベントは一度きりの開催ではなく、毎年必ず開催していくことが一番大切だと思っています。その地域になくてはならないイベントを作ることが一つの地域貢献。それは、尾道だけでなく、全国の地域にも当てはまると思うんです。生まれ育った地域に感謝の気持ちを持って、住民が団結してひとつとなることによって、地域の問題を見つめ直すきっかけを作る。もっと簡単に言えば、自分の地域を愛して、そこで何かを生み出して、そして、与えることに喜びを見いだそうということが理念です。

    今回のランニングイベントもなんですけど、開催地の企業様との繋がりを最優先に運営して、現地に少しでも貢献するため、尾道にある複数の企業様に依頼しました。都会にはたくさんの企業があると思いますが、そうではなくて何でも地産地消。これがポリシーです。

     
    では、話は変わりますが魅力的な女性とはどんな女性だと思いますか?
    長坂: やっぱり、美意識高い人ですかね。それって、自分を管理するということになると思うんです。だから、きっとタイムマネジメントもちゃんと出来る人でしょうし、マネーマネジメントもそうだろうし。スケジューリングができるからこそ、美を保てるんだと思います。僕はまったく出来ないので、やっぱりそうゆう女性が憧れますよね。

    どんな性格の人が好きですか?
    長坂: 僕は人の性格の好き嫌いがあまりないタイプなのですけど、いろんな性格の人がいますからね。しいて言うなら、まず自分ではなくて他人を見る人が好きかな。他喜力っていうんですけど。他人を喜ばせる力をもった人が好きです。まず、自分ではなくて他人。気を使うというのとは少し違って。ちなみに僕の座右の銘は、《忘己利他(もうこりた)》なんです。まず自分ではなくて、他人に与えるっていう意味。

    女性にとっての尾道の嬉しいポイントはありますか?
    長坂: 今尾道って、日本の中でもブームが来ている地域だと思うんですよ。尾道のしまなみ街道はサイクリングの聖地とも言われていて、世界中のサイクリストが選ぶ街top10に日本でただひとつ入っている場所でもあるんです。女性にもサイクリングは人気なので、ぜひ尾道にいらして、しまなみ街道を楽しんで欲しいですね。他にも、尾道には美味しい食もたくさんありますから、食が大好きな女性には食べ歩きをしてみて欲しいです。あとは、尾道のゆっくり流れる日常生活も味わってほしいですね。近年、都会の疲れを癒しに訪れる女性の方々が多いです。

    最後に、長坂さんのビジョンをお聴かせください!
    長坂: 僕、実は3回くらい死にそうになったことがあるんですよ。(笑)そのときに何度も「人生って二度とないんだ」って、痛感しました。儚いものなんだなって。じゃあ、僕はこの世界で一番に何をしたら良いんだろうと思ったときに、地域貢献や生まれ育った街、自分の国に恩返しをすることだと知れました。
     

    都会と地域、東京と尾道では情報格差や色んな表現格差があるじゃないですか。その色んな格差を縮めていこうという話ではなくて、地域も世界に向けて表現発信する方法を見つけ出すきっかけ作りをしたいんです。地方も元気にしたい。尾道に限らず日本のみんなを。今、日本ってマイナスなイメージが強くないですか?少子高齢化や、増税とか。そんなニュースばかり聞いているから、うんざりしている人も多いと思うんです。でも、2020年の東京オリンピックに標準を合わせれば、東京も地方もチャレンジ出来る素材がたくさんある。今でも色んな企業や地方も、もちろん国も2020年に向けて動いている。そういった意味で、すごくいいですよね。目標がある。 そして、一生懸命目標に向かってチャレンジする。多少、失敗してもいいんです、またやり直せるわけですから。 一番恐いのは、今、自分がやりたい事にチャレンジしないことだと思います。 それは、もしかして、死にそうな体験をしたからこその経験かもしれません。

    人生は儚く、けれども尊い。だからこそ、人生があれば何でも経験できる。

    経験しよう。そして、大切な仲間と、家族と、共に経験しよう。

    INFORMATION

    複合型フェスティバル エナジーラン!!

    ホームページからお申し込み出来ます。


    プロフィール
    長坂侑
    尾道親善観光大志。海外経験を経て、地元広島県尾道市の素晴らしさを再確認する。グローカルな街として、尾道を日本、世界にむけて発信中。持ち前のコミュニケーション能力の高さと、地域活性を掲げたビジョンが話題を呼び、地域住民とともにイベントを多く主宰。ランニングイベント エナジーラン実行委員長、地域活性事業 GWAAN 代表、オノミチコレクション代表、高齢者介護事業取締役など、多方面で活躍中。お問い合わせは、yu.nagasaka0108@gmail.comまで。
    過去のメンズアイは下記から!ぜひご一読を☆

    Writer: セキアキ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/08

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《前編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/01

    MEN’S EYE Vol.66 小沼将太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/04/10