このエントリーをはてなブックマークに追加

7450edb904a83d353c132cb582997e80
Blank

キレイになりたい、イイ女になりたい、そんな時、男性からの意見は欠かせないもの!今をときめく旬な男性をbimajin編集部が独自の目線で、イイ男をピックアップする特別連載コラム「MEN’S EYE」。

今回は、日本遺産にも登録されている広島県尾道市の尾道観光親善大志を務める長坂侑さん。もともとは、世界や日本中を飛び回り、地元である尾道の認知を広めるために地道な活動をされていたそう。いったいどうやって、公認の親善大使になったのでしょうか?


尾道観光親善大志ということですが、どのような活動をされているのですか?
長坂:簡単に言えば、尾道という地域を世界に《広める》ということではなく、《注目される》という活動ですね。《グローバルな世界》ということは、誰にでもできるのですが、《グローカルな世界》というのは、地道な活動です。
《グローカルな世界》とは?
長坂:要するに、SNSはかなり発達しているので、自らを発信することは簡単だけれども、世界から尾道をフォーカスするということはなかなか出来ないんですよ。例えば、イタリアと言われれば、ローマやミラノなどの街が頭に浮かびませんか?では逆に、イタリア人からすると、日本と言えば東京や京都、大阪、沖縄という風になるじゃないですか。それらの地名の中に尾道も入るようにしたいんです。 「日本って知ってる?」とイタリア人に聞いたときに、「ああ、知ってる知ってる、東京!尾道!でしょ?」というようになったらいいなって。尾道が資金をかけずに、尾道を広めていくという仕組みづくりを考えています。

全国の親善大使はタレントさんなどが、務められていたりしますが、長坂さんはどうやって公認の尾道親善観光大志になったのですか?
長坂:東日本大震災の年に、僕はロンドンに居たのですが、震災があったので「日本に帰らないと」と思い、尾道に帰ったんです。そのときに、尾道という街は世界的に見て魅力的な街だということを再確認しました。僕は色々な外国にも行きましたから、「この尾道って世界に通用する街だな」と思ったんですよね。僕は、様々な地域活性化や経営、NPO、観光協会など様々な団体にも加盟していますので、その中で尾道を広める活動も始めました。そうして日本中を回りながら、「尾道って最高なのでぜひ来てくださいね!」と言い回っていたんですよ。親善大使みたいな感じの動きですかね。そうしたら、尾道出身の日本をを代表する経営者の方や尾道市の行政の方が、おもしろいから、もっと広げてみようと。当時は一人でしたが、今となっては若者150人と一緒に活動をしています。尾道の方々は、皆、尾道の事が大好きで、本当に皆が親善大使みたいな街なんです。そこが、本当におもしろいところかなと。 尾道を一言で表せば、「人情」。その心温まる環境が人々を惹き付ける。 そして、なにより、尾道を築き上げてきた先輩方、そして、先代に感謝を込めて、活動しております。

具体的な活動はなんですか?
長坂:日本中や世界中を自分の足で回ってFACE to FACEで繋がって、尾道の魅力を伝えています。「また今度尾道に来てくださいね!」って。地味ですけどね、出会った人とのコミュニケーションを一番大事にしています。 今一番に力を入れているのは、10月11日にある複合型ランニングイベント。スポーツというのは世界共通だと思うのですが、誰もが気軽にチャレンジ出来、ホノルルマラソンの様な、尾道にわざわざ来ていただき、素晴らしいロケーションでランニングして笑顔になってもらい、また来年もこの尾道で会おうと。 尾道でのランニングをきっかけに、尾道を1年に1回は来ていただくということを計画しています。1000人規模の大規模なイベントになりますので、今から楽しみです。/div>
ランニングイベントの注目ポイントはありますか?
長坂:イベント名は《エナジーラン》。走ったり、歩いたりして、その歩数だけエナジーが溜まるという仕組みです。要するに、歩数なので例えば、良く走ったあなたは、1000歩で完走しました、だから1000エナジーをゲット。ゆっくり走ったあなたは、500歩なので500エナジーというふうに、みなさんの努力に応じてエナジーポイントが付いていて、ご当地飲食ブースや音楽ブースでエナジーポイントを還元できるようにしています。このポイント制には、シェアという仕組みがあり、これが世界初の試みなんです。例えば、ポイントを沢山持っている人が、ポイントをあまり持っていない人に、自分のポイントをシェアして上げることが出来るようになっているんです。 そこでコミュニケーションが生まれますよね。このイベントに来て頂いた人たちがどんどんコミュニケーションをとっていける場になるように計画しているんです。「あの人と友達になりたいな」というときにも、ポイントの話から話しかけやすいじゃないですか。そこで、生まれた人間関係を求めて、来年も2年後も、また同じ人たちが集まって来るんだと思うんですよね。 このイベントで尾道の魅力である。「人情」を感じてほしい。 「相手の喜びを与えることによって、あなたの喜びとなる事を知ろう」 僕たちは、この理念のもとで動いている。

ありがとうございました!広島県尾道市、とてもキレイな場所のようですし、イベントも行われるということですので、これからとても注目されていきそうな予感!次回もお楽しみに❤

  • 長坂さんの後編記事はこちらから♡
  • INFORMATION


    プロフィール
    長坂侑
    尾道親善観光大志。海外経験を経て、地元広島県尾道市の素晴らしさを再確認する。グローカルな街として、尾道を日本、世界にむけて発信中。持ち前のコミュニケーション能力の高さと、地域活性を掲げたビジョンが話題を呼び、地域住民とともにイベントを多く主宰。ランニングイベント エナジーラン実行委員長、地域活性事業 GWAAN 代表、オノミチコレクション代表、高齢者介護事業取締役など、多方面で活躍中。お問い合わせは、yu.nagasaka0108@gmail.comまで。
  • 長坂さんの後編記事はこちらから♡
  • 過去のメンズアイは下記から!ぜひご一読を☆

    Writer: セキアキ

    このエントリーをはてなブックマークに追加

    Others By

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/08

    MEN’S EYE Vol.67 立花裕太《前編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/05/01

    MEN’S EYE Vol.66 小沼将太《後編》
    Blank

    MEN'S EYE / 2017/04/10